« キンギョバチ | トップページ | 500個の風鈴の音を聴いてきました! »

ビタミンK不投与

20100709

今日のうり坊。
この子は庵魚堂さんちの ういちゃんと同じく、異常によく動くので、なかなか写真が撮れませんsweat02
が、さすがに夕方ともなると、もうすっかり おやすみモードなので、動きも緩慢になります。
…ってことで、ようやく撮れた写真。シマリスは、三角にとんがったお鼻と、目の周りの白いふちどりがとってもラブリ~heart01です。

さて、助産師が、自分が出産を担当した赤ちゃんに、ビタミンKを投与しない代わりに「自然治癒力を促す錠剤」を与え、赤ちゃんを死なせてしまったという事件がありました。

「自然治癒力を促す錠剤」とか「自然療法の普及に取り組む団体に所属」など、なんだか妙に曖昧な書かれ方をしていて、「何これ?」って最初はとても不自然な印象を受けました。でも、読み進んでいくうち、以下のような記述が見られ…あ~、分かっちゃった~。despair

助産師が所属する団体は「自らの力で治癒に導く自然療法」をうたい、錠剤について「植物や鉱物などを希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの。適合すれば自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かう」と説明している。

うむむ…分かっちゃう人には分かってしまいますよね、これ。A^^;
でもさぁ、せっかくの良いものが、こんな使われ方をしてしまう(=人がひとり亡くなって、ニュースにまでなってしまう)ってのは、真面目に取り組んでちゃんと結果を出している人たちにとっては、ほんと迷惑な話ですよね。shock
アヤシイ宗教とかといっしょにされて、規制が厳しくなったりしないとよいのですが…。

ただ逆に、療法や団体の名称が公表されなかったのは、この療法を使っている医師たちの申し入れがあった…つまり、良い意味での圧力がかかったりしたのかなぁ、などと勝手に推測したりしているのですが、どうなんでしょう。。。

以下がそのニュース全文。

7月9日9時59分配信 YOMIURI ONLINE

山口市の助産師(43)が、出産を担当した同市の女児に、厚生労働省が指針で与えるよう促しているビタミンKを与えず、代わりに「自然治癒力を促す」という錠剤を与え、この女児は生後2か月で死亡していたことが分かった。

 助産師は自然療法の普及に取り組む団体に所属しており、錠剤はこの団体が推奨するものだった。母親(33)は助産師を相手取り、約5640万円の損害賠償訴訟を山口地裁に起こした。

 母親らによると、女児は昨年8月3日に自宅で生まれ、母乳のみで育てたが、生後約1か月頃に嘔吐(おうと)し、山口県宇部市の病院でビタミンK欠乏性出血症と診断され、10月16日に呼吸不全で死亡した。

 新生児や乳児は血液凝固を補助するビタミンKを十分生成できないことがあるため、厚労省は出生直後と生後1週間、同1か月の計3回、ビタミンKを経口投与するよう指針で促し、特に母乳で育てる場合は発症の危険が高いため投与は必須としている。

 しかし、母親によると、助産師は最初の2回、ビタミンKを投与せずに錠剤を与え、母親にこれを伝えていなかった。3回目の時に「ビタミンKの代わりに(錠剤を)飲ませる」と説明したという。

 助産師が所属する団体は「自らの力で治癒に導く自然療法」をうたい、錠剤について「植物や鉱物などを希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの。適合すれば自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かう」と説明している。日本助産師会(東京)によると、助産師はビタミンKを投与しなかったことを認めているという。助産師は読売新聞の取材に対し、「今回のことは何も話せない。今は助産師の活動を自粛している」としている。

 ◆ビタミンK欠乏性出血症=血液凝固因子をつくるビタミンKが不足して頭蓋(ずがい)内や消化管に出血を起こす病気。母乳はビタミンKの含有量が少ない場合がある。

« キンギョバチ | トップページ | 500個の風鈴の音を聴いてきました! »

シマリス」カテゴリの記事

セラピー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
お久しぶりです。
私も今日昼休み中に記事を読みました。
はい、分かっちゃいました~despair
こんな風に使用されているとは知りませんでした。
本当、今後どうなることでしょうか。。。


うちにもいくつかありますよ、この種類。

毎年使うのは 花粉の時。
私としては効力がある気がしますが、
相方はダメみたいです。

hospitalnishitomoさん

同業者…ってわけではないですが、周辺領域で働いていると、すぐに分かってしまいますよね。
しかし、薬事法が改正されて、(売る方も買う方も)いろいろタイヘンな状況になっているというのに、また影響が出ないとよいですね。

hospitalたにかわさん

この手の療法はよく、信じていない人にも効果があると言われますが、少しでもエネルギーに敏感な方が効くと思うし、分かって使う方が効果あるような気がします。
一種のプラシーボなんでしょうが、私はプラシーボ肯定派で、とにかく治ればいいじゃないかと思うクチです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キンギョバチ | トップページ | 500個の風鈴の音を聴いてきました! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト