« 叔父を見送りました。 | トップページ | ハーブの植え替えなど »

つれづれ・・・

20170408_1(写真は今日行ったかっぱ橋で撮ったもの)

3月は仕事も忙しかったし、アンジェリックの症例セッションがいくつか入っていたり、体調を崩した時期もあったりして、叔父のお見舞いに行けたのは約1か月ぶりの25日(土)でした。そして、その翌日の早朝に叔父は亡くなりました。

父のときもそうだったのですが、待っていてくれたんだなぁ、って思いました。

うちの父のときは、まず母が1週間ぶりで病院に行き、翌日に私が2週間ぶりに行ったら、その夜に亡くなったのです。まぁそれぞれ「もう頑張らなくていいよ」「神様、お願いだからもう逝かせてやってください」なんて思っちゃったから、そのせいもあったかもしれませんが、でもやっぱり、あのタイミングは待っていたとしか思えなかったです。

叔父のお墓のことは、あれからまた少し考えていました。

叔父はお墓になんて入りたくなかったはずだという思いと同時に、さびしがり屋でもあったから、お墓があってみんながお参りしてくれたらうれしいのかもしれないなぁ、なんて気持ちもちょっとしたりして…。いまとなっては確かめられないので、考えても分からないんですけどね。

自分の父親に関して言えば、父は自分から進んでお墓を買ったわけですが、魂はホントにそこにあるの?っていう問いには、そこにはいないよ、という答えも聞こえてくるし、前回も書いたように、私はいつでも父がそばにいると感じているので、わざわざお墓まで行かなくてもちっとも困らない。ただ、叔父に関して言えば、息子なりきょうだいたちは、何か話がしたいときには、お墓があった方がいいのかもしれないなぁ、とは思います。

お墓でも写真でも、とにかく手を合わせる瞬間が持てることはとても大切ですよね。

ところで、私は親戚づきあいをほとんどしてこなかったという話は前回も書きましたが、叔父とも大人になってからはほとんど会う機会がありませんでした。でも、今回のことで大昔のアルバムを見ていたら、私が生まれて間もない頃から3歳ぐらいまでかな、叔父や伯母といっしょにすごしている写真がじつにたくさんあったんですよね。母方の祖母や、母のきょうだいたちとはホントにいろんな場所に出かけている。もしかしたら父以上に…sweat01

特に今回亡くなった叔父にはかわいがってもらっていたようで、Facebookには写真も載せたことがありますけど、私がまだ赤ちゃんだった頃にたくさん抱っこしてもらってる写真があるんですよね。叔父はまだ10代だったはずですが…。

そうそう。それからね、…って、話はまったく違うのですが、私と3つ違いのいとこが車に載せていたCDに思わず目が釘づけになったの。だって、だって、松下誠の“First Light”だったんだもの~sweat01
「私大好きなんですよ~」って言ったら、「同世代だってなかなか知っている人は少ないのに~…coldsweats02」って、やっぱり驚いていて、そりゃそうだわ~。

さて、この話題についてこれる人はどれだけいるんだろか~、、、coldsweats01

« 叔父を見送りました。 | トップページ | ハーブの植え替えなど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 叔父を見送りました。 | トップページ | ハーブの植え替えなど »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト