« 念願のテソーミ教室♪(後編) | トップページ | 『古地図でめぐる 今昔 東京さんぽガイド』 »

最近読んだ本/読んでいる本 #1

「ルポ イチエフ ―― 福島第一原発レベル7の現場」(布施祐仁著/岩波書店)は、福島第一原子力発電所で働く作業員の人たちを取材した記録。

新聞やニュースなどで断片的には聞いていた、原発作業員の「使い捨て」の実態について、金額や被曝量など具体的な数値が出てくるので、とてもリアルに理解できます。

昨年、震災後に『原発労働記』を読んだときにも思ったけど、これだけ多くの人を犠牲にして成り立っている原発は、やっぱり将来的にはなくしていくべきだと思うよ。

これ以外に読んでいるのは・・・

bookジプシー 』 (文庫クセジュ/白水社)
 チンドン系音楽やバルカンブラスが好きなもので、そのルーツをきちんと知りたくて読み始めた本。ジプシーというと、インド起源だとばかり思っていたし、じっさいその説が流布しているわけですが、この本は、ジプシーが「インド起源の放浪民族」であるという認識はもう古い、そこから脱却しましょう、という趣旨で書かれています。なので、時代を追って、いろんな国の似たような集団の例を挙げ、呼び名、民族、文化、社会的地位などについて論じています。
 面白いんだけど、世界史の超苦手だった私には、なかなか理解しづらくて苦戦しておりますsweat01sweat01sweat01 それにしても、「エジプト人」がなまって「ジプシー」になっていたとは気づかなかったよ。

bookラフミュージック宣言― チンドン・パンク・ジャズ
 大好きなシカラムータの大熊ワタルさんのご本。こちらはまさに、チンドン・ミュージックのルーツから現代にいたるまでの詳細を知ることができます。他に、『ミュージックマガジン』などに書いてきた記事を加筆修正して載せてあったり、ツアーの記録であったり・・・えっと、まだ7分の1ぐらいしか読んでないので、これぐらいしか分からないのですが、コンポステラ、大工哲弘、モノノケ・サミットの話とか出てくるので、早くそこまで行きたいな、と。

本の話、もう少しつづきます。

« 念願のテソーミ教室♪(後編) | トップページ | 『古地図でめぐる 今昔 東京さんぽガイド』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 念願のテソーミ教室♪(後編) | トップページ | 『古地図でめぐる 今昔 東京さんぽガイド』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト