« 沖縄本あれこれ -その2- | トップページ | 原発のこと、あれこれ »

鬼のかく乱(本格編)

いや~、連休が終わったとたんに体調を崩し、おととい水曜日はついにお昼で早退。例によって、理事長が芸能通のいつもの病院へ。→ 去年の記事

昨日は外部セミナー聴講だったので7時間拘束crying…。どうにかこうにか耐えたものの、そのせいかどうか熱まで出てしまい、本日はあえなくお休みをいただきましたsweat02
ただの風邪(のはず)なんで、たいしたことはないと思い、週の前半はいつもの市販薬でしのいでいたのですが、それでも、ときどき咳き込むのがツラかったですsweat01(きっと周りもツラかったにちがいない、、、)

さて、そんなこんな時間ができたおかげで、原発関係の本が読めるのがうれしいな、と…。coldsweats01
鎌田慧さんの『原発列島を行く』 ―― 前にいちど、書名は紹介していますね。その後ほどなくして届いたので、けっきょくこれから読み始め、つい先日読み終えたところです。

日本各地の原子力発電所について、電力会社が土地を取得するところから、地元の反対&賛成の動きまでが詳細に書かれていますが…いやー、お金のばらまき方が半端じゃないですね。これをやめるだけでも、東電は充分賠償できるのではないでしょうか。A^^;

それにしても、私がいま住んでいる街の不動産屋の名前まで登場して、驚きました。ある島で用地取得に動いていた会社と関わりがあったらしいのです。
それと、とあるハーブガーデンが、じつは原発用地候補だった話とか、要するに、大規模な土地が何者かによって取得されていくと、ロクなことにならないということでしょうか。gawk

今回震災に遭った福島第一、第二原発については、「突出する被曝労働者数」と紹介されています。数ある原発の中でも、とりわけ福島は労働環境が悪かったそうです。復旧に当たっている人たちの状況を見ても、それは垣間見ることができる気がします。

あとがきに「被曝者を日常的に産みだす労働とは、はたして社会的に許されるべきであろうか」とあったのが重く響きました。

ただ、データが若干古いことが、唯一の難点でした。「2011年4月13日 第二刷発行」であっても、内容は2001年初版発行時のままですから。つまり、この本が出た当時はまだ「建設中」だったものが、今はしっかり稼働しているとか、逆に稼働中だったものが「停止中」だったり。

…ってことで、次に読み始めたのが、『新潮45別冊 日本の原発 2011年 05月号』です。これには最新データが入ってます。また、原発ごとの沿革(事故等も含め)、特徴なども分かりやすく表にまとまっています。

« 沖縄本あれこれ -その2- | トップページ | 原発のこと、あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ここの処お天気や気温の変化がはげしくて、私は2日ばかり全く寝られなくなってしまいました。
週末ゆっくり休んでくださいね。お大事に。

catまりぼんさん

眠れないのはツライですよねsweat02
もしかしてまりぼんさんも微熱ですか?
土日ゆっくり休んでくださいね。
お互いお大事に…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄本あれこれ -その2- | トップページ | 原発のこと、あれこれ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト