« お昼の密かな楽しみ♪ | トップページ | ふたたび『続ける力』 »

おすすめタロットの本 など

その筋では有名な、魔女の家BOOKSから出ている『タロット教科書』なんですが、私はいきなり第2巻を購入。
というのも、たくさんのスプレッド(展開法=並べ方、占い方)が載っていると聞いたからです。

確かにたくさん載っていて、全部を試してみるには、それなりに時間がかかりそうsweat01
実際にそうたくさんのスプレッドを使うことはないと思いますが、いろいろ試してみて、自分にいちばん合っている方法を見つけたいというのもあるし、いろんな楽しみ方を知っている方が、人にも紹介しやすいということもあり、ちょっと知りたかったんですよね。

ちなみに、カード1枚1枚の意味を知りたい人には、藤森緑さんの「ルーンリーディング」やイーデン・グレイの「皆伝タロット」(だったかな?)あたりが良いのではないかと思います。

ところで…

職場で最近、いろんな人から生年月日などを聞き出して、紫薇斗数のサンプル・リーディングをさせていただいています。
といっても、先日も書いたように、お昼休みは45分しかないため、鑑定はもっぱら「文字」です。ふつうだったら「メール鑑定」ということになるのでしょうが、当人たちとは直接会っているため、A4の紙に打ち出して渡し、ちょっと補足で喋るという形式をとっています。

・・・とはいえ、紫薇斗数では、まだまだ喋れないなぁ、私。なんででしょうsweat02
ルーンだと、文字から意味がすぐに浮かび、さらにそれを膨らませて、その方に合ったメッセージを伝えることができるのに、紫薇斗数だと、調べながら文章にまとめることはできても、本人の前で直接リーディング、というのができません。覚えきっていないせいなのかなぁ???

なんてことをしつつ、タロットの方は、大アルカナを終えたところで、しばらくお休みすることにしました(勉強会ね)。家庭教師が土曜日に変更になったこともありますが、なにしろ時間的余裕(ひいては精神的余裕)がなさすぎるsweat01sweat01sweat01
なので、ちょっと態勢を整えて、小アルカナから再開することにしました。それまでの間、せいぜい大アルカナに馴染んでおこうと思います。

« お昼の密かな楽しみ♪ | トップページ | ふたたび『続ける力』 »

占い」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お昼の密かな楽しみ♪ | トップページ | ふたたび『続ける力』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト