« 邦画の楽しみ | トップページ | 『栄養と料理』2007年4月号 »

北新宿

池袋から新宿まで歩いて帰ってきました。
今夜のルートは、明治通り~早稲田通り~小滝橋通りです。

20070312_2

途中、職安通りから続く税務署通りを横切りましたが、ここは昨日も書いた北新宿の再開発地域にあたります。
数年前から道路の拡幅工事が行われているのですが、立ち退かない家(というか店ですね)があって、なかなか開通しないできたんです。(※左の写真は2/24に撮ったものです)

20070312が、今日、横切るときにふと見ると、最後まで残っていた数軒の家の取り壊しが、ついに始まっていました。(※上の写真と同じ場所ですが、道路の反対側から撮ったので、ちょっと分かりづらいですね)

こうなれば、もうあっという間に開通でしょう。

« 邦画の楽しみ | トップページ | 『栄養と料理』2007年4月号 »

散歩・街歩き」カテゴリの記事

コメント

あら!ついにっ!

★デラックス.さん
遅くにご訪問ありがとうございます。(^^)
・・・そう。ついに、なんです。

それから、北新宿の2000年頃の銀塩写真がやっと出てきました。
定点観測とまではいかないのですが、今の姿と比べると面白いです。
少しずつスキャンして、ブログにアップしていきますね。^^

はじめまして!
blogにコメントを頂いたので、寄らせて頂きました。

いろいろ記事を拝見しているうちに、
新宿の事がアップされていたので、
書き込ませて頂きました。
この界隈もいまではすっかり
奇麗になってしまいましたね。
取り壊された建物には確か「スナック巨泉」という、
あまりにも昭和な店もありましたが、
それももう幻です。

ところで『海のしずく』も拝見しました。
サロンを運営されているのですね。
最初海のしずくという名から、
タラソかな?と思いました。
またアンビエントがお好き
という記事も拝見しましたので、
私のCDですが、よろしかったらいかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%82%B9%E3%83%91-%E3%82%B9%E3%83%91-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF~%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB-H-GARDEN/dp/B000FPX1TC/sr=1-2/qid=1166836751/ref=sr_1_2/503-4617082-2711935?ie=UTF8&s=music

モナコにあるホテル・ド・パリのスパのCDで、
全曲書き下ろしのオフィシャルCDです。
amazonのページに一緒に表示される、
ナイト・スパや和スパも

私のユニットH. Gardenのアルバムです。

新宿のお話もいいのですが、
こっちのお話も出来るかな?と思い、
書き込ませて頂きました。
 

コメントに記入したアマゾンのURLですが、
確認画面で切れていたので、どうかなぁ〜
と思いながらアップしましたが、
やっぱり切れてますね。
アマゾンで「タラソスパ」で検索をかけて頂いて、
出て来たCD(たぶんトップに出ると思います)が
そうです。
 

★廃墟徒然草さま

たくさん書いてくださって、ありがとうございますshine
さっそくアマゾンで検索してみました。また、どこか他のサイトで試聴もできるようになっていたので、聴かせていただきましたが、ヒーリング系の音楽を作っていらっしゃったのですね。というか、まさに「スパ」のイメージでした。音と映像…複数の形で表現ができるというのは素敵なことですね。^^

うちのサイトも見てくださって、ありがとうございます。
「海のしずく」というのはローズマリーの学名を日本語に訳したものなんです。(すでにご覧になっていたらごめんなさい。)
なので、名前のイメージだと海なんですが、じつは植物で、タラソではなくアロマセラピーなのでした。(^^ゞ

ところで、北新宿の写真は(blogのどこかでも書きましたが)私の場合、銀塩写真が多いのです。特に昔の分は、ほとんどすべて銀塩なので、なかなかblogとかにもアップできないのです(涙)。
私、スキャナーって苦手なんですよね~。。。

「海のすずく」はローズマリーの邦学名だったのですね。
そこまで拝見していませんでした。
ひとつ憶えました。ありがとうございますm(_ _)m
海のしずく。。。いい響きですね。
タラソはCD制作の時に体験して以来けっこういろいろ行ってますが、
アロマは全然うといもので。
すこしずつ勉強させてもらいます。

フィルムで撮影されているのですね。
渋いですね!
私なんかはもうデジオンリーです。
10年くらい前の北西新宿の様子、是非拝見したかったのですが、
残念です。
 

★廃墟徒然草さま

ちょっと訂正、、、A^^;
銀塩は今はもう撮っていません。北西新宿に頻繁に通っていたのが90年代で、その頃は銀塩が中心でした。でも、ここ数年はデジカメです。ですが、北西新宿には前みたいに頻繁に行かなくなってしまったので、結果として、残っている北西新宿の写真の大半はフィルム写真(こんな言葉あったっけ?)だった、というわけです。…くどいですね。ごめんなさい。

でもね~、お宝写真、結構あると思うんですよ~。
なので、自分としては公開したい気持ちは多々あります。

詳しく説明して頂いて、ありがとうございます(^.^
是非、お宝写真、拝見したいです!
プリントはされてるんですよね?
銀塩写真を並べて、デジカメで撮影する、
なんていうのはいかがかと思いました。
 

★廃墟徒然草さん
>銀塩写真を並べて、デジカメで撮影する、

ありがとうございます!!
これは手軽にできそうですので、
ぜひチャレンジしてみます!!!

是非是非お願いしま〜すm(_ _)m
10年以上前は、よく通ったことは通りましたが、
まだデジカメも普及していない時なんで、
画像が全然ないんです。
なので是非懐かしい北西新宿をお願いします。

★廃墟徒然草さん
>是非是非お願いしま〜すm(_ _)m

なんとか時間を見つけてチャレンジしてみます。
…ので、優しい目で見守ってやってください。m(_ _)m

あと、H. GardenさんのCDも、ちゃんと聴いてみたいな~、と思っています。
アンビエントは(っていきなり話を戻していますが)いろんな方向性があるというか、幅が広いですよね。
ちなみに私自身、かなり広い幅で聴いていまして、先日ここでもご紹介した涼音堂茶舗のような電子系も好きだし、吉村弘、Brian Eno、Morgan Fisher、岡野弘幹みたいなのも好きです。
でも、いったいどこまでがアンビエントなの?とも思います。
ジャンル分けって、かなり主観的なものですよね。

> H. GardenさんのCDも、ちゃんと聴いてみたいな~、と
ありがとうございます。
今サイトを準備中なので、まだweb上ではあまり聴けませんが、
聴ける様になったらお知らせさせて頂きます。
(まだ先になりそうですが・・・)
ほんと、アンビエントも随分広くなったなぁ〜て思います。
アンビエントのスピリットがあれば
アンビエントじゃないでしょかね。(^.^
ちなみにアンビエントの生みの親、
ENOがアンビエントを思いついた時のエピソードはご存知ですか?
もしご存知なかったら、次のコメントで。

★廃墟徒然草さん
>聴ける様になったらお知らせさせて頂きます。

ありがとうございます。
「タラソスパ」は、こちらを見つけました。^^
http://www.green-energy.com/close_up/1105/

他にもいくつか(サントラのCDとか)見つけましたが、私はやっぱり「タラソスパ」みたいのが好きかなぁ~。でも、「Gentle rain」も嫌いではありません。^^
それにしても、H.Gardenさんも(作ってらっしゃる音楽の)幅が広いですよね~。
そうそう。インタビュー記事で、「バッハとアースとクイーンとクラフトワーク」とおっしゃっていたのは面白かったです。
じつは…「キラークイーン」は私がロックを聴き始めるきっかけになった曲だったりします。…トシがバレるって(^^ゞ

ところで、Brian Enoのエピソードって、なんでしょう?
思い当たらないので、ぜひ教えてくださいshine

タラソスパは発売元レーベルのページをご覧になって頂いたんですね。ありがとうございます!
H. Garden はチルアウトのユニットなので、ビートの効いた曲やハウストラックも制作しますが、その中ではタラソスパが最もアンビエント寄りなアプローチです。(アンビエント+チルアウト+ニューエイジ)÷3みたいなん感じです。(^.^ゞ

> それにしても、H.Gardenさんも(作ってらっしゃる音楽の)幅が広いですよね~。
そうでもないですよ。チルアウト一本です(笑。別名儀のユニットでは、本当になんでもやりますが(汗

インタビューページもご覧になっていただいたようで・・(^^ゞ
キラークイーン・・・懐かしい(T.T)って、こっちも年がバレますね。

◆ENOがアンビエントを思いついたエピソード◆
ある日交通事故で入院したとき、友人が退屈だろうとラジオを持って来てくれたんだそうです。動けないだろうからってスイッチを入れて帰ったんですが、音量が超〜小さくて、大きくしたいし、でも体は動かないし、やきもきしているうちに、この聴こえるか聴こえないかの音量での聴こえ方って、もしかして新鮮っ♪って思ったのがアンビエント制作のきっかけだそうです。
そしてあの Music for Airport が生まれたんですね!

★廃墟徒然草さん
>そうでもないですよ。チルアウト一本です

あっ、そうなんですね。。じつは私、チルアウトって今ひとつ(いや、今三ぐらい?)分かってなくて…ネット上に書いてある説明は読むと分かるんですが、実際に聴いたときに「あ~、これこれ」みたいな理解はしていないのです。
…って変な表現でごめんなさい(^^ゞ

ところで、エピソード、ありがとうございました。
それを知った上で聴くと、妙に納得しちゃいますね。
私も(というか同業者は皆さんそうかと思いますが)施術をするときに流す曲の音量には異常に気を遣います。
おそらく私の場合、かなり音は小さい方だと思うんですが、自分もクライアントもトリートメントに集中できる音量、って考えると、やっぱり小さめの方がいいような気がするんですよね。まぁ好みと言われてしまえばそうなんですが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 邦画の楽しみ | トップページ | 『栄養と料理』2007年4月号 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト