« 天使にお祈りする本 | トップページ | 『「違うこと」をしないこと』 »

【覚書き】2019年2月に観た映画(DVD含む)

Img_e7975InstagramやTwitterでつぶやいた内容だけではなく、こちらではなるべくプラスアルファをいろいろ書いていきたいと思います。

さて、2月に観た映画です。

(洋画)…あ、今月は洋画しか観てなかったわ。。。
『アクアマン』
いやぁ~、楽しみましたけどね、でも、こんなのばっか観てたらバカになるわと思いながら観てました。^^; だって、大したストーリーもなくて、まるでシューティングゲームみたいな映画なんだもん…
あ、いや、それでもいちおう環境破壊に対する警鐘というか、海の住人は怒っているんだぞぉ~的な主張はあったのか。さりげなく問題提起はしてました、はい。

あと、CGだかなんだか分からないけど、水の中で演技しているみたいだったのはちょっとすごかった。ふつうにしゃべっている感じなのに、髪がゆらゆら揺れてるの。
魚もいっぱい出てくるし、水族館が好きな人や、ダイビングをする人はたぶん楽しめると思います。(って、あんまり誉め言葉になってないかなぁ…)

Img_e8042_2『死ぬまでにしたい10のこと』(2003)
以前DVDで観て好きな映画のひとつだったもの。たまたま劇場公開していることを知り、観に行ってきました。監督が、もうすぐ公開される『マイ・ブックショップ』のイザベル・コイシェなので、その記念上映だったようです。
吉祥寺のココマルシアター(ココロヲ・動かす・映画館〇)という、独立系の小さな劇場で、サイトを観ると席数は38席だとのこと(ですが、もっと少なかったように見えました)。あとから知ったのだけど、オープンまでにいろいろあって、SNSなどでさんざん叩かれた場所なんですね。今回も、観客は私を入れてたったの4人。こんなんで大丈夫なのか???…いや、大丈夫なはずがない(=反語)。でも、この映画館、ラインナップはなかなか良いと思いますよ~。

ちなみに、同じ監督の『あなたになら言える秘密のこと』(2005)というのも好きな作品なんですが、どちらも邦題で損をしているような気がします。特に、『死ぬまでに…』なんて、Wikipediaでは恋愛映画とか書かれちゃってて、じっさいの内容よりすごく薄っぺらな感じがしてしまうのはとても残念。確かに恋愛もありますが、そこが本題ではないのにね。

『キング・コーン/世界を作る魔法の一粒』(2007年製作、日本での公開は2009年)
アメリカ人の体はトウモロコシでできている、というところから始まる話。軽いタッチだけど、アメリカ、ひいては全世界が抱える食料問題について、目を覚まさせてくれるドキュメンタリー。
この映画を観た直後、ふと気になって調べた果糖ブドウ糖液糖が、これまたコーンが原料になっていることを知り、愕然としました(しかも遺伝子組み換え)。それ以来、前にも増して食品の原材料が気になる、気になる、、、。もともと何を買うにも原材料は細かくチェックしてきたけど、この映画以降、「植物油脂」と見れば「コーン油か!?」と思うし、「でんぷん」は「トウモロコシ由来だよなきっと」と思う。

食品の原材料ってホントに油断ならなくて、だってたとえば「カラメル色素」なんてのも、確か4種類あって、そのうち2種類は発がん性があるのだったと思います。でも、我々消費者にその区別は知らされないんだよね。なので、最近はもう「カラメル色素」とあれば極力買わないようにしていたり…あれこれ考えると、ものすごく選択肢が狭められていきます。

Img_e8253以下の2本は、オムニバス形式であるのをいいことに、ちびちびと観ていたジム・ジャームッシュ作品。

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991)
ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキの5つの都市の5人のタクシー・ドライバーが、同じ夜にそれぞれ体験する5つの物語をつづった作品。同じ夜の別の人たち、という設定は、その昔、永瀬正敏と工藤夕貴も出ていた『ミステリー・トレイン』(1989)と同じ手法ですね。
それぞれのシチュエーションも面白いけど、お国柄もそれとなく特徴を捉えていて笑えます。イタリア人の不真面目なことといったら…(笑)

まーそれにしても、この監督の映画は、みんなよく煙草を吸うこと!!チェーン・スモーカーがたくさん出てきます。時代なのかな。

『コーヒー&シガレッツ』(2003)
こちらは、じつをいうと昨年のうちに大半を観ていて、最近になってようやく最後まで観終わったというもの。のんびりしたペースなので、いつも寝る前とかに観ていて、たいてい途中で寝てしまうので、観終わるまで何か月もかかってしまいました。
登場人物が必ずコーヒー(ときに紅茶)を飲み、煙草を吸いつつ、だらだらととりとめのない話をしているだけの映画なんですが、この監督特有のユーモアというか、なんとなく可笑しい不思議な空気感にリラックスできます。


にほんブログ村

« 天使にお祈りする本 | トップページ | 『「違うこと」をしないこと』 »

映画・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天使にお祈りする本 | トップページ | 『「違うこと」をしないこと』 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

つぶやき

お気に入りサイト