« 念願のオステオパシー -その1- | トップページ | 最近読んでいる本のことなど -その2- »

念願のオステオパシー -その2-

つづきです。

私がオステオパシーの存在を知ったのは、アンドルー・ワイル 博士の本だったと思いますが、ソフトカイロの学校に通っていた頃にも当然、何度も耳にしました。肺呼吸とは別に、後頭骨と仙骨が連動して“呼吸”を行っているという話もその頃に聞きました。(このあたりの話は、「頭蓋・仙骨呼吸」「第一次呼吸」とかで検索してみてください。)

左に挙げた『いのちの輝き』という本は、そのワイル博士が絶賛していたオステオパス、フルフォード博士の著書です。私が読んだのは2004年なので、もう7年も前になりますね。ワイル博士の本を最初に読んだのはそれよりさらに6~7年さかのぼるのですが、その間はどちらかというと『オステオパシーとは何か』みたいな、もっと直接的な本ばかりを読んでいまして、自分にも習うことができるだろうか、なんてことを考えていました。(結局は費用の面で断念したのですが)

じつは、アロマ、リフレの勉強をしていた頃に、代替療法5種類についてレポートを書く課題がありました。オステオパシーはそのときに選んだ中のひとつでもあったので、まぁだいたいどんなことをするか、どういった症状に有効か、といったあたりは分かっていたつもりです。なので今回は、特に迷うこともなく、むしろ「これは絶対にオステオパシーだろう」という確信めいたものがありました。

さて、前置きが非常に長くなりましたが、今回受けてみた感想やらその後の状態などを書いてみます。

まぁそんなわけで、かなり前から私の中で密かに大きな存在であったオステオパシー。
問題は、どこの治療院を選ぶか、ということだけでした。

マイミクさんがつい最近行かれたという話を読んだので、どこだか教えてももらいましたが、わたし的に少々遠かったので、けっきょくはネットで検索しました。たしか「オステオパシー 世田谷」とか、そんな感じだったと思います。

で、ヒットしたのはこちら。
用賀治療院・世田谷オステオパシーセンター

結果はヒトコトで言うと「当たり」でした。先生とても上手です。^^
オステオパシーを広めたいと思っていらっしゃるようで、面白いのは以下の記載(HPより)。

※通常、初診時は
 初診料(2,000円)+治療費
 なのですが、このホームページを見てくださった方は
 1.治療法である「オステオパシー」の名前を覚えていただき、
 2.またお帰りの際に私の治療院のチラシを持って帰っていただければ
 初診料(2000円)の方は無料にさせていただきます。
 つまりこの場合、初回から治療費のみになります。

実際この通りになったのですが、私、最初から「オステオパシー」の名前を覚えているのに、よいのかしらsweat01 ってな感じでした。

でね、整形外科では腰椎のことを言われましたが、こちらの先生いわく、どちらかというと骨盤の動きが硬くなっていたので、それをほぐしたとのこと。
私はというと、ここ1ヶ月半というもの、まっすぐ立ってもどこか重心がずれているというか、身体の(どこだか分からないのだけれど)どこかに変な力が入っていて、どうにもまっすぐ立っている気がしない、という状態でしたが、そんな違和感が、ゆうべ以来すっかりなくなりました。そして、もちろん大腿部前面の痛みも治まっています。

施術方法にはいろいろある(と思う)のですが、カイロみたいにボキボキしないし(というのもじつは誤解で、最近はボキボキやらないカイロもあるし、むしろそういう方が主流という気がするんですけど…)、ストレッチとじわじわ~っとした押圧で、気持ちよくバランスが整っていきます。

今週中には薬も切れるので、そのあとどうなるか・・・ちょっと楽しみです(すでに来週も予約してある)。

« 念願のオステオパシー -その1- | トップページ | 最近読んでいる本のことなど -その2- »

セラピー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 念願のオステオパシー -その1- | トップページ | 最近読んでいる本のことなど -その2- »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト