« 【覚書き】やっぱりアラスカンも好き♡ (再修正しました) | トップページ | 最近のハマりもの♡ »

『自然栽培』とプラズマ療法

『自然栽培』という季刊書籍があります。
(←アマゾンのリンクには木村秋則さんの名前が入っていますが、木村さんは監修)

この季刊本を最初に読んだのは、Vol.4の「タネの秘密。」でした。
週に1回、セッションスペースとして2階を借りていた久我山のT's Bagel+に通っていた頃で、オーナーのともこさんからも自然栽培のお話をたくさん聞いていた時期でした。

偶然にもその頃、会社で仲良くしている人が、お友だちが編集をされているということで貸してくれたのがこの『自然栽培』だったのですけれど、こういうのをまさに“シンクロニシティ”というのでしょう、当時の私のツボにすぽっとハマる内容でした。
ともこさんが主催していた「タネと野菜のお話会」などとの相乗効果もあって、それ以来、自然栽培のこと、タネのこと、野菜のこと、私のアンテナはどんどん広がっていきました。

そんな劇的な…というよりむしろ、出会うべくして出会った『自然栽培』、最新号Vol.12は「がんは大自然が治す」という特集でした。
(Amazonでは9月14日現在、“ベストセラー1位”のフラグがついていますっsign03

これまた偶然なのですが、ここで取り上げられている「プラズマ療法」というもの、じつは、春に亡くなった私の叔父が受けていた治療法なのです。
叔父が最後に入院していたクリニックの院長先生も記事の中に出てきますが、かつて国立がん研究センターに勤めてらした方だったとは、ここで初めて知りました。coldsweats02

しかも、これほど各国から注目を浴びているすごい療法とは思ってもいなかったので、いまさらながら驚いています。

もともと叔父本人が受けたがっていた治療だったのですが、確かにこれを受けた日は、頭も体も見違えるほどしゃっきりしていましたし、叔父は結果的に亡くなりはしましたが、毎日飲んでいた水(プラズマウォーター)も、いまから思うとおそらく命を延ばす助けになっていたのでしょう。

じつを言うと、よく分からない器具を使う療法には怪しいものが多い、というのが私の基本的な考えなので、当時はあまり真剣に考えてはいなかったのです。ただ、本人がかなり真剣に受けたがっているものだったし、それなりに効果は出ているみたいだったので、まぁいいんじゃないかと、その程度の認識しかありませんでした。

いまから思えば、亡くなった叔父には先見の明があったということなんですかね。いろいろ怪しい商売もしていたみたいでしたけど…。coldsweats01

代替療法には詳しかったですよ。前にも書きましたが、アロマセラピーもフラワーエッセンスも知っていたし(72歳のお爺さんなのに!)、レイキも、名前は知らずとも「俺もやってた」なんて言ってるような人でしたからね。

そう。なので、ホントはもっともっといろんな話をしたかったなぁ~sweat02って思います。
最後の数週間、いっしょに過ごせただけでも良かったんでしょうけれど…。


にほんブログ村

↑↑↑よろしければポチッと応援よろしくお願いします。 ↓↓↓


にほんブログ村>

« 【覚書き】やっぱりアラスカンも好き♡ (再修正しました) | トップページ | 最近のハマりもの♡ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【覚書き】やっぱりアラスカンも好き♡ (再修正しました) | トップページ | 最近のハマりもの♡ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト