« 原発のこと、あれこれ | トップページ | やっと読み終わった。。。 »

『原発労働記』

下の記事でも紹介 した『原発と地震-柏崎刈羽「震度7」の警告』も、あと残り5分の1ぐらいなんですが、また浮気しちゃって、途中から読み始めた『原発労働記』があまりに面白くて(ってか恐くて)やめられず、先を越してしまいそうな勢い。。。

これ、30年ほど前に出版された『原発ジプシー』の(文庫版の)復刊本で、最後に著者のごく最近のコメントが加えられています。

ただ・・・よく分からないのが、私が読み進めている間に、今度は最初に出た単行本(つまり文庫になる前)の『原発ジプシー』も復刊になるそうで、それがこちら(→)です。まぁ確かに、単行本と文庫本で出版社は違うんですけど、中身がどう違うのかは・・・???です。

で、肝心の中身ですが、美浜・福島第一・敦賀と3か所の原発で実際に働いた著者が、その経験を克明につづっています。時代も時代だったとはいえ、ホントにひどい労働で、はっきり言って、人としての扱いを受けていません。仲介業者のピンハネも想像以上だし、労働者だけでなく、環境に対しても、やっぱりトンデモないことしています。

今も似たような状況なんだろうということが想像できてしまうから(いくら「破れ鍋に綴じ蓋」であるにしても)、余計にこういう業界がいつまでも幅を利かせているってのはどうなのよ、と思ってしまいます。

っていうか、都民として、そういうさまざまな形での負担を、地方や社会的弱者(という言い方が適当かどうか分かりませんが)に押しつけておいて、知らないふりして生活するのは人間としてダメなんじゃないかと思う。sad

やっぱり原発以外の道を考えるべきだと思うなぁ。

« 原発のこと、あれこれ | トップページ | やっと読み終わった。。。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発のこと、あれこれ | トップページ | やっと読み終わった。。。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト