« 新聞社の電話調査 | トップページ | するすると紐はほどける »

サイキック・マッサージ -2-

20061107_1*前回の記事は こちら です。

初日。会場に着くと、いきなり大音量で音楽が鳴っていて、踊っている人が数人。
最初は本気で場違いなところへ来てしまったかと思いました。A^^;

でも、みんな自分のことにしか興味がないというか、おそらく自分自身に意識が向いているという状態だったのでしょう。異分子が紛れ込んでもまったく意に介さず、かといって排他的な空気も一切なく、とりあえず私はここにいてもいいんだと思うことができたので、疎外感みたいなものは一切感じなかったです。うん、不思議な距離感だった。

私以外のみんなはすでに知り合いで、ほんとに私ひとりがまったく初めての人間だったのに、なぜか私はリラックスして、ほぼいつもの自分でいられ、初めてのことにもすんなり入って行けたというのは、なんだか不思議な感覚でしたねぇ。そこにいた人たち…というか、そこの「場」の雰囲気として、ふところが深かったのでしょうね、きっと。

あとね、今回すんごく驚いたことがひとつあって…それはね、参加者は20名弱だったと思うのですが、その大半の方に私は「この人どっかで会ったことある気がする~」と思ったんですよ。
ひとりふたりなら、まぁ珍しいことではないと思うんです。でも今回、参加者の大半の人に対してそんなことを感じたので、これにはホントに驚きました。ふつうあり得ませんよね。

まぁそんな雰囲気の中、瞑想をしたり、セッションの練習をしたり、シェアしたり、とグループは進んでいきました。

-つづく-

« 新聞社の電話調査 | トップページ | するすると紐はほどける »

セラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新聞社の電話調査 | トップページ | するすると紐はほどける »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト