« ローズマリーとラム肉 | トップページ | 気晴らし »

筑波街道ウォーク(2/14)

20100214_0 バレンタインの日に、またまた旧街道を歩いてきました。このグループへの参加は5回目・・・かな?
左の写真は常磐線車中から撮ったもの。地面から湯気のようなものが立ち上っています。とても幻想的な風景でした。

さて、今回は筑波街道ということで、集合場所は土浦駅。そこからバスで土浦一高まで行き、ウォーク開始です。

20100214_1 土浦一高(茨城県立土浦第一高等学校)は、1897年に設立された旧制中学が前身。非常に由緒ある学校です。
右の写真は校舎の一部なんですが、国の重要文化財に指定されています。素敵ですよね。
ちなみにこの建物は、部室として使われているそうです。なんてゼイタクな…!!!(うらやましい~heart01

20100214_6 こちらは筑波鉄道廃線跡。
今は整備されて「つくばりんりんロード」という自転車道路となっていますが、ところどころ駅のホームだったところがこうして残っています。

なかなか味があっていいでしょ。

20100214_9c 今回は筑波街道全体のほぼ半分くらいを歩きましたが、ルート全体を通して多かったのが、異常に大きな農家…豪農というやつです。
これお寺じゃないの!?sweat01 というぐらい大きな家があちこちにありました。

こうして古い家を大事にして、いつまでも住み続けるって素敵なことだなー。(冬は寒いと思うけど、、、)

参考:
筑波街道ウォーク2010

« ローズマリーとラム肉 | トップページ | 気晴らし »

散歩・街歩き」カテゴリの記事

コメント

まあ、偶然私も歩いていました(こらこら)

後半駆け足で「ええ!?」な所も有りましたが、
TXで更に便利になったけど、なかなか行けない筑波は、やはり行って良かったです。
土浦一高の校舎は素敵でしたねheart04。卒業生が羨ましかったです。私は主に大きな家の瓦の中の家紋と瓦のカーブした部分(判りますか?)にたまに模様が施されていたのを中心に観察しながら歩いていましたが、写真はマンホール中心と・・・・・bleah。なかなか他所の家はうさぎねこさん位の距離からなら撮れますが、ばっちりそこの家が何さんか判ってしまう家紋などは撮りにくかったです。

大きな家・・・寒くてもいいからちょっと住んでみたい(^^)

おおおおおお
筑波って、こんなに渋さをかもし出す土地だったんですね・・

道にホームが残っているというのも素敵ですね
子供たちがジャンプしながら鬼ごっこしたり、そんな風景が目に浮かぶようです

高低差って、なぜか燃えるんですよねw

★まりぼんさま

日曜日はお疲れさまでした。
私がこれまで参加した中では、いちばん無駄なく(?)歩いた日だった気がします。だって、いつももっと寄り道が多いし、たいてい皆さん途中で“買い食い”とかしてますもんねcoldsweats01

マンホール、私も目をつけてましたよ。
宇宙っぽいデザインは、さすが茨城だなぁと思いました。
あと、家紋や名前の入った瓦(あれは「鬼瓦」とは言わないのでしょうか)も面白かったです。…って、珍しいものではないのかもしれませんが、今までそんなに意識して見たことがなかったので、ほとんど気づいていませんでした。

★Bakeさん

たしかに…。
迷うぐらい広い家だったりしたら、迷路みたいで楽しそう。
自分の部屋までたどり着けずに、疲れてその辺の部屋で寝ちゃったりして。(←ないない)

★腹切ったyukiさま

えーーーーっ
あなたも「高低差」ファンだったの~!?sweat01
なんか私の周りには、そういう人が集まるよ。。
私は暗渠も好きだけど、階段や坂も大好きなんです。
つくばだけでなく、東京もじつは平坦に見えて
意外と起伏に富んだ土地なので、歩くと楽しいよんheart01

p.s.
「ブラタモリ」見てます?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ローズマリーとラム肉 | トップページ | 気晴らし »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト