« 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む)-2019年- | トップページ | 2020年1月に観た映画(DVD含む) »

ハマスホイとデンマーク絵画展@東京都美術館

20200125_2 今年の美術展こと始めは、『ハマスホイとデンマーク絵画』展@東京都美術館です。

ずいぶん前からこの美術展のアカウントをTwitterでフォローしていたので、待ちに待った公開でした。^^

ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。
私は“ハンマースホイ”で覚えていたのですが、今回は“ハマスホイ”でした。また、“スケーエン”は“スケーイン”、ユトランド半島はユラン半島と表記されていました。デンマーク語の発音だとそうなるみたいですね。

この展覧会は大きく4つのコーナーに分けられています。そのあたりの詳細は特設ページをご覧いただくとして、まず第1章の『デンマーク絵画の黄金期』のコーナーでは、私は「ブランスー島のドルメン」という絵にいちばん惹かれました。

ドルメンというのは巨石記念物のことだそうですが、Wikipediaを見ると「支石墓」と説明していますね。ちなみに、画像検索したら面白いものがたくさん出てきましたので、興味のある方は こちら へ。

絵の方は、一面に草が生え、ゆるやかな起伏のある土地で、奥に海(かな?)が見える中に巨石が積んであるという、そんな風景ですが、見た瞬間「ここ行きたい!」と思ったんですよね。(さきほどの特設ページに載っているので、ぜひ見てください。^^)

20170523 第2章の『スケーイン派と北欧の光』のコーナーは、どれも好き♡

じつは3年ほど前、ブリューゲルの『バベルの塔』展に行った帰り、たまたま通りがかった国立西洋美術館でこのスケーエン展をやっていて、左の写真にあるポスターに惹かれてふらふらと入ってみたところ、ひとめで大好きになってしまったのでした。そのとき以来の再会だったので、うれしかった~♡

スケーエンというのは、デンマーク・ユトランド半島の北端にある漁師町で、19世紀後半、そこに画家たちが集まって、スケーエン派という一派をなしていたのです。

画家たちは、この土地に残るデンマーク固有の風景、伝統的な暮らしに魅了され、次々に移り住んで来たとのこと。なので、たとえば船を出そうとしている漁師たちの姿、花摘みをする子どもたち、縫物をする少女、2人の女性が海辺を歩く夕暮れの景色など、この土地の日常生活を描いたものがほとんどです。

第3章『19世紀末のデンマーク絵画』では、デンマークの画家たちがゴッホやゴーギャンと親交があったという話がなかなか面白くて、なんと、ゴッホが描いた「桃の木」と同じ木を描いたと思われる作品があるのです!(どうやら隣同士で描いていたらしい)

この時代は、いよいよ室内画が盛んになっていくのですが、ふつうに人もたくさん描かれているし、特に、「きよしこの夜」という作品は、大きなクリスマスツリーの周りに、大人も子どももみんなが手をつないで輪になっており、その顔はキャンドルに照らされて輝いて、それはそれは幸せそうな瞬間なのです。(これもさきほどの特設ページにあるので、見てくださいね♪)

20200125_3_20200205121201 そして、最後のコーナー『ヴィルヘルム・ハマスホイ ―首都の静寂の中で』では、いよいよハマスホイがクローズアップされます。

ハマスホイやその周辺の画家たちは、室内を主に描くことで知られていますが、もちろん風景を描いてた時代もあれば、肖像画なんかもあるんですね。レリーフの模写や裸婦像まであることに、ちょっと驚きました。

こちらのコーナーでは、「農場の家屋、レスネス」という建物を描いた作品なども大好きですが、やはり室内画がどれも素晴らしかった♡

「室内」であるということそのものがモチーフとなり、部屋そのものが主役となって、ただあるがままに描かれている(…とは言っても、構図や配置はものすごく考えられているのですけどね)、その静けさ、静謐な空気感といったら…!

人は描かれていても、たいていは背を向けているか、顔が見えていても下を向いていたり、少なくともこちらには向いていない。なので、こちらも安心して見つめていられる。

何もない部屋に飾って日がな一日眺めていたい作品たちでした。

20200125_4_20200205121401 ハマスホイは、“北欧のフェルメール”とも呼ばれるだけあって、人物や衣装、室内の調度の色彩も、光の描写や陰影などもとても繊細。

以下、2冊の書籍もおススメです。

ヴィルヘルム・ハマスホイ 沈黙の絵画』(監修=佐藤直樹/コロナ・ブックス/平凡社)
ヴィルヘルム・ハマスホイ 静寂の詩人』(萬屋健司 著/東京美術)

 

都美術館は、たぶんいちばん多くの回数足を運んでいる美術館だと思います。

建物や、窓から見た外の風景も素敵で、いつもここで必ず1枚撮ってしまう、、、

 

20200125_1あとね、上野に行くと必ず毎回撮っているのが、こちらの文化会館わきにあるクスノキ。

大きなクスノキはたいてい好きなんだけどね。
(職場の近くにもお気に入りの1本があります。)

…ってことで、本当に久しぶりに、映画ネタ以外で書いてみました。

昨年末には ブダペスト展@国立新美術館 にも行っているので、それについても書けたらいいなと思っています。

ではまた。^^

 

« 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む)-2019年- | トップページ | 2020年1月に観た映画(DVD含む) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術展・写真展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む)-2019年- | トップページ | 2020年1月に観た映画(DVD含む) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

つぶやき

お気に入りサイト