散歩・街歩き

多摩森林科学園へ

20180504_4

「みどりの日」だった昨日、ふと思い立って 多摩森林科学園 に行ってきました。

ここはもともと宮内省の林業試験場として設立された施設で、現在は国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所の施設。そもそもが森林・林業・木材産業に関 する試験研究機関なので、山林を保護しつつ、いろいろな樹木の標本を維持しているという、とても地味な場所です。

だから、こんな入園料無料の日であっても、ところによっては人っ子一人いない道が続いたりしていて、イノシシが出るだの、近隣でクマの目撃情報があっただの、といった貼り紙を眺めつつ、ちょっぴり不安になりながら歩く場面もありました。bearing

でも、桜cherryblossomの時期はすごいですよ。私は20~30年前に来たきりですが、とにかくいろんな樹種があり、咲く時期も少しずつズレているので、かなり長いこと楽しめます。なので、来年こそは絶対に桜の時期に来よう!と改めて思ったのでした。
(参考: 森林科学園のサイト内 サクラガイド

今回もまた写真blogの方にupしましたので、よろしければご覧ください。

その1: 樹木編  その2: お花と新芽編

※よろしかったら、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

神代植物公園ふたたび

20180421_9a

フラワーエッセンスと深くかかわるようになってから、花や樹などの植物たち、月や星や光、風の音や鳥のさえずりなど、自然のものに惹かれることが多くなり、山や森に行きたい、と思うことが多くなりました。

そんな私の最近のお気に入りが神代植物公園です。

土曜日の午後、ふと思い立って訪れたここは本当に心地よくて、何時間でも過ごしたい気分でした。

そのときの素敵な気分を写真blogの方にupしましたので、よろしければご覧ください。

その1: お花編  その2: 樹木編

※よろしかったら、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

ブリューゲル展リピート&プラド美術館展(3/30)

20180330_11か月以上、blog更新が止まってしまいました。年度の切り替わりで連日残業が続き、余裕がなかったというのがいちばんの理由ですが、それでも空き時間にはひたすら本を読み、家では繰り返しDVDを観るという、まぁ言ってみればインプット中心の生活でしたねぇ。

先月末、そんな超多忙な中、無謀にも一日お休みをいただいて、上野まで出かけてきました。

公園口改札を出てすぐ、なんで平日なのにこんなに人が多いんだ???と不思議に思いましたが、ほどなくして花見客であることに気づきました。

美術展を見に行くと決めた時点で、それ以外のことはすべて頭からすっ飛んでいた私です。。。

20180330_2さて、今回の目的は2つ。

2か月前に見た ブリューゲル展 をもう一回見たかったのと、ベラスケスを軸にした プラド美術館展 も同じ上野だったので、この際いっしょに見てしまえ~flairっということで、2つセットにしちゃいました。

まずは『ブリューゲル展』のリピートで、東京都美術館へ。
これ、副題が「画家一族 150年の系譜」といいます。なので、前回記事 にも少し書きましたが、ピーテル1世、2世、ヤン1世、2世だけでなく、ピーテル1世の曾孫(ひまご)の代までたくさんの画家を輩出した一族全体を取り上げた展覧会だったのです。(※ 公式サイト から「みどころ」のページに行くと、系図が見られますが、壮観ですsign03 おまけに、曾孫の代には「ヤン・ピーテル・ブリューゲル」というなんともズルイ名前の人もいて笑えます。coldsweats01

続きを読む "ブリューゲル展リピート&プラド美術館展(3/30)" »

雑司ヶ谷 手創り市へ

Img_9996約1年半ぶりに、雑司ヶ谷の手創り市に行ってきました。

記事は こちら 。写真を中心に上げているblogです。

また、前回の記事は こちら です。どうぞご参考に。^^

引っ越し先の話とnakabanさんニアミス事件

20170528_2三日月moon3のかわいい日が続きましたねぇ♡

さて、4月末に「引っ越ししたい!」という意志を明らかにして以来、ネットで物件を探しまわり、下に書いたとおり今月半ばには実際に見に行き、あれよあれよという間にターゲットが絞られていきまして、今週末にはもう契約です。

さんざんシンクロしたシーダは残念ながら外れ、駅近で眺望最高のお部屋となりました♡ 多摩川の花火が(たぶんほぼ正面に)見えるロケーションでございます。うふheart01
天使ちゃんたち、ありがとう~shine

少し前に、アンジェリックと他のエッセンスをブレンドした場合の症例をとりたいから、近々モニター募集します…なんて書きましたけど、そんなわけでしばし延期です。申し訳ございません。m(_ _)m

20170528_1xmasnakabanさんニアミス事件xmas

先週末はまた西荻まで交換セッションに行ってきたのだけど、セッション終わってからランチをして、そのあとSatokoさんとふたりで界隈を少しブラブラしたのね。

URESICA という、雑貨と絵本とギャラリーのお店があって、先日ここでもご紹介した『わたしは樹だ』を見つけたので、大よろこびでSatokoさんに知らせたところ、彼女もすっかり気に入ってくれ、

買うためにレジに持っていったら、お店の方が「ついさっきまでご本人がいらしたんですよ」って・・・えええっっっsign02

どうやら私たちが夢中になって絵本を見ているときに出て行かれた人がそうだったみたいで・・・

は、早く言ってよ。。。。crying

会いたかったなーsweat02
前回訪ねた本屋Title さんの看板を描いたのも、nakabanさんなんですよね。

続きを読む "引っ越し先の話とnakabanさんニアミス事件" »

絵に描いたようなシンクロニシティ

4月25日にTwitterで以下のことをつぶやきました。

いましたいこと。1.引っ越し 2.旅行 3.セッション。他、みそ作り、石けん作り、それから、パン焼きたい、映画観たい、本読みたい、ピクニックしたい、街歩きも山歩きもしたい、編み物したい、お友だちとランチがしたい、美味しいケーキを食べに行きたい、小さな畑が欲しい。・・・

そうしたら、引っ越しに向けて流れが一気に加速していきました。願いがかなうとき、願っていたことが実現するときというのは、こんなふうにあっという間に物事が進むことが多いので、期待に胸をワクワクさせていますheart01

20170507さて、アンジェリック・エッセンスのレポートが3回目の提出を終え、そのコメントも戻ってきたので、あとは「学習サマリー」という振り返りのレポートを提出するだけとなりました。(秋に最後のワークショップはまだありますが、、)

症例モデルになってくださった方が、レポート終えたあともサポートが必要とおっしゃってくださったので、ゴールデンウィークの最終日に出張セッションに行ってきました。

私自身が飲んでいたエッセンスがちょうどなくなる頃で、そのクライアントさんご自身もフラワーエッセンスのセッションをなさる方でしたので、私は私でトリートメントボトルを作っていただくことになりました。
アンジェリックから2本、ヒマラヤンから2本が選ばれたのですが、ヒマラヤンの1本は“Cedar”というエッセンスでした。

じつは・・・引っ越し先探しをしている中で、いまいちばん気に入っている物件の名前に”シーダ”が入っているのですsweat01
そしてセッション後、あとで書きますが、ずっと気になっていた本屋Titleに行くその道すがら、“シーダー・○○”という名前の施設がありました。
さらに3日ほど前、“Speaking with Nature”という本を読んでいたら、“・・・the forest name Cedar”というフレーズが出てきて、またまたびっくりsweat01

なんかものすごいシンクロで、そこへは今日、見学に行くのですが、決まってくれるといいなぁ…と、わくわくドキドキでこれを書いています。

続きを読む "絵に描いたようなシンクロニシティ" »

