« 『文章のみがき方』 | トップページ | ギューフ♪ »

『すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉』

久しぶりに引っ張り出してきました。以前よく読んでいたルイーズ・ヘイです。1990年に翻訳された『ライフ・ヒーリング』と同じ内容ですが、翻訳者が違います。

ご存じない方のために少しご説明しますと、身体の不調と心の関係を、ちょっと深い視点から探った本です。心と体が関係あるというのは、今や当たり前の感覚だと思いますが、この方の場合、単に「心」だけではなく、潜在意識や魂の部分にまで踏み込んで、その関連性を説いているところが独特なんです。
(生い立ちが壮絶だけど、長くなるのでここでは割愛します。)

で、なぜ今この本なのか!?
それは、私のお腹のこのシツコイ症状はいったい何!?と思ったからです。(´ヘ`

便秘が「古い考えを手放せない」「過去にしがみついている」というのは分かりやすいですよね。いろんなものを捨てられなくて抱え込んでいる人はたくさんいますから、世の中に便秘がちの方が多いのも、うなずけるところです。

じゃあ下痢は・・・?って考えると、明らかに「早く捨てたい」わけですわねsweat01
この本には「恐れ。拒絶。逃避」と書いてありますが、私の中では「早く排出してしまいたい」という感じです。これは「拒絶」になるのでしょうか。それとも「逃避」なのかな。山風蠱(さんぷうこ)の続きのような気もします。
私の場合、生活や生き方を変えるときには一気に変えたがるクセがあり、古いものはさっさと捨てたい方なので・・・そーゆーことかもしれませんsweat01

そういえば、過去にさかのぼって自分の日記を読むと、ときどきあまりの表現のまずさに赤面しますね。それでも、昨日ご紹介した辰濃和男さんによれば、そういう不満や引け目こそが新しいものを生むエネルギーになるし、ばかはばかなりに、ヘタはヘタなりにしっかりと自分と向き合うことが、文章修業のひとつであるとのことでしたので・・・はい、しっかりと向き合います。A^^;

で、思い出したこと。
エネルギーがすべて入れ替わるのに2年ほどかかるという話。
1年ほど前に、やっと入れ替わったようだという話を書いていますが・・・そして、何度も何度も「抜けた」「抜けた」と書いていますが、そのたびにまた新たな混沌の中へ放り込まれております(汗)
山風蠱の教えにしたがって古いものを捨てたのは、ホントについ最近のことなので、このエネルギーが完全に入れ替わるにはまだしばらくかかるということですね。
先ばかり見ていると気が遠くなりそうなので、とりあえず、足元をしっかり見て、前に進みたいと思います。

« 『文章のみがき方』 | トップページ | ギューフ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/43234346

この記事へのトラックバック一覧です: 『すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉』:

« 『文章のみがき方』 | トップページ | ギューフ♪ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト