フラワーエッセンス

フラワーエッセンスのセッションを受けに行ってきたよ♪

20190622 先週末、前から行きたいと思っていたフラワーエッセンス工房  Atelier Aola(アオーラ)さんまで、遠路はるばるセッションを受けに行ってまいりました♪

東京23区を横断し、写真のような緑あふれるところまで2時間半以上もかけて、鈍行(←死語かしら)でとことこと向かいました。雨予報の休日で、電車もほぼ空いていて、なんていうかな、このゆったりのんびりした時間がまたとても貴重だったのでした。

エッセンスは何年か勉強してきて、日々当たり前のようにして使っているのだけど、ときに、自分のこととなるとなかなか客観的に状況を見られなくなるようなことも出てきます。
今回ももう、あまりにいろんな要素がありすぎ、混沌としてしまって、どっちの方向に進んでいいのやら自分では決めかねていたので、だれか信頼できる人に話をじっくり聞いてもらいたいなぁ、と思ったのでした。

Aolaの瑞穂さんと最初にお会いしたのは、アンジェリックエッセンスのワークショップ。2015年10月のことでした。その後、レイエッセンスのワークショップで何度か…かな?
それほどの回数はお会いしていないのに、Facebookでのおつきあいがあったおかげで、心理的にはかなり近い感じを(勝手に)抱いておりました。なので、いつかゆっくりお話しできたらなぁと思っていたので、念願かなってうれしゅうございました。^^

セッションは、面白かったですよぉ。

20190622_4 「面白かった」というのも妙な表現ですが、まぁこの業界も幅が広くていろんな方がいらっしゃるわけです。
中にはオーラが見えるとか、守護霊がとか、チャネリングできちゃうような人がいる一方で、私なんてそんな霊的な能力はまったくないし、天使も妖精も見えたことありません。

瑞穂さんもどちらかというとそんな私に近い感じだったので、セッション中も私のこの混沌とした状況を冷静に見極めてくださり、次元の違う問題はきちんと切り分けてくれ、こんがらがった紐を少しずつ解きほぐすようにして、いまフォーカスすべきポイントをきっちり絞ってもらえました。
いまやもう そんな簡単に清水の舞台から飛び降りられるような年齢でもないので、現実を踏まえたアドバイスや数々のヒントは本当にありがたいものでした。

続きを読む "フラワーエッセンスのセッションを受けに行ってきたよ♪" »

インディゴのイブニングコースに参加してから

20190531 だいぶ経ってしまいましたが、5/31(金)にインディゴエッセンスのイブニングコース・ワークショップ(以下、WS)に参加したときのお話を書いてみます。

WSのテーマは
「癒し:~ピンクエッセンスの瞑想~」・・・

ピンクエッセンスのシリーズは、ネイチャーワールドさんの説明によると、「チャネリングによってつくられており、ソルフェジオ周波数528Hzで振動する13本のヒーリングウォーター」であるとのこと。
(参考)ネイチャーワールド株式会社
アンさんのお話によると、528Hzは愛を象徴する周波数なのだそうです。

「ソルフェジオ周波数528Hz」って何?って思ったので、ちょっと調べてみました。

レオナルド・G・ホロウィッツ博士の『The Book of 528: Prosperity Key of LOVE(邦題は『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz』)』という書物で広まったらしいのですが、ソルフェジオ(ソルフェージュ)周波数というのは、グレゴリオ聖歌に使われた古代の音階と言われているもので、174Hz、285Hz、396Hz、417Hz、528Hz、639Hz、741Hz、852Hz、936Hzの9種類あるそうです。
それぞれの周波数には、安定、促進、解放、変化などの効果があり、そのうち528Hzには、壊れたDNAを修復する作用があるとのこと。

さて、今回のWSでは、そんなピンクエッセンスを使った瞑想がありました。

前にも書きましたが、私はグループで行う瞑想が大の苦手。
前回のヒマラヤンのときには、なかなか集中できず、しまいには寝てしまう始末。。。

まぁ、そのときの「場の空気」みたいなものには大きく左右されるし(ほんとはそれじゃダメなんだろうけど×××)、あのときは過去に感じたことがないくらいめちゃめちゃ重い空気感だったので、ずっとだるかったというのもあったと思うけど、それにしても…です。

アンさんのクラスは約半年ぶりでしたが、前回同様に繊細な方が多かったのかな。クラス全体が柔らかく優しい空気に満ちていて、居心地がとても良いのでした♡

そのせいか、今回は瞑想中に、なんだかいろんなイメージが次から次へと湧いてきて、それがいいのか悪いのかよく分かりませんが、あれもやってみたい、これもやってみたいと、久しぶりに自分の感性が自由になった感覚が得られました。

 

続きを読む "インディゴのイブニングコースに参加してから" »

タンマヤさんのワークショップ

20190413_1 2週間ほど経ちますが、土日月と3日連続で「チャクラ探求の旅」というワークショップに参加してきました。

ヒマラヤン フラワー エンハンサーズというエッセンスがあるのですが、その作り手であるタンマヤさんの、チャクラ※1に特化したワークショップでした。

※1ご存知ない方のために…)
チャクラというのは、サンスクリット語で円、車輪などを意味する語で、人間の体にある主に7つのエネルギーセンター(気の出入りする箇所)を指す言葉として用いられています。そして、たとえば第1チャクラは肉体や生殖をつかさどり、第2チャクラは感情、第3チャクラは意志や自己表現など、各チャクラには、それぞれ関連する領域というものがあります。チャクラシステムのルーツはインドだと言われていますが、中国の経絡のようにそれぞれつながりがあり、あるチャクラに滞りがあると、それはほかのチャクラへも影響を及ぼします。

タンマヤさんのワークショップは、前々から出たい出たいと思いつつもなかなかタイミングが合わず、今回ようやく念願がかなったのでした♡

ベーシックコース2日間+アドバンスコース1日。どちらも大盛況で、タンマヤさん人気あるんだなぁ~、って最初は驚いたけど、3日間参加してその理由が私にもよーく分かりました。OSHOのもとにいらした時期もあったことから、いろいろな種類の瞑想があったり、ときに踊ったり、「細胞はつねに動きたがっている」との言葉どおり、参加者のみなさんもそんなアクティブなエネルギーに包まれた3日間でした。

エッセンスの作り手さんのワークショップで私がいちばん楽しみなのは、それぞれの方がいろいろなエッセンスをどのようなきっかけで、あるいはどのようなタイミングで作られたかというお話をうかがうときです。エッセンスができた周辺のエピソードを聞くのはとても楽しみです。

続きを読む "タンマヤさんのワークショップ" »

セルフセッションのご報告(1/26作成分)

20190126_3つい最近、自分のために作ったトリートメントボトルが面白かったので、エッセンスblogの方に詳しく書いてみました。

実験的セルフセッション①-1

実験的セルフセッション①-2

どうぞご覧ください。^^


にほんブログ村

インディゴ エッセンスのワークショップ

20181216sもたもたしてたら、前回更新から2か月も経ってしまいました。日が経つのが速すぎる・・・
今年もいよいよあと半月ほどになってしまいました。。。

さて、この前の土日は、インディゴ エッセンスのベーシックコース ワークショップに参加してきました。今年はとにかく体調不良で半年も活動休止しちゃったので、WSも久しぶりでしたが、出てよかった ほんとに素晴らしい2日間でした

インディゴ エッセンスというのは、アイルランドでホメオパス* をされているアン・キャラハンさんプロデュースのエッセンスです。
*ホメオパシー(同種療法)のお医者さん

みなさんは、インディゴ チルドレンというのを聞いたことがあるでしょうか。Wikipediaなどで見てみると、かなりスピリチュアル系に偏った説明が書いてありますね…私もこれまであまりなじみがなくて、じつはきちんと把握できていませんが、とりあえず今回うかがったお話をまとめてみますと・・・

1980年代以降に生まれた子どもたちというのはとても繊細で、いまの世の中のしくみになかなかなじめず生きづらさを感じていることが多いといいます。まだまだ古いパラダイムが残っているこの世の中に、新しいパラダイムをもって生まれてきて、しかも非常に敏感で繊細な感受性を持っている…そんな子どもたちのことを指してインディゴタイプ、インディゴ チルドレンと呼ぶようです。そして、そんなインディゴタイプの人たちをサポートする目的で作られたのが、このインディゴ エッセンスなのだそうです。

インディゴ チルドレンは、ADHDや自閉症スペクトラムなどとの関係も指摘されており、また中には霊感がとても強かったり、いわゆる超能力を持っていたりする人もいるとかで、要は“ちょっと変わった人たち”というふうに見られてしまうようなタイプでもあるようです。
アンさんいわく、「箱の中にじっとしていられない世代」とのこと。

ちなみに、さきほど出てきた「古いパラダイム」とは“恐れ”によって突き動かされ、やらなくてはいけないことをやっていく、という世の中(の機能?)を指します。大人でも、目覚め始めている人たちは苦痛を感じ始めています。インディゴ チルドレンは、そんな古いパラダイムを壊すという使命をもって生まれてきているのだそうです。

続きを読む "インディゴ エッセンスのワークショップ" »

私のエッセンスをつくる@八丁堀

20180303_1今日は「私のエッセンスをつくる」というワークショップに参加してきました。

昨年からハマっているレイ・エッセンスですが、そのプロデューサーである富井清文さんのリードのもと、新しく考案されたという In the Bottle Method(インザボトル・メソッド)という方法でつくりました。

じつは私、自分でエッセンスをつくる体験は、これが初めてだったのです。

私は、直接お会いしている方にはつねづねお話しているように、レイキなどのエネルギーワークをやっているわりには、エネルギーの流れとか、波動のちがいなどがなかなか感じとれず、それで長いこと苦労してきました。
ですが、ここ最近、エネルギーのことが分かるとか分からないとか、見えないものが見えるとか見えないとか、感じるとか感じないとか、そういうことが、なんかだんだんどうでもよくなってきたんですよね。それよりも、自分が感じていることを信じて、ただ純粋に楽しもう、って思って。
たとえば、エッセンスの「波動のちがい」はよく分からなくても、じっさいに手にしていると気分が上がってくるんだったら、それで充分じゃないか、その感覚にひたって楽しもう♡ と思えるようになってきたのです。

この変化は、レイ・エッセンスに触れるようになってから、さらに顕著になりましたねぇ。

続きを読む "私のエッセンスをつくる@八丁堀" »

で、けっきょくエッセンスって何?と思う方へ

20180226以前、アロマセラピーとリフレクソロジーのサロンをやっていた頃は、どちらかというとプロの方、つまり同業者の方が施術を受けに来てくださることが多かったんですよね。

そして、施術を受けに来られる方以上に、習いに来られる方のほうが、うちの場合は圧倒的に多かったと思います。

それは、そういう状況を引き寄せるようなつながりがあったということが理由としては大きかったのですが、もともと私は塾講師をしていたので、教えることに慣れていたとか、教える(というか、いっしょに考えたり解決したりする)ことが好きだったとか、まぁ要因はいくつかありました。

でも今回は、そんなつながりもないし、私自身、ちょっと過去とはちがう流れで活動していきたいな、と思う部分もあり・・・まぁそんなことを書いてみます。

続きを読む "で、けっきょくエッセンスって何?と思う方へ" »

“共同作業”ということについて

Img_0119_2アンジェリックエッセンスのセッションでは、「天使との共同作業」という言葉がよく使われます。

今日、食事をしながらのセッション…というか、まぁ詳しくお話をうかがったということなのですが、それを終えてから、ふと、セッションってクライアントさんとの共同作業なんだよなぁ、とも思ったのです。

そして、だとしたら私は、塾講師をしていたときからスタンスはまったく変わってないなぁ、って。

塾講師からリフレクソロジスト、アロマセラピストに転向したとき、多くの人は「全く違う職種」と思ったようなんですが、じつは私の中ではすごくつながっていました。
私にとってはどちらも、その人が悩んだり困ったりしているとき、どこでつまづいているのかを探りながら、いっしょに解決策を見つけて行く、というスタンスで臨んでいたのですよ。

ただ塾講師の場合、相手はたいてい子どもなので、もちろんこちらがリードする場面は多いのですが、それでも、一方的にやらせるとか、上から押さえつけるとか、ぐいぐい引っ張るとかではなく、横についていて、いっしょに歩いていく感覚でいることが多かったです。

最初から教えてしまうのでなく、本人が自分で見つけられるようにサポートする感じですね。

続きを読む "“共同作業”ということについて" »

フラワーエッセンス用のblogを開設しました。

20180128フラワーエッセンスのセッションを本格的に始めるにあたり、専用のblogを設けました。

まだまだ記事数は少ないですが、少しずつ充実させていきますので、どうぞ末永くおつき合いくださいませ。^^

Healing Space 海のしずく

“私”に戻るエッセンス

20180121s_2昨年11月、おかげさまでアンジェリックエッセンスの認定プラクティショナーとなり、アンジェリック以外を使わないようにという縛りも解けたので、最近はまたいろんなエッセンスを試しています。

ふだん私がセッションで使うのは、主にアンジェリック、アラスカン、バッチ、ヒマラヤンですが、それ以外に自分で使うことがあるのは、パワーオブフラワーズ、フィンドホーン、ペタルトーンなどです。

で、最近とても興味を持っているのが、レイ・エッセンスとカミングホーム・エッセンス。いずれも日本で作られたエッセンスです。

レイ・エッセンスのプロデューサー・富井清文さんはヒプノセラピストであり、フラワーエッセンスのプラクティショナーでもあるのですが、私が最初に認定セラピストの資格をとったネイチャーワールドのIFECJ(International Flower Essence College Japan)で講師もされています。

20180120_1_2そんなつながりもあり、昨年12月のレイ・エッセンス イントロダクションセミナーに続き、先週末に行われたマッキーさん(牧野内 大史さん)とのトークセッション「必要なものは何もない。」(右の写真→)にも行ってきました。

レイ・エッセンスには、「唯我」「輪花」「創世」の3つのシリーズがあり、コンセプトはそれぞれ、「“私”と出会う」、「“私”で在る」、「“私”を生きる」となっています。

富井先生のメッセージはとにかく一貫していて、「“私”はすでにここにある」ということ。
自分探しなどする必要はなく、また“私”は癒す必要なども最初からなく、“私”というものはすでに最初から“私”であり、いまここにいる私がまさに“私”なのだということ。

そして、他のものをよりどころとすることをやめ、“私”をよりどころとするよう助けてくれるのがレイ・エッセンスなのだそうです。

続きを読む "“私”に戻るエッセンス" »

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

お気に入りサイト