『杉本博司 ロスト・ヒューマン』展@東京都写真美術館

20160910_1昼間、Twitterで毒を吐きましたんで、ちゃんと総括しますよ、ええ。

恵比寿の東京都写真美術館、2014年秋から改修工事のため休館していて、今月3日(土)にリニューアルオープンしました。
2年もの長い休館だったので、写真好きな私としては、この再オープンをそれはそれは楽しみにしていたのです。しかも、開館20周年記念ということで、まずは杉本博司の展覧会からというのも、なおさら楽しみでした。

ロスト・ヒューマン展のテーマは「人類と文明の終焉」。
新シリーズである〈廃墟劇場〉、日本初公開となる〈今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない〉、新インスタレーション〈仏の海〉の3シリーズを2フロアにわたって展示するという企画でした。

3シリーズのうち、いちばん力が入っていた(と思われる)のが〈今日 世界は・・・〉なんですが、これが私の憤怒の大本です。
「素」な気持ちを書くと、杉本博司だし、写美だし…ということで、私としては「写真」が見たくて行ったのです。ですが、じっさいには写真は数枚しかなくて(あ、まぁ廃墟劇場は全編写真でしたけれど)、大半は化石だの隕石だの、また古美術やら人形やら、といった「もの」たちのインスタレーションだったのです。

いや、インスタレーションは好きですよ。ただ、ここで見たくはなかったな、という気持ち…と言ったらよいのかな。写美はいつから現代アートの美術館になったんだgawk、と。なんか肩すかしを食らったような、そんな感覚だったのでしょうね。

続きを読む "『杉本博司 ロスト・ヒューマン』展@東京都写真美術館" »

近況その3: 久々の手創り市

20160717_0もう10日ほど経ってしまいましたが、17日(日)は久しぶりに手創り市に行ってきました。この手創り市は、雑司が谷の鬼子母神と大鳥神社で毎月1回行われているものです。

最初はたまたま見つけ、その後何度か通い、でも、何かと忙しくなってなんとなくタイミングが合わなくなり、しばらく足が遠のいていました。

最後に行ったのは、おそらく去年の2月…。

20160717_1お気に入りの陶芸作家さんがいて、その方の作品をFacebookで眺めつつ、「あ~、あれが欲しいsweat02」「う~、これも欲しいsweat02」と煩悩をふくらまし、行きたい気持ちがかなり募っていたところ、やっとこさ行けましたdog というお話です。

最初に心に留まったのが、右の写真にある青い紙ものたち。ブックカバーにもなるというA4ほどの紙を3枚ほど買いました。

20160717_220160717_5

20160717_3途中、あんなものやこんなものに目を奪われながら・・・

ついにお目当ての作家さんと久々の再会。

あ、リスじゃないですよー。

続きを読む "近況その3: 久々の手創り市" »

かっぱ橋道具街へ

20160526_1今日は久しぶりに有休をとって、1日ゆっくり過ごしました。

お休みをとるときは、平日にしかできないことをやろう!といつも思っていて、美術館なんかも土日はたいてい混んでいるのでなるべく平日をねらうようにしています。

で、今日はかっぱ橋へ。道具って好きなので、まぁ年に1回以上は行ってる気がしますけど、ここは土日休みの店も多いので、じっくり探したいときはやっぱり平日がいいんですね。

着いてすぐ、いきなりお腹が空き…でも、それほどしっかり食べられそうもなかったので、とりあえず豆かんなど。^^
これ、最後の口直しに食べた最中の皮(?)がすんごい美味しかった。これだけ買って帰りたかったぐらい、、、。catface

続きを読む "かっぱ橋道具街へ" »

写真blogも更新再開しました。

20160503春は風さえ強くなければもうちょっと過ごしやすいんですけどねぇ・・・。

と言いつつ、またアルキ生活を復活しました。去年はほかにいろいろやることがあって、アルキが後回しになり、ハッと気づいたらほとんど歩かない生活になっていました。

でも、これから先ますます足腰が弱っていくのに、こんなことではいけないっsign03 …と思い、意識的に方向修正をいたしました。

そんなわけで、もうひとつのblogもまた少しずつ更新し始めましたので、よろしければご覧になってください。

m's photo diary

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト