« 大阪旅行記 その5 | トップページ | 『いるのにいない日曜日』 »

「友だち」と「仲間」

100813_1先週の金曜日、エクセル研修(応用編)を受講しました。先月受けた基礎編に続いて今回は2回目。場所はいずれも四ツ谷でした。
さすがお盆の真っただ中、電車も空いていたし、お昼を食べたタリーズもガラガラ・・・。そして、講座はなんとマンツーマンでございましたflair
基礎編は7割がた分かっていた内容でしたが、今回は2割程度だったかしら。なので、私のペースで進んでもらえて超ラッキ~heart04
でも、そんなわけで、帰ってからのおさらいが重要…なんだけど、まだ終わり切っていません。ってか、仕事でじっさい使って行く中で定着していくのでしょうね。

100813_2

そして、夜は渋谷の さんるーむ で秘密の会合catface
かつていっしょに勉強した仲間と、約2年ぶりの再会でした。詳しいことはここには書けませんが、お互いの無事を確認しあって(って大阪でも似たようなことしてきたなぁ、、sweat01)別れました。

でね、帰ってきてずっと頭にあるのが、「友だち」と「仲間」の違いについてです。

100814_1

先日ご紹介した『ツキの正体』にも、そういうくだりがあり、この著者の方は「私には友達がいません」「仲間はたくさんいます」と書かれているのです。
読んだそのときは、なんだかちっともピンとこなかったのですが、今回かつての勉強仲間と会って以降、ようやく分かるようになりました。
苦労していっしょに勉強した仲間は、あくまで「仲間」であり、やっぱり「友だち」とは違います。

100814_2 ってことに気づいてしまうと、「じゃあ、この人は?」「あの人は?」と、選別するわけではないですが、つい考えたくなってしまいます。かといって、仲間だから、友だちだから「どう」、ってわけでもないのですけれど。

さて、今日の写真は「食」系ばかりですが・・・sweat01

最初の2枚は「さんるーむ」、次の2枚は、「世田谷珈琲游(せたがやこーひーや) 祖師ヶ谷大蔵店」(←ほかに店舗があるとは知らなかった)、そして、最後の2枚は「フォルクス 上野毛店」でございます。

100815_1

100815_2

珍しいことに、今月は無性にお肉が食べたくて、今日はわざわざそれだけのために出かけました。
行きはバスで、バス停より10分ほど歩いて到着。帰りは…家まで歩いちゃいました。はははsweat01 でも、歩数は1万ちょっとだったので、たいした距離ではありません。

しかし、今月もエンゲル係数が高くなりそうだなぁ。。。sad

« 大阪旅行記 その5 | トップページ | 『いるのにいない日曜日』 »

おいしいもの」カテゴリの記事

散歩・街歩き」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「友達」「仲間」・・・
よくわかります、言いたいことが(笑)
自分から見て、あいまいな境界線の人もいますが
なんとなく分類できますよね。

yachtシュガーさま

わかってもらえました?(笑)

うん、確かに「あいまいな境界線の人」もいますね。
シュガーさんと私も、両者の混合だという気がしますが、
いかがでしょう。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪旅行記 その5 | トップページ | 『いるのにいない日曜日』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト