« 美術展めぐり 事始め #1 アジェとユージン・スミス | トップページ | 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む) »

美術展めぐり 事始め #2 ゴッホ~最期の手紙~

20180106_0_2さて、つづきです。

写真展を2つ見たあと、本命の『ゴッホ~最期の手紙』に突入♡

これ、巷でどのくらい評判になっているのでしょうか。私はテレビ見ないし、そういう情報がなくて全く分からないのですけれど・・・

ゴッホはピストル自殺を図って亡くなったと言われてきましたが、「現在は自殺説に異論を唱える美術史家もいる」と、原田マハさんも『いちまいの絵』(集英社新書)の中で書いていらっしゃいました。

その新たな説にのっとって、この映画は、ひとりのある青年がゴッホを撃った本当の犯人は誰かを追っていくサスペンス・ストーリーになっています。
ストーリー自体スリリングで目が離せないのですが、なによりすごいのは、この作品、ゴッホのタッチを模写した油絵のアニメーションなのですsign01(「ペインティング・アニメーション」というようです。)

回想シーンは白黒写真を水彩画仕立てにしたものでしたが、それ以外の、物語が進んでいく部分はすべて油絵なのでした。公募オーディションで選ばれた125人ものペインティング・アーティストが、1か月ほどのトレーニングを経たうえで、映画用に描画したそうです。
すごいこと考えたものですねー。coldsweats02

まぁそんな、見どころ満載の作品でありました。

20180106_2_2そんなわけで、写真展を2つと映画1本をみっちり楽しんだ連休初日。見終わっった頃には外はもう真っ暗。イルミネーションがきれいなガーデンプレイスでしたshine

オマケの話。

じつは、この映画を観るに至るまでには、いくつかの“つながり”がありました。

昨年後半、私は編み物にハマっておりました。きっかけは、Opal毛糸というドイツのソックヤーン(靴下用の毛糸)を知ったこと。(→ 以前の記事
そのOpal毛糸に“ヴァン・ゴッホ”というシリーズがあって、これはゴッホの絵の色をイメージして作られたシリーズなんですが、私もその中の“ゴッホの寝室”という糸でレッグウォーマーを編んだりしていました。
このシリーズの毛糸たちが、それはそれは素敵な色なので、糸を見ているうちにその元になっているゴッホの絵そのものを見たくなっていったのです。

20180106_3それで昨年末、東京都美術館で開催していた『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』という展覧会に行きました。グッズ売り場にはOpal毛糸もあったんですよ~。(Opal毛糸の愛好家たちの中には、ゴッホシリーズの毛糸で編んだ作品を身につけて、会場へ向かった方たちがいらしたようです。)

ゴッホ展は、浮世絵から大きな影響を受けたゴッホ作品とともに、ゴッホに影響を与えたとされる浮世絵もたくさん展示されていました。また、ゴッホと親交の深かった医師・ガシェ家に残された芳名録から、ゴッホに憧れた日本人がどれだけ多かったかということもうかがい知ることができ、なんだかすっかりゴッホが身近になっていたところでした。

それほど好きでも嫌いでもなかったゴッホですが、今回のこの一連の流れで、むしろ好きな画家のひとりになりました。絵に限らず、作品の背景が分かると、作品ともアーティストとも、ぐっと距離感が縮まりますよね。

« 美術展めぐり 事始め #1 アジェとユージン・スミス | トップページ | 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む) »

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美術展めぐり 事始め #1 アジェとユージン・スミス | トップページ | 【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む) »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト