« 気晴らし | トップページ | 暗渠イベント »

「電話は暴力だ」

10数年前、よく私はそう言っていました。
実をいうとこれは相当前から思っていたことで、ここ数年は忘れていたんですが、それをまた最近思い出しています。

 「電話は暴力だ」

「ふた仕事」終えて帰ってきて、いきなり鳴る電話、忙しくて時間のやりくりに必死になっているときの電話は、本当にツライです。sweat02
メールだったら自分の好きな時間に読んで、都合のよいときに返信すれば済みますが、電話はそうはいきません。
強制的に作業は中断するし、切ってから続きを…と思っても、集中力が途絶えてしまえば、それもできなくなります。
なにより、電話によって消費された時間は、必ずどこかにしわ寄せがきます。多くは睡眠時間を削ることになるわけですが、そのやり繰りにまたさらに消耗するし、身体も非常にきつい。weep

 「出なきゃいいじゃないか」

という考え方もあります。また、出てもすぐに切る、という方法もあるでしょう。
でも、それができないときというのもあるわけで・・・って、もっと私が自分の意志をしっかり通せばよいというだけなんですけど。

そういえば昔、「メールの方が暴力だ」と言ってる友人もいました。
電話は出なければよいけど、メールは見たくなくても目に入ってきてしまう、という理由だったと思います。

私の好きな中島義道も、「暴力」についてはいろんなことを書いていますが、こんなとこでこんなことを書いている私も私で、この記事の内容は、当の相手にとっては充分「暴力」だと思いますよ。

ただ、こうでもしないと今の自分を支えきれません。

« 気晴らし | トップページ | 暗渠イベント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

分かる気が・・
電話ほど空気を読めないものもないと思います

以前アロマを習っていた時の先生が、いつ何時どんなことが起こるか分からないから、もらったメールは裁判の証拠になるように全てバックアップにとってあるの、と言っていました

その時は背筋が寒くなった上に、アロマの世界ってこういうおかしな人ばっかりなのかな・・・とひきかけたものでした

★腹切ったyukiさま

「空気読めない」で思い出したけど、メールはメールで、相手がすぐそばにいないだけ(反応が見えないから)自己満足や自己主張もりもりに終わってしまうことがありますね。
特に夜中のメールには要注意です。私自身も経験あるけど、自分の思いだけでいっぱいになってしまって、翌朝読み返すと恥ずかしくてしょうがない、という結果に陥りがちsweat01

まー、自分自身をモニターするのって、なかなか難しいですよね。

ところで、そのアロマの先生。
危機管理ができているといえば聞こえはよいですが…日々そんなこと考えて暮らしているかと思うと、なんだか哀しいですねsweat02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気晴らし | トップページ | 暗渠イベント »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト