« 桜のはしご(「東京の桜」改題) | トップページ | 久々の旧街道ウォーク(4/5) »

タロットが始まりました♪(4/4)

20090409この時期は、つい似たような写真をアップしてしまいます。(^^ゞ
ちなみに、今はもうこんなには咲いていません。いちばん盛りだったときの写真ですが、こういう画(え)を見ると、やっぱり「桜の樹の下には・・・」って思っちゃいますよね。
それと、もひとつ思い出すのが志村ふくみさんという染織家の文章。なんですが、本題から外れるので、これはまたの機会に。^^

さて、手相の勉強会が終わり、今月からはタロットとなりました。
初回はまず、大アルカナ22枚(*後述)のうち、最初の8枚をそれぞれ解説してもらい、2枚で占う場合、3枚で占う場合も含め、どんなふうに占っていくかを、参加者をモデルにして実際に見せていただきました。

占いというのは、単なる知識だけでできるものではなく、解釈の方法、話の組み立て方など、実際に見てみないことには分からないことがたくさんあります。
もっとも、解釈の仕方は人それぞれ、十人十色なので、絶対の方法というのはありません。でも、いろんな人の鑑定(リーディング)を見たり聞いたりすることは、やはりすごく勉強になります。特に、私のようにタロット初心者にとっては、「あ、こんなふうな流れでやっていくんだ~」という、ひとつのモデルケースとして大変参考になりますheart04

ルーンを習ったときにも感じましたが、直接お話をうかがうというのは、本からは得られない「行間」の部分も感じ取れて、非常に有意義な時間です。
久しぶりに「面授(もしくは面受)」という言葉を思い出しました。

*大アルカナについて・・・タロットカードは全部で78枚。そのうち、「太陽」「法王」「正義」など重要な意味を持った22枚を「大アルカナ」といい、それ以外の56枚を「小アルカナ」と言います。通常は78枚で占いますが、22枚だけで占うことも可能です。ちなみに、最初のうちは22枚で練習することが多いです。

« 桜のはしご(「東京の桜」改題) | トップページ | 久々の旧街道ウォーク(4/5) »

占い」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タロットもなさるのですね!
絵柄も楽しめるし、占っていただく方により
随分雰囲気もかわりますよね。

昨日、tipiさん(あまねさん)の個展に行ってきました。heart02
小さな天使をひとり連れて帰りましたよ^^。
会場付近の国立の駅前は通りが桜並木になっていて
とても綺麗でした。

わたしも、またしても桜を写してしまいましたよ^^;。

★kaoruさん

タロットはまだ勉強し始めたばかりですsweat01
興味は前からあって、カードと本は持っていたのですが、ルーンの方が先に馴染んでしまいました。でも、そのおかげで今回、タロットにもスムーズに入っていけてる気がします。

国立も久しく行ってないな~。
桜並木、いいですよね~。cherryblossomcherryblossomcherryblossom

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/44568042

この記事へのトラックバック一覧です: タロットが始まりました♪(4/4):

« 桜のはしご(「東京の桜」改題) | トップページ | 久々の旧街道ウォーク(4/5) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト