« するすると紐はほどける | トップページ | 最近のハマりもの&セッションの質 »

サイキック・マッサージ -3-

20070727_1 今回、グループに参加するにあたって、私がいちばん心配していたのが、きちんと習得できるかどうか、ということでした。
だって、レイキにしたって、送れていることはわかっても、相手の体からヒビキを感じ取ることができなくてずっと悩んできましたから。

でも、参加者どうし組になって、お互いにチャクラのエナジーチェックをしたとき、終わってからお互いの感じたもの、見えたものなどをシェアしてみると、意外とちゃんと相手の状態に合っていたりして・・・半信半疑ながらも自分が感じ取ったことは間違いではなかったんだ、という手ごたえを感じて帰ってきました。

いま思うと、場の空気が特殊というか、ある種のエネルギーに満ちているので、ふだんできないことができてしまう、という側面もあったかと思います。ただ、私の場合はとにかくマインドの力が強すぎて、直観を打ち消してしまうことが往々にしてあるので、そのブロックが解けた、ということなのかもしれません。

で、このサイキック・マッサージ。
私がその考え方にとても共感しているのは、悪い部分を治すのではなく、その人の「意識の焦点を、別のものに向けなおす」というところ。

以下、『マスターズタッチ』からの引用です。
-------------------------
サイキックマッサージが人々に与える「助け」というのは、人々を変えることというよりも、すでに人々の内側にあって、変わることを必要としていない部分へと、人々の意識の焦点を向けなおすことです。
-------------------------

サロンを始めてから、かれこれ5年半ぐらいになりますが、後半・・・具体的に言うと、海のしずくスペシャルコースというメニューを始めてからは、私自身そのようなことを心がけてセッションしてきました。
つまり、端的に言って私は、「治そう」と思ってセッションをしていません。治すも治さないも、クライアント自身の選択、と思ってやっています。
妙な言い方になってしまいますが、その人にとって必要なコリ(痛み、不調と言い換えてもかまいません)というのもあるのだ、ということがわかったからです。
不健康な習慣なども、今はその人に必要なことなのだ、と思えるようになったからです。

そんな私に、このサイキックマッサージはすーっと入ってきました。しばらく探究してみます。

« するすると紐はほどける | トップページ | 最近のハマりもの&セッションの質 »

セラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« するすると紐はほどける | トップページ | 最近のハマりもの&セッションの質 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト