絵に描いたようなシンクロニシティ

4月25日にTwitterで以下のことをつぶやきました。

いましたいこと。1.引っ越し 2.旅行 3.セッション。他、みそ作り、石けん作り、それから、パン焼きたい、映画観たい、本読みたい、ピクニックしたい、街歩きも山歩きもしたい、編み物したい、お友だちとランチがしたい、美味しいケーキを食べに行きたい、小さな畑が欲しい。・・・

そうしたら、引っ越しに向けて流れが一気に加速していきました。願いがかなうとき、願っていたことが実現するときというのは、こんなふうにあっという間に物事が進むことが多いので、期待に胸をワクワクさせていますheart01

20170507さて、アンジェリック・エッセンスのレポートが3回目の提出を終え、そのコメントも戻ってきたので、あとは「学習サマリー」という振り返りのレポートを提出するだけとなりました。(秋に最後のワークショップはまだありますが、、)

症例モデルになってくださった方が、レポート終えたあともサポートが必要とおっしゃってくださったので、ゴールデンウィークの最終日に出張セッションに行ってきました。

私自身が飲んでいたエッセンスがちょうどなくなる頃で、そのクライアントさんご自身もフラワーエッセンスのセッションをなさる方でしたので、私は私でトリートメントボトルを作っていただくことになりました。
アンジェリックから2本、ヒマラヤンから2本が選ばれたのですが、ヒマラヤンの1本は“Cedar”というエッセンスでした。

じつは・・・引っ越し先探しをしている中で、いまいちばん気に入っている物件の名前に”シーダ”が入っているのですsweat01
そしてセッション後、あとで書きますが、ずっと気になっていた本屋Titleに行くその道すがら、“シーダー・○○”という名前の施設がありました。
さらに3日ほど前、“Speaking with Nature”という本を読んでいたら、“・・・the forest name Cedar”というフレーズが出てきて、またまたびっくりsweat01

なんかものすごいシンクロで、そこへは今日、見学に行くのですが、決まってくれるといいなぁ…と、わくわくドキドキでこれを書いています。

» 続きを読む

ハーブの植え替えなど

20170416_4何か月ぶりかで、ベランダのハーブたちの植え替えをしました。そろそろ気温も上がってきて、これから盛んに成長する時期ですから。happy01

(左の写真)
四角いプランターの中は、左がコリアンダー、右がスープセロリ。下の丸いプランターには、(ハーブではありませんが)プチトマトを植えました。

20170416_1(右の写真)
左がスペアミント、右がイタリアンパセリ。
スペアミントは、冬の間じゅうほったらかしだったので、葉の色も悪くなってますねsweat02 でも、これから生き返りますよshine

スープセロリ、プチトマト、イタリアンパセリは、昨日お迎えしたばかりです。いまの時期、野菜の苗がた~くさん出ているので、迷いに迷いましたが、やはりふだん使える(食べられる)ものがいいなぁ~と思って♪

» 続きを読む

つれづれ・・・

20170408_1(写真は今日行ったかっぱ橋で撮ったもの)

3月は仕事も忙しかったし、アンジェリックの症例セッションがいくつか入っていたり、体調を崩した時期もあったりして、叔父のお見舞いに行けたのは約1か月ぶりの25日(土)でした。そして、その翌日の早朝に叔父は亡くなりました。

父のときもそうだったのですが、待っていてくれたんだなぁ、って思いました。

うちの父のときは、まず母が1週間ぶりで病院に行き、翌日に私が2週間ぶりに行ったら、その夜に亡くなったのです。まぁそれぞれ「もう頑張らなくていいよ」「神様、お願いだからもう逝かせてやってください」なんて思っちゃったから、そのせいもあったかもしれませんが、でもやっぱり、あのタイミングは待っていたとしか思えなかったです。

叔父のお墓のことは、あれからまた少し考えていました。

» 続きを読む

叔父を見送りました。

20170330_2(新月から2日目の細い月)

11月半ばに突然身内のもとに戻り、数日間うちの母の家で過ごしたのちに倒れ、そのまま入院してしまった叔父が、今月26日(日)の早朝、息を引き取りました。たった4か月半の間でしたけれど、それはそれはいろいろなドラマがありました。でもいまは、思いついたことを思いつくままに書いていきます。

叔父は母の弟だったのですが、女女男男の4人きょうだいで、うちの母は次女、叔父は末っ子。上の3人が年子で、上から83、82、81、叔父はまだ72歳でした。
若い頃からなかなか自由奔放な生き方をしていた人で、離婚も2回しています。晩年は家族もなく、最後は「寂しい」と言いながら兄のもとへ戻ってきたようでした。

4年ほど前に腎臓癌を患い、それが治りきっていなかったのか、全身に転移して、脳にまで行ってしまっていたため、速かったですね。倒れた最初の頃はまだ、うちの母なんかより よっぽど頭もしっかりしていて、冗談も皮肉もしっかり言えてたんですけどね。

ここのblogにも何度か書いた叔父のiPhoneは、けっきょくロックがかかったまま、あれこれ手を尽くしたけど最後までどうにもならず…というか、パスコードを入れそこなってiTunesにつなげというメッセージが出ちゃったら、iTunesにつなぐ以外もうどうにもならないんですと。でも、叔父の場合、いろいろな記憶があいまいになっていたせいで、つねづねつないでいたPCの在りかも分からないままだったし…もうどうしようもなかったんですよね。
なので、いろいろ連絡をとりたい人はいたでしょうけれど、けっきょく連絡がついたのは、(ネットで検索して見つかった)次男と、(叔父がたまたま場所を記憶していた)六本木のきれいどころだけでしたねぇ。。。

それでも、その次男のつてで、長男とその奥さんと、別れた元奥さんも今日の葬儀には来てくれてました。家族葬ということで、ごく近しい親戚だけが集まったわけですが、うちは両親ともに親戚づきあいの嫌いな家庭だったもので、母のきょうだい以外はほとんど知らない人ばかり。祖母か祖父の法事のときにしか会ったことがないとか、そんな人ばかり…。

それでも最後は、お互いに連絡先を交換したり、「いとこ会やりましょう」みたいな話も出てきて、(そもそも人の集まる場所は超苦手な私ですが)こういうおつき合いも悪くないなと思えた一日でした。

» 続きを読む

『わたしは樹だ』~今日のエッセンス

仕事帰りにちょっと寄り道をして、タイトルに惹かれて手に取った本が大当たりの一冊だったheart01

nakaban(なかばん)さんの絵は大好きなのだ。happy01
そして、松田素子さんの文章は初めてだったが、これまたすごく良かったのだ。

本の帯には「はじめてのホリスティック絵本」というふしぎなコピーが書かれていて、「あらゆるものが つながりあい ささえあいながら、いまここに ある ということ」という言葉が載せられている。

主人公の樹は、たまたま岩場に根を下ろすことになったので、深く根っこを伸ばすことができなかった。でも、倒れない。倒れないのは他にもたくさんの樹が生い茂っているから。

コケは樹のからだを覆い、水をたくわえ守ってくれている。根っこを包み、必要な栄養を吸い込ませてくれている菌に、樹は光合成をして菌の必要なもの(酸素なのかな?)を与える。樹の上に育つ植物もいれば、たぶん樹皮とか葉や実は動物たちの食物になっている。

そんなふうに、樹は、森は、お互いに支え合いながら生きている。というお話でした。

で、最後に場所について書かれていたのだけど、それがなんと屋久島でした。

じつはつい最近、とてもとても屋久島に行きたくて、ガイドブックを買ったばかりだったのですよ。なんというシンクロsweat01

» 続きを読む

«Skype デビュー!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト