« 写真blogも更新再開しました。 | トップページ | 草間彌生とフリーダ・カーロ »

頭痛とフラワーエッセンス ~経過観察中~

20160504_2s10日ほど前の記事で、頭痛の話を書きました。その後の経過を少しご報告します。

フラワーエッセンスというのはいろいろな使い方があり、飲み方にしても、単発でそのとき限りの効かせ方もあれば、ある程度の期間 飲み続けて症状にじっくり対処するという方法もあります。

単発ではなく、ある程度の期間を見越して飲み続けようと思った場合に、何種類かを調合し、ご覧のようなボトルを作ります。これをトリートメントボトル、もしくはドーセージボトルなどと呼びます。

調合する方法は人によっていろいろだと思いますが、私の場合まず、キーワードを頼りに何本かピックアップします。写真(注;エッセンスのもとになっている花の写真など)がある場合にはそれも参考に、つまり、写真を見て心に感じるものがあったら、そのエッセンスも選択肢に含めます。そして、最後にペンデュラム(振り子)を使ったダウジングという方法で5本以下に絞り込みます。

そうして選んだのが先の記事に書いたボトルだったのですが・・・

20160504_11回目のブレンドはともかく、2回目のブレンドはなんとなく“効いてる感”があまり感じられなかったのですね。

作った当初はそれでペンデュラムが振れたのですから、そのときはきっと必要だったのでしょうけれど、数日飲んで改めて振ってみたところ“No”と出てしまいました。

そこで新たに調合した3本目が上の写真です。
オレンジ カルサイト、カサンドラ、ダンデライオン、グリ-ンベルズ オブ アイルランド、モンクスフード。

1回目、2回目と重複するものもあります。それぞれのキーワードを書いてみますと、

tulipオレンジ カルサイト:体が癒しのエネルギーを受け取る力を増幅。
tulipカサンドラ:「自然とのアチューンメント」を助けてくれる。
tulipダンデライオン:「体」とのコミュニケーション、というエネルギー振動を持つ。
tulipグリ-ンベルズ オブ アイルランド:「地球につながる」ことを助ける。肉体と地球の間で、エネルギーがうまくつながるよう助けてくれる。
tulipモンクスフード:「プロテクション」エッセンス。オーラを守ってくれる。

以上のような感じです。

そうそう。2枚目に上げた写真は、「頭痛ーる」といって、気圧の変化を教えてくれるアプリなんですが、気圧が急激に下がるときには前もって注意報を出してくれます。
昨日から今日にかけてはご覧のとおり、ガクンガクンと気圧が落ちているのですが、いまのところ頭痛は出ていません。1本目を飲み始めて以来ずっと、危うい感じのときはあったものの、それまでたびたびあったような頭痛には至っていませんし、クスリも1か月ほど飲んでいないと思います。

参考サイト:
ネイチャーワールド株式会社


にほんブログ村

« 写真blogも更新再開しました。 | トップページ | 草間彌生とフリーダ・カーロ »

セラピー」カテゴリの記事

フラワーエッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真blogも更新再開しました。 | トップページ | 草間彌生とフリーダ・カーロ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト