« 東京蚤の市 | トップページ | 第8回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

リハビリがてらの更新

思うところがあり、というほどのことでもないのですが、まぁちょっと自分のことだけで手いっぱいだったので、仕事以外には人とも会わず、メールのやりとりも極力減らし、パソコンが使えなくなったこともあってblog更新も休止したままでいたら、いつの間にかこんな日数が経過していました。

パソコンの方は、どうやらハードディスクが壊れていたらしく、中身を別のHDDにコピーしたら(いや、正確には“してもらったら”)、また使えるようになりました。でも、今の機械はもう5年になるので、そろそろ後継機を見つけておいた方がよさそうです。OSも、当時はこだわってXPにしたんだけど、Windows 7は評判がよいみたいなので、移行してもいいかな、と思ったりしています。

そういや、今の機械は2年半ほど前にも一回故障して、修理に出しているんですよね。そのときにも感じたことだけれど、パソコンがないと読書が進むこと、進むこと・・・!

しばらくハマっていた板橋区、北区がらみの史跡・街道関連の本が一段落したので、最近はLD(学習障害)についての本と併行して、小説もまた少しずつ読み始めています。

原田マハさん。
第二十五回山本周五郎賞をとった『楽園のカンヴァス』にとても興味を持ったのだけれど、単行本は諸々の事情でなるべく買わないことに しているので、代わりに手にしたのが『カフーを待ちわびて』でした。
タイトルに惹かれたのと、沖縄が舞台になっていたことで選んだのですが、第1回ラブストーリー大賞を受賞した作品で、映画化も漫画化もされているそうなので、私は知らなくても世間では有名なのかもしれません。

結末はちょっと、う~ん・・・って感じだったものの、全体としてはまぁ面白かったです。いろんな人が書いていたように思いますが、出てくる人がそれぞれに温かい。ま、そういう“生ぬるさ”が苦手な人もいると思いますが、今の私には”毒”を受け止めるパワーがないので、これぐらいがちょうどいいみたい。

で、それの「サイドストーリー」という触れ込みだったのが、上に載せた『花々』です。『カフー…』のときに出てきていた主人公以外の人たちに焦点を当てた小説で、最近になってようやく文庫化されたので読みました。今日一日で一気に読んでしまった。私はこっちの方が好きだな。

ところで、この原田マハさんって、経歴がすごい。ご本人のサイトに長ぁ~いプロフィールが載っているんだけど、これ読んで一気に惚れました。

参考:原田マハさんの公式サイト Naked Maha

« 東京蚤の市 | トップページ | 第8回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京蚤の市 | トップページ | 第8回 『500個の風鈴の音を聴く』イベント@池上本門寺 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト