« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年7月

2020年7月に観た映画(DVD含む)

7月の幕開けはゾンビ映画でした。。。

Img_9422

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)
以前観て大笑いした『ホット・ファズ -俺たちスーパー・ポリスメン!-』と同じく、エドガー・ライト監督・脚本、サイモン・ペグ脚本・主演、ナイラ・パーク製作、ニック・フロスト出演。
この4人が関わる「スリー・フレーバー・コルネット3部作」とやらの第1作目だそうです…。

製作された当時、イギリスでは大ヒットしたにもかかわらず、日本では劇場公開されず、いわゆるDVDスルーというやつになっていたのが、なぜか15年も経った昨年3月、TOHOシネマズで限定公開されたみたいですが、評判はどうだったのでしょう???

あ、面白かったですよ。サイモン・ぺグは顔だけでも面白いですから(笑。

ちなみに、『ぴあ映画生活』で見てみたら76点がついていました💡

Oqzs8708 『幸せのレシピ』(2007)***
2001年のドイツ映画『マーサの幸せのレシピ』のハリウッド・リメイク版だそうです。

レストランで料理長を務める完璧主義の女性ケイト役にキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
そこへ新たに入ってきた副料理長ニックにアーロン・エッカート。

アーロン・エッカート、うちではダークナイトシリーズのハービー・デント役でおなじみです。
『ハドソン川の奇跡』(2016)などにも出ていましたね。

ケイトの姉が急死したために、その娘ゾーイをあずかることになるのだけど、母親を失ったばかりのゾーイはなかなか心を開いてくれない。

そんな最中にやってきたニックは、ケイトとは全く違うタイプで、最初はお互い(というかケイトの方が)反発します。

でも、そんなニックがゾーイの頑なな心を少しずつほぐしていき…

最後は3人で(!)新しいレストランを開く。

心温まるとっても素敵な映画でした💓

39ad5cce554f4ab7a37de4352419f74b
『LIFE!』(2013)
*
これも面白かったぁ~。

雑誌『LIFE』でネガ管理をしている男性が主人公。
最終刊の表紙を飾る写真を預かった…はずが、なぜかその1枚だけが見つからない💦

ってことで、カメラマンを探す旅に出ます。

波乱万丈のストーリーはもちろんのこと、写真がテーマになっていて、行く先もグリーンランド、アイスランドと、私にとってはツボだらけ。
あと、パットン・オズワルトが出てきたのも!
(パットン・オズワルトというのは、シールドのシリーズでケーニグ4兄弟役をすべて一人で演じていた人です。笑)

カメラマンのショーン(演じているのもショーン。ショーン・ペン)が奔放すぎて笑えるけど、ラストは感動的。夢中になって一気に最後まで観ちゃった。✨

ところで、この映画もリメイク作品だったのですね。
ダニー・ケイ主演の『虹を掴む男』(1947年公開)。原作は、1939年に発表された『ウォルター・ミティの秘密の生活』という短編小説だそうですが、今回の映画の英題にそのまま使われていますね。

Cba25d73bcd747e7b028dd74dc6ed1b8 『ブルックリン』(2015)**
2回目だけど、やっぱりよかった♡
大好きな作品のひとつ。

ヒロインがたったひとりでアイルランドからアメリカに渡り、ホームシック含めいろんなことを乗り越えながら少しずつ自立し、また垢抜けていく様子がたまらなく素敵で…💕

恋人のトニーはイタリア人。そもそもの出会いがダンスパーティーだったし、ぱっと見ハンサムで、見ようによってはプレイボーイっぽい雰囲気。なので、最初は大丈夫なのかな?ってハラハラするんだけど、真面目な青年でほんと良かった💓

そうそう。ヒロインが最後の方で、あの意地悪な雑貨屋店主の前で毅然と「エイリシュ・フィオレロ」と結婚後の名前を名乗るところを見ると、なぜか私は森鴎外の「杯」を思い出します。

森鴎外の「杯」では、主人公の少女が「わたくしの杯は大きくはございません。それでもわたくしはわたくしの杯で戴きます」と言う場面があるのだけど、その姿と重なるのです。

 

続きを読む "2020年7月に観た映画(DVD含む)" »

2020年6月に観た映画(DVD含む)

6月は、“おさらい”が多かったので、初めて観た作品だけ詳しく書いてみます。

それにしても、4月、5月とさんざん応援しまくったアップリンクが、あんな形で世間の注目を浴びるとは…ねぇ💧
もうガッカリです。いや、作品そのものに傷がつくわけではないのだけど。

Img_8196 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(2017)**
さて、6月のイチオシはこれです。

これもやっぱりずっと気になっていた1本で、やっと観ました。すごく良かった〜💕

バレエなんてちゃんと観たことなかったけど、そんな私でも、この人がどれだけレベルが高く、桁違いの才能を持って生まれてきたか、よく分かりました。まさに神が宿っているとしか言いようがない…

身も心もボロボロになり、踊ることをやめるつもりで撮ったMV(と言いつつ、じっさいはポルーニンが主役の動画) “Take me to church” がまた素晴らしかった✨

振付を担当したのは、ロイヤル・バレエ学校の同級生だったジェイド・ヘイル=クリストフィという振付師。(見た目はブラック・パンサーそっくり…と思うのは私だけだろか?😓)

この人の振付がまたすごかったんだな。ポルーニンの気持ちは踊りを見ればきっとみんな分かるはずだ、って言ってたけど、
結果そのとおりになって、ポルーニン自身もこのMVがきっかけとなって持ち直し、踊りをやめることを思いとどまったわけです。

やめないでくれて、また戻ってきてくれて、ほんとに良かった😭って思ったけど、そう思っている人は世界中にたくさんいるんだろうな☺

それ以外には、2回目だった『顔たち、ところどころ』(2017)
やっぱりこの映画、大好き♡

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(2020)
初めてではあったのだけど…
それに、楽しみにしていた1本ではあったのだけど…うーん。。。

 

続きを読む "2020年6月に観た映画(DVD含む)" »

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

つぶやき

お気に入りサイト