2020年9月に観た映画(DVD含む)

9月は連休があったせいか、けっこうたくさん観ましたね~。
初めて観た作品が何本もあった上に面白かったものも多かったので、9月分はちょっと長くなってしまいましたが、よろしければ参考にしてみてください。^^

Vwtp4016 『シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~』(2014)***
『アイアンマン』などの監督で、自身もアベンジャーシリーズに出演しているジョン・ファヴロー監督・脚本・製作・出演の作品。面白かったです~✨

友情出演?で、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニー・Jrも出てました。

一流レストランの総料理長・カール役にジョン・ファヴロー。レストランのオーナー役にダスティン・ホフマン。
スカヨハはソムリエ、ロバート・ダウニー・Jrは離婚した嫁の元夫…(でいいのかな???)

有名な料理評論家が店に来ようという夜、カールは革新的な料理を出そうと計画していたのに、オーナーの意見に負けていつものメニューを出したところ、評論家に酷評されてしまう。

Twitterを始めたばかりのカールは使い方を知らなかったばかりに、DMのつもりで評論家に送ったツイートがじつは誰にも見られていて大炎上💥
さらに、再度来店した評論家に罵声を浴びせているところを、動画に撮られてSNSで拡散されたり、どんどん不利な立場に追い込まれていきます。

そんなカールですが、店を解雇されたあと、まぁいろいろあるんだけど、キューバサンドイッチの移動販売を始めたことで、自分らしさや家族との結びつきを取り戻していくのですね。

元嫁が、なんだか得体のしれない超美人で、だけど、なぜか不思議といつもカールに手を差し伸べて支えてくれ、10歳の息子もまたSNSをうまいこと使いこなしてカールの新しい商売を見事に助けていく…
元部下も、「やるなぁ」と言いたくなるような良い仕事をしてくれてるし、なんか助け舟いっぱいの温かい映画でした💕
そうそう、音楽も、サルサとか明るいラテン系が多くて楽しかったです。^^

ジョン・ファヴローは、アベンジャーズに出るときは「ハッピーさん」て呼ばれてるんだけど、まさにそんなイメージそのままの愛すべきキャラクターでした。

最後がまた素晴らしい終わり方で…流れ的には、7月に観た『幸せのレシピ』にちょっと似てるのかな~と思いました。

Laes4793 『わたしに会うまでの1600キロ』(2014)
シェリル・ストレイドという女性の自叙伝「Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail」が原作。

離婚、最愛の母の死、自暴自棄な生活、といったものから自分を立ち直らせるために、パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)を歩いた女性の記録です。

PCTというのは、アメリカにある三大長距離自然歩道のひとつ。メキシコ国境からカナダ国境まで、アメリカ西海岸を南北に縦走するルートで、全長4,260kmもあるのだそうです💦
毎年300人ほどの人がスルーハイキング(1シーズン内に歩ききること)に挑むそうですが、踏破率は約60%…

そこを女性ひとりで、いろんな人の助けを借りながらも、3か月かけて踏破します。
ちょっと四国のお遍路さんを思い浮かべました。

歩き進むにつれ、目つき、顔つき、足取りなどがどんどん変わっていく様がよかった~✨

しかしこの自然歩道…とても興味はあるものの、合衆国を南北に縦走するってことは、山あり谷ありなんてもんじゃなく、砂漠もあれば、山の上は雪です。川も渡らなければなりません。

…私には無理だ💧

» 続きを読む

2020年8月に観た映画(DVD含む)

今月は、どちらかというと本を読んでる時間が多かったので、映画はあんまり観てない気がしていたのだけど、挙げてみたら思ったより観てました。でも、新しいのはほとんど観ていませんね。。。

Img_e9319 『シザーハンズ』(1990)
以前途中まで観て挫折した1本。今回は素直に最後まで楽しめました。

ウィノナ・ライダー(1971年10月生まれ)がまだ18か19ぐらいの頃で、とにかく愛らしい♡
でも、ジム・ジャームッシュの『ナイト・オン・ザ・プラネット』(1991)に出たのはその翌年…ってことは、まだ20歳になったばかり、なわけだけど、ずっと煙草を吸ってるタクシー・ドライバー役だったよね。^^;

ウィノナ・ライダーは両親がヒッピーだったとかで、コミューンで育ったり、高校ではひどいいじめに遭っていたり、なかなか大変な人生を歩んできたようです。

それにしてもこの映画、ティム・バートン監督作品なので、まず設定からして特異的よね。
年老いた発明家が人造人間・エドワードをつくるのだけど、仮に付けた指がハサミだなんてふつうあり得ない、、、💦

でも、最後の雪の正体は、ちょっと切なくて素敵な結末でした。

ジョニー・デップは特に好きでも嫌いでもないけど、目がカワイイね♡

Idfs6413さて…

じつを言うと8月は、シザーハンズ以外はすべて”おさらい”だったのですが・・・

こちらは、つい先日43歳の若さで亡くなったチャドウィック・ボーズマンに対する追悼の意を込めつつ観た2本です。

『ブラックパンサー』(2018)
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)

ブラックパンサーは、ストーリーもさることながら美術と音楽がまた素晴らしく、大好きな作品のひとつです。チャドウィック・ボーズマンが主役のブラックパンサーを演じていますが、もう見られないのかと思うととても悲しい💧

インフィニティ・ウォーは、ブラックパンサーのつづきで観ました。いちばん最初に観たときは、あまりにもたくさんのヒーローがいすぎて、誰が誰やら分からなかったけど、この1年ちょっとでかなり”勉強”したので、いまは充分楽しめてます♡

(おさらい編)
他に観たものとしては、アベンジャーズつながりで
『アイアンマン2』(2010)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)

いまだにときどき観たくなるスターウォーズ・シリーズ。
『スターウォーズ7/フォースの覚醒』(2015)
『スターウォーズ8/最後のジェダイ』(2017)

そして、ドーナル・グリーソンつながりで、
『ピーター・ラビット』(2018)

(つまみ食い編)
『シン・ゴジラ』(2016)
これもいまだにときどき観たくなるんだけど、あまりにもたくさんの回数を観ているので、さすがにもう最初から最後まで通して観ることはあまりなく、なんとなく流してだらだらと断片的に観るという…なんだかバチ当たり(?)な感じ。。。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)
これは笑いたいときに見ます。
あと、主人公のクイルがウォークマンで聴いているのが70年代のポップスなので、そこもまた大好きなところ。

ということで、8月は新しい発見、とか、新たな感動、みたいのはありませんでした。知った内容ばかりだったからね~

 


にほんブログ村

 

«2020年7月に観た映画(DVD含む)

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

つぶやき

お気に入りサイト