« クレイパック | トップページ | 東京見物 補稿 »

東京見物

20070210_1今日は銀座のコダック フォトサロンまで、デラックスさんの『シンヤノハイカイ〜明日を信じて、ここにいる。』という写真展を見に行ってきました。デラックスさんは、私がマイミクしている庵魚堂さんのさらにマイミクさんです。

夜間徘徊は私も大好きですが、いかんせん女ひとりではなかなか恐くて、そうしょっちゅうできるものではありません。
その意味で、男の人はうらやましいですね。ほんと。

20070210_2見終わってからは、まず腹ごしらえをして、そして例によって例のごとく夜歩きです。銀座や新橋なんて、数年に一回しか歩かない街なので、興味津々。。

この2枚は、新橋駅前にある建物ですが、なんだか30年も40年も昔にタイムスリップしちゃったみたい。

20070210_3

20070210_5そしてそして、外国人観光客になった気分で、こんな写真を撮ってみました。

手前は、あまりにも有名な芝の増上寺であります。
夜間立ち入り禁止だったような気がするけど、入っている人がちらほらいるので、だいじょぶだいじょぶ・・。。A^^;

20070210_7ちょっと大胆な構図で撮ってみました。

まるで おのぼりさん ??
ま、たまにはこんなのもいいでしょう。
それにしても、東京タワーなんて何年ぶりかしら?

20070210_8展望台から。

夜景はもともと大好きですが(ってキライな人っているのでしょうか?)、それにしても、う~ん、すばらしい!!

「おもちゃ箱」という言葉が浮かびます。

20070210_9 これは展望台の中。もう閉まる寸前だったけれど、なかなか皆さん名残惜しくて降りられないようす(私も)。

でもじつは、この頃すでに外はどしゃ降り、、。帰りのことを考えると、できるだけ長くここにいようとみんな思っていたのかも。

« クレイパック | トップページ | 東京見物 補稿 »

写真」カテゴリの記事

散歩・街歩き」カテゴリの記事

コメント

ブログのお引越し、ご苦労様です。事情は、お察しいたします。何はともあれ、「たれすみ日記」が、実り多く、長く続きますよう願っております。お元気で。

先日はご来場いただき、また、かように記事にしていただき、誠にありがとうございました。(礼)
東京タワー、イイですねっ!東京に住んでいると普段は行かない観光スポットとゆーものがなかなか気になったりしますもんね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。(礼)

★初台鉱山さま
ご心配ありがとうございます。
妙なタイトルだと思われたでしょうが、意味はヒミツです♪
これからもどうぞよろしく。^^

★デラックスさま
さっそくの書き込み、どうもありがとうございます。
連日、大盛況のようで、なによりです。^^
プロの方にお見せできるような写真ではありませぬが、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m

トラックバックいただきました。
有楽町から新橋までは、高速の下が旧築地川ですね。ってすぐにそんなところが結びつく。
ちなみにぼくは今のところ、深夜に徘徊するのは終電逃して帰る時か、友達の家で夜まで遊んだ時くらいですかね。

東京タワーって、どんな風にとっても絵になるし、これがあるだけで「東京」って空気に仕上がる気がしませんか?

★まさぼうさん
そう、築地川。(笑)
しかし東京タワーって、やっぱりすごいです。
都内に住んでいると、いつでも行けるとか思って、なかなか訪ねない場所ですよね。
でも、やっぱりこれこそが「東京」なんだと思います。
で、庵魚堂さんとも話していたのですが、私たちが子どもの頃の東京タワーと今の東京タワーって、見た目ぜんぜん違うんですよ。今の方が豪華なんです。なんていうか、いろんな飾りがついているんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52330/13923520

この記事へのトラックバック一覧です: 東京見物:

» 『シンヤノハイカイ』徘徊記 [庵魚堂日乗]
先週末は、デラックス.さんの個展を見に銀座まで。 やや寝不足の状態で駆け込んだ会... [続きを読む]

» 「シンヤノハイカイ」 [まさぼうの「つれづれてます」]
世田谷の川探検隊長・庵魚堂さんのところでよく名前をお見かけする、写真家のデラックス.さん(小野寺宏友さん)の個展「シンヤノハイカイ 〜明日を信じて、ここにいる。」を見てきた。あんまり写真展とかに足を運ぶことも少ないんだけど、ちょっと興味があってね。デラックス.さんのHPで見た写真に非常に惹かれたもんで。 今回の個展では、そのタイトル通り深夜1時を過ぎたあとの、街の中に潜む建造物だったり、工事現場の重機だったりというのをおさめたもので。それが、なんだかいとおしくなってくるような風に「そこにいる」と... [続きを読む]

« クレイパック | トップページ | 東京見物 補稿 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト