« 「食」について思うこと -1- | トップページ | 第9回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

「食」について思うこと -2-

Img_8289 前回はちょっと語ってしまったけれど、じつのところ、そんなに頭で考えているわけでもないんですよ。
ただ、食生活が荒れてきたり、出来合いのものばかり食べていると、ココロもカラダも気づかないうちに少しずつ元気がなくなる、ということを実感した経験が(何度か)あるので、だから食生活には人一倍気をつけている、というところです。だって、やっぱりいつも良い状態でいたいですから。

要は、食べるもの(内容)によって、元気が出るものとそうでないものがある、というお話ね。

食品添加物や農薬は、本当にカットしたかったら、そこらのスーパーで食材を買うことはできなくなります。私もこれまで何度か(特に今回、下で書いたような本を読んだ直後は)、生協の会員になろうかとか、宅配の食材に切り替えようかとか、さんざん考えました。でも、経済的な問題を筆頭に、注文の手間とか、なにより私は気が変わりやすく、食べたいと思ったものも、次の日になればもう食べたくなくなっていたり・・・。
こんな私が数日先の食材を注文するなんていうのは、保存食ならともかく、野菜など生鮮食品はぜったいに無理!・・・ということで、生協も宅配もいまだ実現できていません。

あ、ただ、梅干しとか五穀茶とか、長持ちするものは個別に通販で買ってますけど。

そんな調子なので、気を遣っているようでいて、じつは漏れだらけ。手づくりを心がけているとはいっても、非常にガードは甘いわけです。

そうそう、何度か話題に上げているマクロビオティック。

Dscn0279 ごく簡単に言っちゃうと、いわゆる玄米菜食なんだけど、「旬の時期にそこの土地で採れたものをまるごといただく」というのが基本で、そうすることによって食物の持っているエネルギーを取り込む、という考え方です。

参考(になるかなぁ・・・過去記事):
マクロビ -その1- -その2- -その3- -その4-

でね、私はこのマクロビ食、美味しいと思うし、心も体も魂もきれいになるような気がするから好きなんだけど、100%実践はしていません。ってか、肉も魚もふつうに(特に魚は大)好きなので、無理。。。でも、人の手でていねいにつくられたものを食べると、エネルギー(みたいなもの)が自分の中に沁み込んでくるのが分かる。だから、なるべく出来合いではなく自分で作ったもの(あるいは、機械ではなく人間の手で作ったもの)を食べたいと思うのです。

ちょっと脱線すると、私はある時期から「魂のよろこぶ生活」というのを心がけているのだけど、とりわけ「食」に関しては、その魂の状態に直結している気がするので、よけいにこだわっているのです。・・・って、単に食い意地が張ってるだけかもにゃ~!?cat

あとは、私の友人で、「料理は瞑想である」と言った人がいるのですが(前にも書いた気がする)、私にとってもそうなんですね。特に最近は、お菓子を焼くとき、もしくは梅を煮るとか、ふつうで考えると、とても仕事のあと、しかも夜になんてやりたくないくらい手間のかかりそうなことをしているときって、かえって無心になって集中できるので、私としては、自分の中でバランスをとるのに良い方法のひとつなんですね。

うん。やっぱり「料理は瞑想」だよ。(片づけや掃除もそうなんだけどさ。)

« 「食」について思うこと -1- | トップページ | 第9回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「食」について思うこと -1- | トップページ | 第9回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト