« 2020年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ | 2020年11月に観た映画(DVD含む) »

2020年10月に観た映画(DVD含む)

10月はどちらかというと本の方に行ってしまったので、特に後半、鑑賞数は減りました。
でも、思いがけず、非常に心に残る作品にも出合えたので、実りの多い月だったと言えるかもしれません。

Img_1178

まずは、クリストファー・ノーランつながりでおさらい鑑賞。
”ノーランつながり”というのは、9月末に観た『TENET テネット』のことね。

やはりあの映画のインパクトが強かったので、(9月のページには書き落としてますが)すぐに『インセプション』もまた観ちゃったし、さらに今月は下記の通り、そのインセプションも含めて何本か見直し、当初の目論見どおり『TENET テネット』2回目にも行ってしまいました。。。

『ダンケルク』(2017)
公開当時、劇場で観て以来の鑑賞。
当時、なんの前知識もないまま観に行って、とにかく終始、力の抜けない映画だったなぁ💦と思ったのでした。
だって、何度も閉じ込められたり溺れたり、飛行機落っこちたりするんだもん、、、
ハンス・ジンマーの音楽がまた、ノーラン作品にはつきものなんだけど、盛り上げてくれましたよねぇ。。。

ノーラン監督はCGが嫌いであまり使いたがらないと聞いているので、俳優さんたちは皆さん、ほんとに溺れかけたり、墜落させられたり、しているわけですよね・・・(汗;

『ダークナイト・ライジング』(2012)
このシリーズは大好きで、どれも繰り返し観ているんだけど、ライジング(ダークナイト三部作の3作目になります)は突っ込みどころが多くて、何割かはちょっと笑いながら観ています。

なんで死人から輸血ができるんだ!とか、ゴッサム中の”全”警官が地下に動員されて、挙句の果てに全員閉じ込められて街は無法地帯になるとか、その警官たちが地上に出てきたとき、悪役たちと戦うのに一対一の”白兵戦”であるとか…まぁとにかくトホホな展開なわけですが、それでも面白い。

『インセプション』(2010)
これも大好きで何度も観ている作品です。
テネットもそうなんだけど、”ルール”が分かると何倍も楽しめる、というタイプの映画。でも逆に、そのルールを知らないで観るとワケが分からない。と思います。

『ダークナイト・ライジング』では大悪役・ベインを演じていたトム・ハーディですが、『ダンケルク』ではイギリス空軍のパイロットとして大活躍。最後まで生き延びる貴重な一人でした。うん、かっこよかった。
『インセプション』のときもイームス役が光ってましたね。うんうん、これもかっこよかった。(って、ただ好きなだけだな➰)

 


まぁしかし、テネットについてはたくさんの人がネタバレ解説を書いているので、もういいかな💦って感じですかね。
私は初回すでに7割ぐらい理解できちゃったけど、2回目の理解度は7割5分か8割程度…つまり、大きな進歩はなかったということで、もういっかこれで。と思いました。

でね、やっぱりいろんなところで書かれているように、この映画は考えるより「感じろ」だと思います。
冒頭からすごいスピードで衝撃的な事件が起こっていくのだけど、もう分からないところはそのまますっ飛ばして、とにかく流れに乗って見続けてしまえ!という、、、

でも、絶対その方が見てて面白いし、あとから伏線回収があるから、そのうち分かってくるしね。

…ってことで、まぁDVDが出たら、インセプションのように繰り返し見ると思いますが、劇場で観るのはもういいかな、という感じです。

Img_e0672 『イエスタデイ』(2019)
なぜか突然ビートルズの存在しなかった世界に入り込んだおかげで、一気にスターになっていく男性の物語。
”ファンタジー・コメディ” というのですね。面白かったですよ。

主役を演じるヒメーシュ・パテルは、『テネット』では「名もなき男」(主人公)に協力するマヒア役をやっていました。

 

Clje0595 『サイドカーに犬』(2007)***
原作を書いた長嶋有が好きで、家人がどこかから見つけてきた1本。
すっごく良くって、2週間ぐらいのうちに2回観てしまいました。

お母さんが家出している間に、ある日突然ごはんを作りに来た女性・ヨーコ。
じつはお父さんの愛人です💦

内気な小4生の薫だけど、少しずつ打ち解けていき、ヨーコのことが大好きになっていくのですが、
仲良くなりきった頃に、なんと、家出していたお母さんが帰ってきてしまうのです💧

知らずに見ていましたが、ヒロインのヨーコを演じていたのは竹内結子さん。
ステキな女優さんだったのですねぇ…。亡くなってしまってホントに残念です💧

この映画、我が家にとってのツボがあちこちにあって、音楽は大熊ワタルだし、暗渠も出てくるし、あの釣り堀はおそらく寿々木園ではなかろうか…とか、

あと、樹木希林サイコーです。70年代のノリで、大笑いしました✨

根岸吉太郎監督作品。

『大統領の料理人』(2012)
『シェフ』といい、『幸せのレシピ』といい、料理のプロを描いた作品は大好きです♡

といったところで、また。

 


にほんブログ村

 

« 2020年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ | 2020年11月に観た映画(DVD含む) »

映画・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ | 2020年11月に観た映画(DVD含む) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

お気に入りサイト