« 満月後のゆらゆらに・・・ | トップページ | ココロが深呼吸できた一日 »

奇跡のリンゴと三浦しをん

T's bagel でさんざん聞いていた自然栽培(無農薬・無肥料)のお話ですが、ここへきてようやく自分で本を買って読みました。

頭の中でごちゃ混ぜになっていた「自然栽培」と「自然農法」の違いも分かったし、自然栽培、有機栽培、慣行栽培それぞれの農薬や肥料に対する考え方の違いもよく分かりました。

著者は、弘前大学農学生命科学部の教授で、「奇跡のリンゴ」で有名になった木村秋則さんと出会って以来、自然栽培のメカニズムについて研究していらっしゃるとのこと。
リンゴ栽培では通常、月2~3回のペースで10回ほども農薬を散布するそうで、米や野菜に比べて、また他の果物に比べて、リンゴというのは本当に農薬をたくさん使って栽培する作物であるにもかかわらず、木村さんは、無農薬・無肥料でちゃんとリンゴを実らせることができた。だからこそ「奇跡の…」なんですね。

この本ではそんな自然栽培の、なぜ農薬も肥料もなしでちゃんと収穫できるのか、という基本部分について、さまざまなたとえを引きながら、分かりやすく説明してくれています。

まぁ、「奇跡のリンゴ」については、NHKで紹介されたり、映画になったりもしているので、テレビを見ない私なんかより、よっぽどみなさんの方がご存じではないかと思います。私はまだ自然栽培のことなんてまったく知らない時期に、映画のことだけは何かで見て知っていたのですが、ここへきてやっと結びつきましたflair

参考:ぴあ映画生活「奇跡のリンゴ」

うーん…キーワードは「多様性」と「競争」かなぁ。先日書いた平川克美さんの『路地裏の資本主義』とも一脈通じるところがあり、ああ、これも一種のシンクロだなぁ、と思いながら読みました。(この部分についてはまた後日、書けたら書くことにします。)

さて、そして、

Twitterやここで何度か書いてきた『木暮荘物語』も先日の週末に読み終わり、じわじわと感動にひたっているところです。

三浦しをんってやっぱりさすがだわ~shineと思った一冊。
(なんかこれ、コミックにもなったそうですね。有名な本なのね、、、)

登場人物のシチュエーションとかは、たとえばクラフトエヴィング商會を思い起こさせるような、これはふつうちょっとあり得ないでしょ的な、若干ファンタジーっぽい設定だったりもするんだけど…
たとえば、ストーカーみたいにアパートの2階の部屋から下の部屋をのぞき続けるサラリーマン(まるで江戸川乱歩の世界sweat01)とか、特殊な舌を持っていて、嘘をついている人、浮気をしている人を、料理やコーヒーの味で見抜ける女性とか。

でも、その行動や考えてることが妙にリアルだったりするし、出てくる人物の心の動きがとても精妙に書かれているので、自分にもこういうとこあるよな、とか、私だってこういう心境とは背中合わせで、いつこうなってもおかしくないなぁ、などと思わせられたり、ふつうに考えれば突飛な行動をしているはずのヒトに、妙に親近感を持ったり共感できてしまったりする。そんなところが、さすがと思わせる所以でしょうか。

この物語には、究極、悪い人は出てこない…って最後の最後に思いました。誰の小説だったか忘れたけど、やっぱり同じように感じたことがありました。
そういうのって、まぁ、嘘っぽいと思う人は思うかもしれませんが、読後イヤな印象は残らないし、じわじわっと「ああ、いいいなぁ~」っていう余韻が残るから、私はけっこう好き♡

« 満月後のゆらゆらに・・・ | トップページ | ココロが深呼吸できた一日 »

T's bagel +」カテゴリの記事

おいしいもの」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 満月後のゆらゆらに・・・ | トップページ | ココロが深呼吸できた一日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト