日記・コラム・つぶやき

7月は、盛りだくさんな月でした

ここのところいろんなことが起きていて、都度upしている余裕がなく、まとめての投稿になってしまいました。まぁこれも覚書きということでつらつらと書いていきます。

20190710_1 この1か月あまり、体調の方は相変わらずの波で、ものすごく元気になった時期があったかと思うと(←久々に心の底から腹の立つことがあり、そのときはエネルギーに満ちていた。笑)、その後またどうしても会社に行けない日があったり…でも、基本的には会社に長時間いると元気がなくなり、夕方、定時に上がって一歩外に出ると生き返る、の繰り返しでした。

帯状疱疹の方も、1年以上たつのに未だに痛み・かゆみがぶり返すし、左みぞおち、おへその左側(緊張すると昔から痛くなるところ)の違和感も頻繁にあるし、加えて、久しく治まっていためまいも頻発するようになり、先々のことをあれこれ考えるきっかけとなりました。

そんな中、神代植物公園で初めてアーシングというものをしてみました。

20190710_2 芝生広場で寝転がったり、裸足になって歩いたりしたのですが、思いのほか効果が高かったことに驚きましたねぇ。大地のエネルギーに感謝。またやりに行きたいです。今度は砂浜でやってみたい。^^

ただ、このアーシング、私はちょっと勘違いをしていたようで、あとから調べてみたら、電磁波の影響による体内電気を抜くというのが本来の目的のようですね(そのために裸足になって地面と触れる)。
私は、電磁波ということ抜きにして、ただ単に裸足になって地面とつながることで、体内に溜まったよくない気(のようなもの)を流し、大地のエネルギーを取り込むものかと思ってました。
まぁ、大きく外れてはいないと思うんですけどね。

いずれにしても、じっさいにやってみて、とても良かった(=状態が良くなった)ので、またやってみたいし、やったことのない人にもぜひやってみてもらいたいと思うので、参考URLを上げておきます。(参考サイト)Earthing Japan

20190710_1_20190804135901 さて、7月は多くの交流がありました。
特にセラピー関係。

フラワーエッセンスを一緒に勉強した仲間のWebショップ開設に際し、家人を交えて相談にのったり、オステオパシーで夫婦ともどもお世話になっている人と久しぶりにゆっくり食事をしたり、エサレンマッサージの練習会に交ぜていただいたり…。

Atelier Aola(アオーラ) さんで フラワーエッセンスのセッションを受けて以来、自分の中で急浮上したオイルトリートメント。長いこと手を放していたのですが、とつぜん私の元へ舞い戻ってきました。
ただ、以前やっていた手技ではなく、もっと自由な形でのトリートメントをしたくて、それでいまあれこれ模索中です。ロミロミを受けたり、今回のようにエサレンの人たちに交じって練習させていただいたりしながら、サロン再開の折に自分はどんなマッサージをしたいのか、また、フラワーエッセンス、ルーンやオラクルカードのリーディングなどをどのように取り入れていくのか、考えることはたくさんあります。でも、そういったことを考えている時間はとても楽しく、体調の悪さもどこかへ吹っ飛んでしまうのですから、ゲンキンなものですね。

でも、まずはオイルトリートメントの方で、また以前のような勘を取り戻すこと、同時に自分なりの流れを組み立てること、というのが目下の課題です。さいわいにも地元にレンタルサロンがあることが判明したので、まずはそこを使ってマッサージの練習から始めていこうと思っています。練習台になってもいいよとおっしゃる方、どうぞよろしくお願いします。^^

それから、幼なじみと久しぶりに会うことになって、選んだ場所は中間地点…かどうか分からないけれど、羽田空港でした。

続きを読む "7月は、盛りだくさんな月でした" »

サロン再開に向けて

201906151年前に体調を崩して以来、それはそれはいろいろ考えています。

ただ、混とんとしていた時期は過ぎて、最近になってようやく方向性が固まりつつあります。

いちどは手放した道だけど、私はやっぱりセラピーがしたい。それも、どちらかというと体より心が楽になるお手伝いがしたい。
その点は、以前サロンをやっていた頃と同じです。

ただ、当時はアロマセラピーとリフレクソロジーがメインだった。でも、これから先はちょっとちがう形での再開になりそうです。

いま、自分の中でおぼろげに考えているのは、フラワーエッセンスと、ルーンやオラクルカードによるリーディング、そして、やっぱりオイルトリートメントはどうしてもまたやりたい。自分も好きだし、たぶん私の手はそれにとても向いていると思うから。

手から伝わる何か、って絶対にあると思っています。

そういえば思い出した。私は昔から、「いっしょにいると安心する」と言われたり、「あなただから言うんだけど…」と相談を受けたりすることがとても多く、趣味の散歩をしていても、初めての土地なのに道を聞かれることがしょっちゅうあったっけ。

会社勤めをしている期間、そんな自分を封印していました。まぁ、いっしょにいて安心してもらえるのは職場でも変わっていないようだけど、以前みたいにまた、知らない人、知らない場所にもっとオープンでいたいな。と思った夜でした。

これからもよろしくね♡

 


にほんブログ村

 

 

最近感動したこと

去年の夏ぐらいのこと。
あまり使っていない銀行のキャッシュカードを使おうとして、暗証番号を思い出せずに規定回数分まちがえて入力したために、ロックされて使えなくなっていました。

どうせ大して入ってないし、あんまり使わない口座だからいいか…と、そのままほったらかしにしてあったのですが、先月ぐらいだったか、たまたま平日の昼間に銀行に寄れたので、暗証番号の再発行をしてもらおうと申し出てみました。

ところが、あいにく届印も、身分証明できるものも持っていなかったので(免許ないですからね私)、けっきょく再発行はできないままになっていました。

それが数日前、そろそろ(暗証番号の再発行をしてもらいに)銀行に行ってみようかなと思い、手続きに必要なものを調べようと、何の気なしにインターネットでその銀行のサイトに行きました。

そしたら、なんと…

インターネットバンキングを使ったことのある人は、暗証番号の再発行もネットでできるようになっているではありませんか…!!!
それも、ほんの5日ほど前からできるようになったばかり!!!

いやびっくり。。。

そんなわけで、わざわざ銀行まで(しかも平日昼間に)行かなくても、あっという間に再発行がしてもらえたのでした。

いい世の中になったわ~。。。

そもそも銀行の届印なんて、ふだん絶対に使わないから、どの印鑑だったか思い出すまでに時間かかるし、いつかなんて、自分じゃ分からなくて、いくつか持って行って銀行の人に教えてもらったなんてこともありました。

いまって通帳更新のときにも印鑑なしだから、忘れちゃいますよね。

まぁそんなわけで、無事にカードは使えるようになりました。
(あんまり使わない口座ではあるけど、いまの職場で交通費を精算したときに振り込まれる口座なのだ。^^;)

 

近況報告~もみじ市2018

20180924_1aたいへんご無沙汰しておりました。

6月に帯状疱疹に罹患しまして、それ以来、一切の活動がストップしました。

会社の方も、半休、全休とりまぜて、この4か月半の間に35日ほども休んでしまいましたし、いろんなことにリセットがかかりました。

でも、これだけたくさん休んでいても、前半2ヶ月ぐらいはとにかく具合が悪いので、何もできないまま一日中寝ている日が多く、回復期に入ってようやく、本を読んだり映画のDVDを観たり、調子のよい日には神代植物公園に行ってみたりできるようになりました。

それでもいまだ完治していないというのは・・・いまままで相当無理をしていたのでしょうね、わたし
会社に行きたくなくて仕方ない日が半年くらいも続いていましたしねぇ、、、
なので、いろいろ振り返って、変えられるところは変えることにしようと決意しましたよ、ええ。…ただまぁ、ここに詳しく書けるようなことでもないので、お会いした人には追々お話しようと思います。

さて先月、前々から気になっていた熱海の来宮(きのみや)神社と伊豆山神社に行ってきました。冒頭の写真は、来宮神社の大楠です。
これについては、もうひとつのblogに書こうと思っていて、とりあえず写真だけupしましたので、ご興味ある方はどうぞそちらをご覧くださいませ。 → m's photo diary

20181013_4そして、こちらには、昨日行ってきた もみじ市2018 について少し書きたいと思います。^^

私が初めて もみじ市 に行ったときのことについては、過去記事「もみじ市2011」に書いていますが、久しぶりに読んでみたら、当時から 左藤吹きガラス工房 さん(←左の写真)が出展してらしたのですね。
今回は、午前中から大行列でした。でも、大人気の理由も分かります。ちょっとひずんだ感じが昔っぽくて、また工業製品にはない温かみもあって、ほんとに素敵な作品ばかりでしたから

続きを読む "近況報告~もみじ市2018" »

で、けっきょくエッセンスって何?と思う方へ

20180226以前、アロマセラピーとリフレクソロジーのサロンをやっていた頃は、どちらかというとプロの方、つまり同業者の方が施術を受けに来てくださることが多かったんですよね。

そして、施術を受けに来られる方以上に、習いに来られる方のほうが、うちの場合は圧倒的に多かったと思います。

それは、そういう状況を引き寄せるようなつながりがあったということが理由としては大きかったのですが、もともと私は塾講師をしていたので、教えることに慣れていたとか、教える(というか、いっしょに考えたり解決したりする)ことが好きだったとか、まぁ要因はいくつかありました。

でも今回は、そんなつながりもないし、私自身、ちょっと過去とはちがう流れで活動していきたいな、と思う部分もあり・・・まぁそんなことを書いてみます。

続きを読む "で、けっきょくエッセンスって何?と思う方へ" »

“共同作業”ということについて

Img_0119_2アンジェリックエッセンスのセッションでは、「天使との共同作業」という言葉がよく使われます。

今日、食事をしながらのセッション…というか、まぁ詳しくお話をうかがったということなのですが、それを終えてから、ふと、セッションってクライアントさんとの共同作業なんだよなぁ、とも思ったのです。

そして、だとしたら私は、塾講師をしていたときからスタンスはまったく変わってないなぁ、って。

塾講師からリフレクソロジスト、アロマセラピストに転向したとき、多くの人は「全く違う職種」と思ったようなんですが、じつは私の中ではすごくつながっていました。
私にとってはどちらも、その人が悩んだり困ったりしているとき、どこでつまづいているのかを探りながら、いっしょに解決策を見つけて行く、というスタンスで臨んでいたのですよ。

ただ塾講師の場合、相手はたいてい子どもなので、もちろんこちらがリードする場面は多いのですが、それでも、一方的にやらせるとか、上から押さえつけるとか、ぐいぐい引っ張るとかではなく、横についていて、いっしょに歩いていく感覚でいることが多かったです。

最初から教えてしまうのでなく、本人が自分で見つけられるようにサポートする感じですね。

続きを読む "“共同作業”ということについて" »

【覚書き】やっぱりアラスカンも好き♡ (再修正しました)

20170908s_2久しぶりにエッセンスの話題です。

何度も修正して申し訳ないのですが、内容があまりに説明不足なので、“覚書き“といたしました。なので、分かる人だけ分かってください。(って、たぶんエッセンスを使い慣れた人にしか分からないと思います、、、)

さて、ここ3週間ほど飲んでいたトリートメントボトルがちょっと面白かったので、そのことについて書いてみますね。

アンジェリックエッセンスのトレーニング中は、アンジェリック以外はとってはいけないことになっていたので、症例をとっている間は好きだったアラスカンもずっと我慢していました。

レポートを書き終えてから後、また少しずつアンジェリック以外のエッセンスも使い始めていて、アンジェリックとそれ以外のエッセンスをブレンドして使ってみたり、いろいろ試していたところでしたが、今日飲み終えたのはアラスカンのみのブレンドでした(写真にある7本です)。

1本ずつ簡単にキーワードや特徴を書いていきますね。

続きを読む "【覚書き】やっぱりアラスカンも好き♡ (再修正しました)" »

今日届いたエンジェルたち♡

20170607引っ越しを前にものを増やすのはどうかと思ったのだけど、Angelic Essences のサイトで22周年記念セールをやっていたので、ここ数か月気になっていた『ライトワーカーのためのキット』をお迎えしました~。

(*7本セットなので、左の写真にはそれ以外に届いたものもいっしょに入っています。)

開梱してすぐ、7本の入った箱をぎゅーっと抱きしめたら、温かく力強いエネルギーがすーっと流れ込んできました。飲まなくても充分しあわせな気持ちになれる~・・・優しく、でもしっかりとサポートされていることを感じました。いまの私には必要なボトルだったのでしょう。^^

20170601_3さて、雨の降る日が多くなってきました。
雨自体は嫌いではないし、こうして別の世界が見られるのも雨上がりならではの光景で好きなんですけど、いよいよ梅雨入りなんだなぁ、と思うとちょっぴりユウウツ通勤生活ですからねー。

でも、いよいよ引っ越しまであと1か月となりました

じつは今日、引っ越し業者さんが見積もりに来たのです。

続きを読む "今日届いたエンジェルたち♡" »

つれづれ・・・

20170408_1(写真は今日行ったかっぱ橋で撮ったもの)

3月は仕事も忙しかったし、アンジェリックの症例セッションがいくつか入っていたり、体調を崩した時期もあったりして、叔父のお見舞いに行けたのは約1か月ぶりの25日(土)でした。そして、その翌日の早朝に叔父は亡くなりました。

父のときもそうだったのですが、待っていてくれたんだなぁ、って思いました。

うちの父のときは、まず母が1週間ぶりで病院に行き、翌日に私が2週間ぶりに行ったら、その夜に亡くなったのです。まぁそれぞれ「もう頑張らなくていいよ」「神様、お願いだからもう逝かせてやってください」なんて思っちゃったから、そのせいもあったかもしれませんが、でもやっぱり、あのタイミングは待っていたとしか思えなかったです。

叔父のお墓のことは、あれからまた少し考えていました。

続きを読む "つれづれ・・・" »

叔父を見送りました。

20170330_2(新月から2日目の細い月)

11月半ばに突然身内のもとに戻り、数日間うちの母の家で過ごしたのちに倒れ、そのまま入院してしまった叔父が、今月26日(日)の早朝、息を引き取りました。たった4か月半の間でしたけれど、それはそれはいろいろなドラマがありました。でもいまは、思いついたことを思いつくままに書いていきます。

叔父は母の弟だったのですが、女女男男の4人きょうだいで、うちの母は次女、叔父は末っ子。上の3人が年子で、上から83、82、81、叔父はまだ72歳でした。
若い頃からなかなか自由奔放な生き方をしていた人で、離婚も2回しています。晩年は家族もなく、最後は「寂しい」と言いながら兄のもとへ戻ってきたようでした。

4年ほど前に腎臓癌を患い、それが治りきっていなかったのか、全身に転移して、脳にまで行ってしまっていたため、速かったですね。倒れた最初の頃はまだ、うちの母なんかより よっぽど頭もしっかりしていて、冗談も皮肉もしっかり言えてたんですけどね。

ここのblogにも何度か書いた叔父のiPhoneは、けっきょくロックがかかったまま、あれこれ手を尽くしたけど最後までどうにもならず…というか、パスコードを入れそこなってiTunesにつなげというメッセージが出ちゃったら、iTunesにつなぐ以外もうどうにもならないんですと。でも、叔父の場合、いろいろな記憶があいまいになっていたせいで、つねづねつないでいたPCの在りかも分からないままだったし…もうどうしようもなかったんですよね。
なので、いろいろ連絡をとりたい人はいたでしょうけれど、けっきょく連絡がついたのは、(ネットで検索して見つかった)次男と、(叔父がたまたま場所を記憶していた)六本木のきれいどころだけでしたねぇ。。。

それでも、その次男のつてで、長男とその奥さんと、別れた元奥さんも今日の葬儀には来てくれてました。家族葬ということで、ごく近しい親戚だけが集まったわけですが、うちは両親ともに親戚づきあいの嫌いな家庭だったもので、母のきょうだい以外はほとんど知らない人ばかり。祖母か祖父の法事のときにしか会ったことがないとか、そんな人ばかり…。

それでも最後は、お互いに連絡先を交換したり、「いとこ会やりましょう」みたいな話も出てきて、(そもそも人の集まる場所は超苦手な私ですが)こういうおつき合いも悪くないなと思えた一日でした。

続きを読む "叔父を見送りました。" »

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

つぶやき

お気に入りサイト