« さすが満月・・・ | トップページ | じわじわと来る・・・ »

絹の道(浜街道・神奈川往還)を歩く・その3

20110123a町田~鶴ヶ峰 まで、約12kmを歩きました。(詳細は → こちら

見どころはほかにもあったものの、やっぱりいちばん興味を惹かれたのは水路橋でした。
相模原に住んでいた頃、「水道道(すいどうみち)」というのがあって、「横浜までつながっている」ということは聞いていましたが、これがその端っこだったのね…という水路を上からと下からと見ました。

20110123b 20110123c

20110123f 20110123g

(左下)こういう形の橋を「トレッスル橋」というのだそうです。

20110123d20110123e

(右上)古道を歩いているというのに、元・暗渠の師匠としては、ついこんなものに目を奪われたりもしました。

さて、他の写真もアップできたらしますね。
と言いつつ、「仮アップ」のままになっているものがいくつもあるわけですが・・・gawk

« さすが満月・・・ | トップページ | じわじわと来る・・・ »

散歩・街歩き」カテゴリの記事

コメント

みごとな空中暗渠ですね。(暗渠たあ言わないか‥‥)

それにしても見るからに頑丈そうな構造で、ふと思い出したのが余部鉄橋です。
いえ、鉄道にはちっとも詳しくないんですが、強風で列車が転落するという事故のニュースがあまりに衝撃的で。

cat庵魚堂さま
余部鉄橋は、現地でも話に出てました。
なんたって「鉄」の人がたくさんいますからcatface
事故についてはテレビとかで見ていたはずなのに、
不思議なことに映像が頭に浮かばないのです。
それでネットで調べていたのですが、直下の人たちは
ふだんからさまざまな落下物で苦しんでらしたという
思いもかけない事実を知りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さすが満月・・・ | トップページ | じわじわと来る・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト