« 夕暮れ時 | トップページ | 定番野菜スープ、そして・・・ »

フラワーエッセンスその後 - その2 -

さて、前回 の続き。

…なんですが、2冊目の本を購入しちゃいました。(^^ゞ
前回ご紹介した本はもう何年も前に買ったもので、寺子屋のしもざき先生には、「通」とか「マニアック」みたいなことを言われましたが、当時はフラワーエッセンスの本ってまだそんなに出ていなかったし、あまり選択肢もなかったんですよ。でも、久しぶりに覗いてみたら、今はホントにいろいろ出ているのですね~。それだけ一般の人にも広まったということでしょう。
今回買った本は、写真もきれいだし、エッセンスの選び方なども分かりやすく書かれていて、とても使いやすいですshine

えっと、2本目のボトルの話からですね。
2本目は、初回のボトルを飲んだあとの変化についてお話をして、引き続き同じものにするか、それとも別のものを調合するか相談します。その結果、2本目は、ワイルドオート、ハニーサックル、ミムラスとなりました。
前回に習って、『バッチの花療法』を参考にしながら説明していきます。

とりあえず、これは自分の中でクリアできたかな、と思った部分に関するエッセンスは外して、本を読んでいてちょっと気になったものを入れてもらうことにしました。

具体的な不安材料がまだ残っていたこと、それに初回のボトルを取ると明らかに“不安”が消えることから、ミムラスは残しました。
次に、過去を懐かしむわけではないのですが、「あのとき、ああしておけばよかった」といった後悔みたいなもの・・・こういうのは本来の私からするとあり得ないというか、ほとんど感じることのない感情なのに、最近ときどき頭をもたげることが出てきていたのでハニーサックル。
そして、自分の方向性について、以前に比べるとなんとなく見えてきてはいるのですが、あとひと押し!と思ったので、ワイルドオートの助けを借りることにしました。

これが2本目のボトルだったのですが、使ってみた感想は前回も書いたように、ちょっと効きが弱かったというか、不安感がすぱっと消えなかったのです。しかも、クリアしたはずの症状(周りの人の空気や機嫌に影響される)がぶり返しているのを感じました。
ってことは、クリアしたと思ったのは錯覚で、どうやらエッセンスのおかげで気にならずに済んでいた、ということだったのでしょう。
そこで、ウォルナット再登場です。あとから追加してもらいました。^^

ということで、けっきょく今は、ワイルドオート、ハニーサックル、ミムラス、ウォルナットの入ったボトルを飲んでいます。初回のボトルより効き方は穏やかですが、やはり自分の奥底に静かな力が満ちているのを感じます。セッションを受けた直後、「何が起きてもへこまない感じがする」と書きましたが、今も同じような感覚があります。
ビジョンについても少しずつ的が絞れてきているように思います。少なくともこれはやりたくない(あるいは自分には必要ない)とか、これとこれを並行してやっていきたい、といった大まかなところはつかめてきました。

でも、とにかく今年のテーマは“Education”ですから、そこは踏み外さないように進んでいきたいと思っています。(^^)

« 夕暮れ時 | トップページ | 定番野菜スープ、そして・・・ »

セラピー」カテゴリの記事

フラワーエッセンス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

センセイおひさしぶりですribbon
ご無沙汰しておりすみませんm(_ _)m
私も「その1」で紹介されていた『バッチの花療法』数年前に購入し軽くだけ読んでました。
当時母の為に少しレメディを選んであげたくて読んだのですが、いつかもっと深く勉強したいなーなんてずっと思ってました。
私はレスキューしか飲んだことありませんが
出産前に飲んで助けられた気がしますdiamond

センセイの日記読んで
レメディってやっぱり不思議&すごいって思いましたsign03
私もセンセイが読んだ2冊目の本…
読んでみようかなぁ~flair

★やまもとひろみさん

わ~い、ひろみちゃん。お久しぶり~shine
プリンセスは日に日に大きくなるね~heart04
ひろみさんもすっかりお母さんらしくなって…。
そういえば、私がセッションをうけた寺子屋のしもざき先生も
ひろみさんなんですよ。^^

ところで、レメディはホントに不思議です。
波動とかって怪しがる人も多いけど、間違いなく効いてます。
いや、私がよく書いている野菜スープもいっしょだけど、
ものにはやっぱり持っているエネルギーというものがあって、
(あ、人もいっしょだね)
エネルギーってのは、その質や強さによって
周りにも影響を与えるのでしょうね。

2冊目は、ただ眺めているだけでもきれいで癒されますよheart04

こんにちは、先生の言われるように、バッチ博士は著書を残していませんが、「なんじ自身を癒せ」は何度も読んでいます。また私は「心を癒す花の療法」をノラ・ウィークスが書いていますが、バッチ博士の人生が描かれていて、レメディについては詳しくはないのですが、とても好きです。
先生もお勧めをまた更新して下さい!heart

★ふたごママさん

本のご紹介、どうもありがとうございます。
心に留めておきますね。
セラピーに限りませんが、なにか新しいことを考え出したり、
ひとつの流派を成した人の人生って面白いですよね。shine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/44043114

この記事へのトラックバック一覧です: フラワーエッセンスその後 - その2 -:

« 夕暮れ時 | トップページ | 定番野菜スープ、そして・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト