【補足】去年1年間に観た映画 -2-

Img_7608 つづきです。…すみませんsweat01

昨年後半は、なんで!?っていうぐらい、バットマン・シリーズにハマりました。特によく観たのがクリストファー・ノーラン監督のクリスチャン・ベール版、つまりダークナイト3部作です。

クリストファー・ノーラン作品は、たいがい長くて難解なので、何回か観ないと(シャレじゃないぞ)理解できないことが多く、つい2回、3回と観てしまうということもありますsweat01
でも、繰り返し観ていくと、それまで気づいてなかった伏線や仕込み、罠などが見えてくるので、回数を重ねれば重ねるほど面白くなることも確かです。

今回、最初に観たのは『バットマン・ビギンズ』(2005)でしたが、バットマン=アメコミということで抱いていた能天気な先入観を見事に打ち砕かれました。バットマンは、単なるヒーローものではなかったということを、この歳にして初めて知りましたねぇ…。
もともとの原作がそうなんでしょうけれど、バットマン・シリーズは切ない…。本人はもとより、敵役などもみんな心に深い傷を持った人ばかりで、悪いことしてるんだけど痛々しく感じてしまうことが多いです。

その後、いろんな人の解説を読んでいて分かったのですが、アメコミといっても、マーベル・コミックとDCコミックスとでは芸風が全く違っていて、簡単に言ってしまうと、前者は明るく後者は暗い…だから、マーベル系のアベンジャーズシリーズは明るく、DC系のジャスティス・リーグは暗い映画になっている、ということのようです。

監督の個性にもよるのはもちろんですよね。

で、どうやら私はクリストファー・ノーラン作品が好きみたいです。
『インターステラー』(2014)なんかも3回ぐらい観てるし、バットマン以外にスーパーマンのシリーズやジャスティス・リーグ(これはもう監督を外れて製作総指揮ということになっているようですが)なんかもけっこう好きです。

» 続きを読む

【補足】去年1年間に観た映画 -1-

Img_7319_2先日、観た映画のタイトルだけを列挙しましたが、今日は感想や内容、また私のふだんの楽しみ方(…なんじゃそりゃ?)などについて書いてみたいと思います。

まっ、どーでもいい話なので、ひまつぶしの雑談だと思ってくださいませcat

私の場合、本や美術などでもそうなのですが、気に入った作品に出合うと、その関連作品を観たり読んだりすることで、好きな範囲がどんどん広がっていきます。

去年の映画の場合、年頭にスター・ウォーズ・シリーズにハマったことがすべての始まりです。このあたりの経緯については過去記事に書きましたので、そちら をご覧いただくとして、その後はまずハリソン・フォードつながりでインディ・ジョーンズ・シリーズ4作とブレードランナー2作を観ました。

次に、カイロ・レン役のアダム・ドライバーが気になったのと監督のジム・ジャームッシュも好きだったので『パターソン』(2016)を、そして、この『パターソン』のあとは、ジム・ジャームッシュつながりで『ミステリー・トレイン』(1989)、『コーヒー&シガレッツ』(2003)などを観ました。

『パターソン』についてはTwitterでもつぶやきましたが、永瀬正敏は、『ミステリー・トレイン』以来27年ぶりでジャームッシュ作品に出演したとのことで、最初はなんだか取って付けたような役どころだなぁ…って、ちょっぴり違和感を感じていたのですが、2回目観たときに、じつは天使のような役回りだったことに気づきました。すべてを見通した上でノートを渡してるのは、まさにgiftですheart04 そして、アダム・ドライバーはナイーブな青年役がよく似合うなぁ…とほれぼれ。

えっと、それから今度は、(スター・ウォーズの)ハックス将軍役のドーナル・グリーソンつながりで、『ピーター・ラビット』(2018)、『ブルックリン』(2015)、『グッバイ・クリストファー・ロビン』(2017)と観ることになりました。

ドーナル・グリーソンってかなり好きなんですけど、

» 続きを読む

【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む)

明けましておめでとうございます。
今年はもう少し更新の頻度を上げたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

さて、毎年恒例の「去年1年間に観た映画」です。
昨年は体調を崩して有休をいっぱい取ったこともあり、幸か不幸か例年になくたくさん観ました。しかも、気に入った作品は繰り返し観るので、作品数は90本程度でしたが、のべにすると160本以上も観ていましたsweat01

例によって、以下に列挙してみます。
今年はあまりにたくさんあったので、少しジャンル分けしました。
また、特に良かったものには「*」をつけていきます。(何度目かの鑑賞作品にはあえてマークをつけていないものもあります。)

まずは洋画から。 ※ほぼ観た順

ゴッホ~最期の手紙~(2017)* ←ゴッホの絵が動くアニメーション
メッセージ(2016)*
インターステラー(2014)***
クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)
オーシャンズ11(2001)
オーシャンズ12(2004)
オデッセイ(2015)
アバター(2009)*
ゼロ・グラビティ(2013)
パターソン(2016)**
ピーターラビット(2018)**
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)
ブレードランナー 2049(2017)
キャスト・アウェイ(2000)**
フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
ブルース・ブラザース(1980)
トレイン・スポッティング(1996)
ミステリー・トレイン(1989)
ゴジラ(1998/アメリカ)
シェイプ・オブ・ウォーター(2017)*
パッセンジャー(2016)←クリプラ好きだから観た。
ブルックリン(2015)**
グッバイ・クリストファー・ロビン(2017)
パッセンジャーズ(2008)←アン・ハサウェイ主演。けっこう好き。
プーと大人になった僕(2018)
宇宙戦争(2005)
ハドソン川の奇跡(2016)*
ボヘミアン・ラプソディ(2018)**
パンズ・ラビリンス(2006)
君の名前で僕を呼んで(2017)***
バーニング ※劇場版は2019/2/1より公開予定

(アキ・カウリスマキ監督) ※年代順に並べ変えてみました。
愛しのタチアナ(1994)
浮き雲(1996)
過去のない男(2002)
街のあかり(2006)
ル・アーヴルの靴みがき(2011) ←*は付けないけど、何度も観てる好きな作品

まだまだ続きますsweat01

» 続きを読む

インディゴ エッセンスのワークショップ

20181216sもたもたしてたら、前回更新から2か月も経ってしまいました。日が経つのが速すぎる・・・sweat01
今年もいよいよあと半月ほどになってしまいました。。。

さて、この前の土日は、インディゴ エッセンスのベーシックコース ワークショップに参加してきました。今年はとにかく体調不良で半年も活動休止しちゃったので、WSも久しぶりでしたが、出てよかったheart01 ほんとに素晴らしい2日間でしたshine

インディゴ エッセンスというのは、アイルランドでホメオパス* をされているアン・キャラハンさんプロデュースのエッセンスです。
*ホメオパシー(同種療法)のお医者さん

みなさんは、インディゴ チルドレンというのを聞いたことがあるでしょうか。Wikipediaなどで見てみると、かなりスピリチュアル系に偏った説明が書いてありますねsweat01…私もこれまであまりなじみがなくて、じつはきちんと把握できていませんが、とりあえず今回うかがったお話をまとめてみますと・・・

1980年代以降に生まれた子どもたちというのはとても繊細で、いまの世の中のしくみになかなかなじめず生きづらさを感じていることが多いといいます。まだまだ古いパラダイムが残っているこの世の中に、新しいパラダイムをもって生まれてきて、しかも非常に敏感で繊細な感受性を持っている…そんな子どもたちのことを指してインディゴタイプ、インディゴ チルドレンと呼ぶようです。そして、そんなインディゴタイプの人たちをサポートする目的で作られたのが、このインディゴ エッセンスなのだそうです。

インディゴ チルドレンは、ADHDや自閉症スペクトラムなどとの関係も指摘されており、また中には霊感がとても強かったり、いわゆる超能力を持っていたりする人もいるとかで、要は“ちょっと変わった人たち”というふうに見られてしまうようなタイプでもあるようです。
アンさんいわく、「箱の中にじっとしていられない世代」とのこと。

ちなみに、さきほど出てきた「古いパラダイム」とは“恐れ”によって突き動かされ、やらなくてはいけないことをやっていく、という世の中(の機能?)を指します。大人でも、目覚め始めている人たちは苦痛を感じ始めています。インディゴ チルドレンは、そんな古いパラダイムを壊すという使命をもって生まれてきているのだそうです。

» 続きを読む

近況報告~もみじ市2018

20180924_1aたいへんご無沙汰しておりました。

6月に帯状疱疹に罹患しまして、それ以来、一切の活動がストップしました。

会社の方も、半休、全休とりまぜて、この4か月半の間に35日ほども休んでしまいましたし、いろんなことにリセットがかかりました。

でも、これだけたくさん休んでいても、前半2ヶ月ぐらいはとにかく具合が悪いので、何もできないまま一日中寝ている日が多く、回復期に入ってようやく、本を読んだり映画のDVDを観たり、調子のよい日には神代植物公園に行ってみたりできるようになりました。

それでもいまだ完治していないというのは・・・いまままで相当無理をしていたのでしょうね、わたしsweat01
会社に行きたくなくて仕方ない日が半年くらいも続いていましたしねぇ、、、weep
なので、いろいろ振り返って、変えられるところは変えることにしようsign01と決意しましたよ、ええ。…ただまぁ、ここに詳しく書けるようなことでもないので、お会いした人には追々お話しようと思います。

さて先月、前々から気になっていた熱海の来宮(きのみや)神社と伊豆山神社に行ってきました。冒頭の写真は、来宮神社の大楠です。
これについては、もうひとつのblogに書こうと思っていて、とりあえず写真だけupしましたので、ご興味ある方はどうぞそちらをご覧くださいませ。 → m's photo diary

20181013_4そして、こちらには、昨日行ってきた もみじ市2018 について少し書きたいと思います。^^

私が初めて もみじ市 に行ったときのことについては、過去記事「もみじ市2011」に書いていますが、久しぶりに読んでみたら、当時から 左藤吹きガラス工房 さん(←左の写真)が出展してらしたのですね。
今回は、午前中から大行列でした。でも、大人気の理由も分かります。ちょっとひずんだ感じが昔っぽくて、また工業製品にはない温かみもあって、ほんとに素敵な作品ばかりでしたからheart04

» 続きを読む

«多摩森林科学園へ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト