アーカイヴ

映画のような空でした。

=2006年9月18日の日記より転載=

20060918_3世間では3連休でしたが、私は中の日に講座が入ったため、飛び石となりました。

おととい土曜日は、それまでの疲れが出て、動きの悪かった私・・・でも、今日はかなり回復したので、久々の長距離散歩に出ました。

20060918

新宿を起点にして、以前さんざん歩いた西新宿~中野区本町~弥生町~杉並区和田~方南~和泉~以前住んでいた松原~そして豪徳寺から最後は電車。
右のようなY字路(といっても、この場合、左側は通れませんが)、大好きなのでつい撮っちゃいます。

続きを読む "映画のような空でした。" »

買っちゃったーーー。。。

20060416_1 うちにもシマリスがやってきました!

すみれ(♀)です。よろしくお願いします。

続きを読む "買っちゃったーーー。。。" »

『私の嫌いな10の言葉』

=2003年5月15日(木)の日記より転載=

中島義道さんの本はけっこう好きで、ほかにも『うるさい日本の私』(新潮文庫)とか、『<対話>のない社会』(PHP新書)など読んだことがあります。
『<対話>のない社会』の副題に「思いやりと優しさが圧殺するもの」と書いてあるのですが、今回読んだ「私の嫌いな10の言葉」も結局それと同内容の主張というか、重なる部分があったように思います。
ここで挙げている「10の言葉」とは、

 「相手の気持ちを考えろよ!」
 「ひとりで生きてるんじゃないからな!」
 「おまえのためを思って言ってるんだぞ!」
 「もっと素直になれよ!」
 「一度頭を下げれば済むことじゃないか!」
 「謝れよ!」
 「弁解するな!」
 「胸に手を当ててよく考えてみろ!」
 「みんなが厭な気分になるじゃないか!」
 「自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!」

です。こういった言葉をなんの疑いもなく相手にぶつける人たちの無神経さに関して、いろいろと書いているのです。その手の無神経さに対する筆者の憤り、というものを何冊か読んできて、これも全部が全部というわけではないですが、かなりの部分で共感できてしまいます。私自身、「頑張れ」という言葉に過剰反応してしまった時期があったり、「あなたのためを思って言っているのよ」と言われて「うそつけ」と思ったことがあったりしたためです。

 まぁ、長年、国語を教えてきたことも関係あるのかもしれませんが、言葉にはけっこう敏感な私です。とか言いつつ、知らずに相手を傷つけていることもあるわけなんですけど・・・。(^^ゞ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト