« 「副業」ではなく「複業」-補足- | トップページ | 私にとっては、同じようなもの »

教材の仕入れ(4/18)

20090418_1ソメイヨシノが終わり、今度は八重桜が真っ盛りですheart01

さて、一部のヒトには知られている教科書販売会社まで、教材類の仕入れに行ってまいりました。ここは、教科書以外に塾用教材も一部取り扱っています。

ふつう塾教材というのは、個人のお客(父兄とか)には売ってくれないものなのですが、ここはそもそも教科書を売っている会社のせいか、一般の人でもふつうに買えちゃいます。なので、私みたいな塾関係の人間ばかりではなく、受験生をお持ちのお母さま方らしき人たちも、たくさん買いに来ているような店です。

20090418_2 私のお目当ては今回、主に新年度用の教科書でした。
数年の間にカリキュラム等もすっかり変わってしまっているので、今年前半のうちに内容を把握して、後半の受験期に備えたいなぁ、と思ったんですよね。あと、もちろん学校の授業の補習をするにあたっても、内容の把握は必須ですからね。

書棚を物色していくだけでも、いろいろな情報が得られて面白かったです。

「国語表現」 ― じつを言うと、私には未知の領域でした。各社から出ている教科書を見比べると、それぞれ特色のあることが分かります。堅実に有名作家の文芸作品や評論ばかり扱っている教科書もあれば、ディベートなどみんなの前で発言することに重点を置いている教科書もあります。今回私が購入したのは、インタビューの技術、電話やメールなどでの相手に配慮した表現、学校紹介のパンフレットやホームページを作るなど、比較的実生活に応用の利く内容を中心に構成された教科書でした。

「現代社会」 ― これもじつは、ほとんど未知の領域。中学生の地理、歴史、公民はほぼ内容を把握しているのですが、現代社会についてはまぁ教える機会もなかったもので・・・(^^ゞ ネットで調べてみたら、「現代社会」と「政治経済」、「倫理社会」を合わせて「公民科」と呼ぶそうですね。
要は、“現代社会”の課題に力点を置いた内容なわけですが、たとえば地球温暖化などの環境問題、臓器移植、偏見・差別の問題、高度情報社会の問題点、少子高齢社会を考える、社会保障制度など、非常に多岐に渡ります。
とりあえず、現代社会の抱える問題点について、ダイジェスト的に把握することはできるかな、といった内容です。

「地歴高等地図」というものを購入してみました。副題には「現代世界とその歴史的背景」とついています。地図帳ではあるのですが、過去に何か事件のあったところや、歴史的に重要な土地についてはその説明が加えられています。

20090418_3ってな感じで、自分用に数冊の教科書を、そして、寺子屋で使う塾用教材を購入して帰ってきました。
いやしかし、このお店、じつはとても“教科書”にはふさわしくない場所に位置しています。(右の写真がその証拠です。)

被写体としては、非常にそそられる街なんですけどね。A^^;

« 「副業」ではなく「複業」-補足- | トップページ | 私にとっては、同じようなもの »

塾関係」カテゴリの記事

散歩・街歩き」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/44709046

この記事へのトラックバック一覧です: 教材の仕入れ(4/18):

« 「副業」ではなく「複業」-補足- | トップページ | 私にとっては、同じようなもの »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト