« 【覚書き】2019年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ

【覚書き】2019年10月に観た映画(DVD含む)

なんか早いですねぇ。もう11月…。

今年は月ごとに映画のキロクをupしよう!と決めたのはつい先日のことのようでいて、2019年もあと2か月を切ってしまったのですねぇ💦

さて、10月に観た映画です。今回はあまり多くありません。

Img_e1106_20191104184201 『インセプション』(2010)
『アメコミ映画40年戦記』という本を読んでいたところ、なぜか急に観たくなって…観ました。
(バットマンのクリストファー・ノーランつながりだったのか?もはや覚えてないのだけど…)

この映画は何度かチャレンジしては挫折して…ということを繰り返しているので、全編通して観たのは今回で2度目だったけれど、断片的には非常に多くの回数を観ています。なので、知った場面があっちにもこっちにも…💦

でも、そのおかげで、かなり話がつながってきました。。。

話の大筋としては、こんな感じ。
他人の夢の中に入り込んで情報を引き出す「産業スパイ」のコブ(レオナルド・ディカプリオ)とアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)に対し、日本人実業家サイトウ(渡辺謙)が仕事を依頼します。
が、今回は情報を「引き出す」のではなく「埋め込む」(=インセプション) という仕事で、ライバル企業を解体に追い込むため、後継者である社長の息子(キリアン・マーフィー)の夢に入り込んで、「会社をつぶす」という考えを埋め込むというものでした。

前にも書きましたが、夢がたくさんの階層をなしていて、主人公もその仲間たちも どんどん深い夢の中へ入っていき、つまりは夢の夢のまた夢の中で攻防戦が繰り広げられるわけです。夢の中だと分かると、相手も反撃してくるしね、、、

クリストファー・ノーラン監督の作品は難解なものが多い(気がする)のですが、とあるサイトで、情報量、特に約束事が多いにもかかわらず、説明がほとんどされていないので、理解できないのは観客のせいではなく監督が(脚本が)悪い、と書かれていて、まったく同感。。。^^;
それは『インターステラー』や『ダークナイト・ライジング』などもおんなじです。

でもね、いったん分かってくると、とにかく面白いのです。

そして、観れば観るほど謎も解けて理解が深まるので、また観たい。何度も観たい。もっと分かりたい。…という、まるで麻薬(いや、スルメか?) のような映画です。はい。

Img_e2810 『ジョーカー』@シアタス調布
ジョーカーというのはアメコミの登場人物。
DCコミックスの『バットマン』に出てくるスーパーヴィラン(超悪役)です。

ティム・バートン監督の『バットマン』(1989)ではジャック・ニコルソンが、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(2008)ではヒース・レジャーが演じ、どちらも非常にインパクトの強いキャラでしたが、今回のジョーカーもまた前者2人とは全く違うのに、やっぱり強烈なキャラでした。

悪者ジョーカーになる前の、じつに真面目に生きている時代のジョーカー(正確にはまだジョーカーではなく、アーサー)から描いているのですが、このアーサーがもうホントに可哀そうになるくらい、不器用に、一生懸命に生きているのですよ。そんなアーサーがひょんなきっかけから人を殺すことになり、そこからどんどん堕ちて行って、、、

それは、ついこの間までふつうに会社員をやっていた人が、あれよあれよという間にホームレスになってしまうような、なんかそんなことをいっしゅん思い浮かべましたが、でも、あっという間に階段を踏み外して転落していくというよりは、アーサーの場合はどんどん追い詰められていく感じだったかな…。

観客がジョーカーに感情移入してしまうので、危険な映画だという評もありますね。

『キャプテン・マーベル』(2019)2回目 ※21
主役を演じているブリー・ラーソンは、『ルーム』(2015)に出ていた人だったということに、つい最近気づきました。
アカデミー主演女優賞までとっていたのね。

Img_e3007 『ブラック・パンサー』(2018)※18
やっと観ました。これで、いま出ているMCU系作品はすべて観たことになります。

で、観た結果、この映画の評判が良い理由がよーく分かりました。面白かった!!

観客の期待を裏切らない。この人あとできっと助けてくれるよな、って思ってると、たいがいその通りになるし、その意味からすると、ホントの悪人はいない感じ。
悪役っぽく見えても、そこにはみんな人間らしい動機がちゃんとある。

昔父ちゃんを殺された敵討ちだったりとかね。

1人か2人以外みんな黒人(しかもアフリカ系)だったせいか、衣装とか、美術が素晴らしかったです。音楽もね。

  『鑑定士と顔のない依頼人』(2013)
『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。

両親が残した美術品や家具を査定してもらいたい、という依頼が鑑定士ヴァージルにもたらされますが、アプローチが熱心だった割に、なぜかその依頼人はなかなか姿を見せず、なんとなく特別な病気にかかっていることが徐々に分かってきます。

少しずつ距離を縮めていく2人…ですが、最後はあっと驚く結末で。。。

夢中になって観ちゃったけど、なんともやりきれない、後味の悪~い映画でした…。^^;
絵画も調度も衣装も、ほんとに素晴らしかったんだけどねー。
4月に『マイ・ブックショップ』を観たときもこんな感じだったかも。

…ということで、残念な1本。

『ボーン・アイデンティティ』(2002)
記憶を失った殺し屋が主人公というサスペンスアクション映画。
誰がどういう素性の人で、誰が味方で誰が敵なのか、混乱させられる…💦

でも、終わりよければすべてよし。『鑑定士…』と比べたら、最後はすっきりしたわ。

『アベンジャーズ』(2012)2回目 ※6
これもおさらい。
なので、多くは語らず。

そうそう。10月は、とうとうマーベルのテレビシリーズにも手を出してしまいました💦
『エージェント・オブ・シールド』です。

『アベンジャーズ』(2012)で死んだことになっているフィル・コールソン捜査官が、じつは生きていたという設定のこのシリーズ。
2013年秋に始まり現在も続いているそうで、すでに第6シーズンに入っているようですが、私が観たのは第2シーズンの2話か3話ぐらいまで。

しばらくはこれにハマりそうです。^^

 


にほんブログ村

 

 

« 【覚書き】2019年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ

映画・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【覚書き】2019年9月に観た映画(DVD含む) | トップページ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

お気に入りサイト