« ヘイコウドクショヘキ(併行読書癖) -1- | トップページ | いただきもの♪ »

ヘイコウドクショヘキ(併行読書癖) -2-

アロマセラピーに関しては、以前はもっぱら成分中心に書かれた本を読んでいました。
その途中で、たとえば、ガブリエル・モージェイの『スピリットとアロマセラピー』や、ジュリア・ローレスの『心を癒すアロマテラピー』(いずれもフレングランスジャーナル社)など、少しメンタル系に偏った本を読んでいたのですが・・・
このパトリシア・デーヴィスの『サトル・アロマテラピー』は、もう完全にスピリチュアル系。精油のエネルギー的な作用について解説した本です。レイキや占い、サイキックマッサージやエサレン・ボディワークなどに活かすには、こういう考え方の方が大切だと思ったので、ずいぶん前から読みたかったんですよね。

でもこれ、以前は別の方の翻訳で、違う出版社から出ていたのがいつしか絶版になっていて、えらい高値で古書が流通していました。なので、原書以外で手に入れるのは至難の業だったんですが、ようやく最近になって再版されたので購入♪(洋書は手に入れていたのですが、なにせ読むのに時間がかかるので、なかなか、、、sweat02

「バイブレーション(波動)・ヒーリング」というのは、今年の私のテーマかなぁ。フラワー・エッセンスに親しんでいるのもきっとそうだな・・・。
それにしても、「最も大切なのはヒーラーの人間性」という項があるのにはニヤニヤしちゃいました。やっぱりそうですよねぇ(笑)

さて、こちらは久々に瞑想の本。
おととしの夏、サイキックマッサージを習っていた頃には少々マイブーム(←死語)だった瞑想。しばらく離れていたのですが、ここ数か月、あまりに忙しくて地に足がついていない気がしたので、せめて夜寝る前にでも少し瞑想を復活させたいな、と思って買いました。

140ものテクニックを紹介しているので、日常いつでも気軽にできる瞑想があれこれ載っていて、とってもお買い得♪

しかし産調出版って最近すごいねsweat01
ここ数年で、急激に伸びていると思います(出版件数というか、売上というか・・・)。
まぁ、セラピーもある意味ブームとなっていて、受ける人より習いたい人の方が多い世の中なので、こういう系統の本は売れるでしょうね。
・・・なんて書きつつ、まんまとはまっている私でした、、(^^ゞ

« ヘイコウドクショヘキ(併行読書癖) -1- | トップページ | いただきもの♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/44304181

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイコウドクショヘキ(併行読書癖) -2-:

« ヘイコウドクショヘキ(併行読書癖) -1- | トップページ | いただきもの♪ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト