« 頭痛とフラワーエッセンス | トップページ | 写真blogも更新再開しました。 »

パターンの話 -覚書としての-

20160426「規則は破るためにある」という言い回しがあるけれど、「パターン」は私にとってやはり「破るもの」だなぁと、雨の夜にふと考えたりしています。

「習慣にしてしまう」というのは、ある意味ラクになることではあるのだけど、パターンになるというのは、「陥る」という言い方をすることもあるように、よくない場合もあるということだよね。そもそも、パターンや習慣になると「考えなくなる」から、それが自分にとって本当に良いことなのかじつは悪いことなのか、分からないままただ惰性で続けているだけかもしれません。

また、同じことを繰り返すというのは、同じ場所にとどまることでもあるので、まぁ悪くはなっていないのかもしれませんが、見方を変えればそれは「進歩がない」ということにもなりかねません。

そこまで考えてのことではないものの、私は同じことがずっと続くと「飽きる」ので、ときどき意識的にパターンを壊すことがあります。
そんなだからなのか、あえて自分から壊そうとしなくても、自分ではその状況をずっと続けたいと思っていたとしても、強制的に足元を崩されることの多い人生であります。

このあたりの話は前にも書いているので、続きはそちらに。→ “転石“人生

まあ、散歩や街歩きもそうだけど、知り尽くした道を寄り道もせず歩くより、知らない道を行き、迷う方が楽しいな♪…ってことで。

« 頭痛とフラワーエッセンス | トップページ | 写真blogも更新再開しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭痛とフラワーエッセンス | トップページ | 写真blogも更新再開しました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト