« シャンプーバー切り分け | トップページ | マクロビ -その2- »

マクロビ -その1-

以前から食べるのは大好きだったし、ときどき自分でもつくっていたマクロビメニューですが、今こんな本を読んでいます。

これまで「陰」とか「陽」とか言われても、なんとなくピンとこなかったのですが、この本では「からだを緩める力(陰)」と「引き締める力(陽)」という言葉で説明をしており、食物も同様に「からだを緩める食べ物」と「引き締める食べ物」に分類します。

で、大事なのは、ただただ玄米菜食を勧めるのではなく、ひとりひとりの体質や心身の状態に合わせて、その都度食べるものを選択していくという、考えてみたら当たり前のことが、とても分かりやすく書かれています。

ただ、これを読みながら、もうひとつ感じたのは、自分の体が発している小さなシグナルを見逃しさえしなければ、体はその都度、必要なものをきちんと教えてくれているということ。
自分に限って言えば、甘いものが食べられなくなってきているとか、かぼちゃやかぶが食べたいとか、パンではなくしっかりご飯が食べたいとか、今からすると、自分のコンディションにすごく合った欲求だったんだ、ということがよく分かりました。

(トリートメントで精油を選ぶときもそうなんですが)体や心は必要なものをよく分かっています。そんな「声」を聞きとる「耳」をつねに持っていたいな、と思う私です。

« シャンプーバー切り分け | トップページ | マクロビ -その2- »

おいしいもの」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シャンプーバー切り分け | トップページ | マクロビ -その2- »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト