« 【補足】去年1年間に観た映画 -2- | トップページ | セルフセッションのご報告(1/26作成分) »

【覚書き】2019年1月に観た映画(DVD含む)

Img_e7176ここ1~2年であまりに本数が増えたので、今年はこまめにupすることにしました。

ということで、1月に観た映画リストです。TwitterやInstagramにアップした内容も含めて書きますので、ご覧になる方によっては重複になりますが、ご了承くださいませ。

(洋画)
『パリの恋人』(1957)
 とにかくオードリー・ヘップバーンの愛らしさと、リチャード・アヴェドン監修の写真のすばらしさに尽きます。書店での撮影シーンが横暴すぎるとか、このロマンス、年の差ありすぎでしょとか、突っ込みどころは多々あったものの、昔のファッション写真っていまほど機材が優秀でなかった分、人間の力量がすごかったんだなぁと感心したり、まぁとにかく素敵な映画でした。

『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(2007)
 最初のうちは、単なるゾンビ映画のコメディ版かと思っていたのだけど、話が進むにつれてだんだん恐ろしい展開に…そして、あっと驚く種明かし。主演のサイモン・ペグが脚本も書いているのですね。面白かったです。

『グレイテスト・ショーマン』(2017)
 イメージしていたのとちょっと違う映画だったかな。“ショービジネスを生み出した男”と言われる実在の人物を描いたミュージカル。世間の評判はすごく良かったみたいですが、我が家ではいまひとつでした。

『スパイダーマン』(2002)
 アメコミ系がさらに進んでいます いよいよ今度はマーベル・コミックに足を踏み入れました。テレビ感覚で軽く見る分には面白いかも。
 J・K・シモンズが、『セッション』(2014)のときのフレッチャー先生と同じようなキャラで、なんだこの人は10年以上も前からこんなだったのか…と笑ってしまいました。

Img_e6855『君の名前で僕を呼んで』(2017)
 昨年に続いてさっそく2回目です。間で原作本も読んでおり、映画では省略されている詳細な背景も理解した上での視聴なので、初回よりずっと状況(2人の関係など)がよく分かって、切なさ倍増でした。それにしても、イタリアの風景の美しいこと♡ そして、音楽もね。

(邦画)
『家族はつらいよ』(2016)
 山田洋次監督。寅さんの後釜作品?みたいな印象のシリーズ第一弾。寅さんのDVDが置いてあるとか、折々さりげなく過去作品を宣伝しているのが可笑しかった。あと、お約束の階段コケ、など

『奇跡のリンゴ』(2013)
 無農薬リンゴの栽培を成功させた木村秋則さんを描いたドキュメンタリー。私は木村さんの本を何冊か読んでいるのでストーリーはほぼ分かっていたのだけど、映画はダイジェスト版みたいな感じで、じっさいはもっと大変な道のりだったと感じました。文句ひとつ言わず協力してくれたお義父さん(山崎努)が素晴らしい。

『ホテル・ハイビスカス』(2002)
 これはもう間違いなく5回以上は観ている作品。『ナビィの恋』(1999)が大好きで、監督つながりで観たのが最初のきっかけでしたが、これがまたすごく良くて、ナビィ以上に繰り返し観てしまっているかも・・・。
 主人公・美恵子役の蔵下穂波ちゃん(出演時はまだ9歳ぐらい)のキャラが鮮烈 オーディションで3,100人の応募者の中から選ばれただけあります。
 沖縄の抱える問題もさりげなく描かれてはいるものの、原作のコミックにあったらしい暗いイメージは極力はずされ、ひたすら明るく仕上がっています。

 余談ですが、同じ監督つながりで観た『真夏の夜の夢 ~さんかく山のマジルー~』(2009)の方は、正直がっかりでした。これまた蔵下穂波ちゃんが、オーディションで3,000人以上の中からふたたび選ばれたとのことですが、話が散漫。俳優さんたちそれぞれのキャラも、活かしきれていない感じでしたねぇ…残念!


にほんブログ村

« 【補足】去年1年間に観た映画 -2- | トップページ | セルフセッションのご報告(1/26作成分) »

映画・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【補足】去年1年間に観た映画 -2- | トップページ | セルフセッションのご報告(1/26作成分) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

つぶやき

お気に入りサイト