« 『原発に頼らない社会へ』 | トップページ | お弁当の本 »

クリスタルボウル

ただいま荷物待ち。受け取ったら出かけようと思って待機しているのですが、それまでは部屋で涼んでいようと思います。

さて、クリスタルボウル。
Frank Lorentzen牧野持侑(じゅん)さんが大好きで、CDもほとんど持っているんですけど、今回たまたま見つけたのは、牧野さんのCDブック。『ゆほびか』を出しているマキノ出版のムック本です。

マキノ出版って、民間療法的な代替療法の本をいろいろ出しているし、『ゆほびか』も、以前は純粋にカラダのことを扱う健康雑誌だったはずなのに、どうも最近スピリチュアル色が濃いなぁ、と思っていたところが、どうやらもともとスピ系だったみたいですね。バックナンバーを見て分かりました。coldsweats01

そんなわけで、クリスタルボウル。
これまでのCDとはまた違う演奏で、しかも50分もあって、超お得heart04 …いや、値段の問題ではなく、この演奏、とてもよいです。なので、これからしばらくは流しっぱなしになりそう。。。

そうそう。なんとなく紹介しそびれていたこちらのCD。
昨年末に買って以来、未だにヘビー・ローテーション。寝る前にはたいがいこれをかけてます。→ 購入したときの記事

ブライアン・イーノの名曲“Music For Airports 1/1”を2種類のテンポで演奏しているのですが、原曲(テンポ83)よりゆっくり演奏された方(テンポ58)がすごく心地よくて、体も心も本当にゆったりできるのです。

この「テンポ58」、ライナーノーツ(←なんだか懐かしい言葉)によると、片岡慎介氏の提唱した「絶対テンポ・月のテンポ116」の半分、ということなのだそうですが…ご存知の方、いらっしゃいますか?
私はこの理論についてはまったく知らないのですけれど、牧野さんご自身が、「遅いテンポの方がよりボウル同士の共鳴感が良いことを実感した」と感じられたとおり、聴き比べてみると、たしかに遅い方が体にも心にもすーっと入ってくるし、なにより呼吸が深くなります。

参考:こちらで試聴できます。
くりすたり庵

« 『原発に頼らない社会へ』 | トップページ | お弁当の本 »

セラピー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

クリスタルボールのムックを本屋さんで見つけたので買ってみました。
1曲が長くて、かなり堪能できます。
クリスタルボールの音って初めて聞いたかも…。
寝る前に聞くようにしています、まだ効果はわかりませんが、若干、寝付きがいいかも??

notesたにかわさん
おお、買われましたかshine
しかし、初めてというのは意外でした。
ゆっくり深く眠れるとよいですね。^^

牧野さんは、増上寺で演奏会をされているようなので
いつか聴きに行ってみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『原発に頼らない社会へ』 | トップページ | お弁当の本 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト