« アラスカンのHarebell~3月のイベント | トップページ | アロマスプレーを作ろう!in 久我山 »

ガンが消えた話

20160228_1今夜はとっても懐かしい人とお食事をしてきました。

彼女とは、いっしょにアロマの勉強をし、いっしょに合格し、その後私がサロンを始めたとき、最初にリピーターになってくれた人でした。
過去のメールをたどってみたところ、2009年2月に会ったきりだったみたいなので、7年ぶりの再会ということになります。

でも、そんなブランクを微塵も感じさせないほど、話は尽きず、会わないでいた期間お互い何をしていたか、という過去の話以上に、「最近どんな生活をしているか」「いま何に興味があるか」といった「いま」の話に花が咲いたのはうれしかったな~heart01
まぁ、ネット(Facebook)でつながっているので、なんとなく最近のくらしぶりは見えているし、そのぶんブランクを感じないで済むというのもあったのかな。

20160228_2それでもね、私はつねに「いまがいちばん」と思っているので、昔の話ばかりだと飽きてきて、「いまの話をしようよ」と思ってしまうのだけど、今日はそんな瞬間はまったくなく、どの話も面白くて、面白くて・・・。
しかも美味しいものばかりで、ホントしあわせな時間でした~heart04

さて、そんな中、とても興味深いお話が・・・。

20160228_3病院で受けた検査で、ステージ4のガンという診断が下ったことがあったんですって。

けれど、そこで医者に言われるままに検査を受けたり治療を受けたりすると、ガンがあることを認めてしまうことになる(=ガンを育ててしまう)し、検査や治療そのものがストレスになって、かえって悪くなる、と思った彼女は、なんと、ガンそのものを「なかったものにしてしまう」という暴挙(?)に出たそうな…。

つまり、ガンなんてない!と思って、それ以上検査も治療も受けないまま数か月すごしたのだそうです。
そして、数か月後にまた検査を受けたときには、ガンは消えていたsign03 という…。

でもね、それって私、分かる気がするんです。

20160228_4どこで聞いた話だか、すでに記憶もあいまいなのですが、よく、起きることを恐れていると現実になってしまうとか、不安に思っていると、かえってその事態を引き寄せてしまうとか、って言いますよね。
それって、不安に思ったり恐れたりする(=つねにそのことを考えている)ことで、逆にそこにエネルギーを与えてしまうことになるそうなんです。だから引き寄せてしまう、という…。

それで行くと、彼女のとった行動は、ガンにエネルギーを与えなかったわけで、だからガンも育たないで消えてしまった、ということになりますよね。じつに正しい選択だったと言わざるをえません。

私自身は、とてもガンになるような生活はしていないと思っていますが、まぁ万が一なったとしたら、今日聞いた彼女の話を参考に、やっぱりガンを「ないものと思って」過ごすことにします。病院に行ってかえって具合が悪くなる感覚って、ほんとに実感として分かりすぎるほど分かるので…。(野良犬体質ですから、、、)

« アラスカンのHarebell~3月のイベント | トップページ | アロマスプレーを作ろう!in 久我山 »

おいしいもの」カテゴリの記事

セラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アラスカンのHarebell~3月のイベント | トップページ | アロマスプレーを作ろう!in 久我山 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト