2021年2月に観た映画(DVD含む)

2月は、珍しく邦画から始まりました。

Img_e3500『黄泉がえり』(2003)
主演は草彅くん、ヒロインは竹内結子さん。

『熊本日日新聞』に連載された小説が原作だそうで、舞台も熊本です。
ある村のあるエリア内だけで、ある時期とつぜん死者がよみがえる…という不思議なお話。

死者が黄泉(よみ)の国から帰ってくる、という意味のタイトルですね。
小説の方がより超常現象色が濃いようです。

重力が関係ある???というのは、まるでインターステラーのような設定だなぁ。
と思いながら観ていました。

竹内結子さんは、『サイドカーに犬』で観て一発でファンになってしまったのだけど、ほんとに良い女優さんですねぇ。(と言いつつ、これまだ2本目なんですが💦)

Img_e3507 『繕い裁つ人』(2015)
三島有紀子監督作品。
この監督の『しあわせのパン』(2012)、『ぶどうのなみだ』(2014)は大好きで、他に『ビブリア古書堂の事件手帖』(2018)も観ているので、私としては4本目となります。

漫画が原作だったのですね。

祖母がやっていた小さな洋裁店を継いだヒロイン・市江を、中谷美紀が演じています。
神戸を舞台としているので、洋館や坂の場面が多く、それがシックな服と調和して、とても素敵な画面を作り上げています。Img_e3506

先代が仕立てた服を、何年も、何十年も大事に着続ける人たち。
年をとり体型が変わると、あるいは、家族からもらい受けた服を自分に合わせたくて、リフォームを頼みにやってくる。
市江も、祖母が大事にしていた世界を崩すことなく、頑固に同じ路線を守り続けていきます。

最後の最後には、ようやく自分路線も少しずつ打ち出し始めるのだけど、使い捨てが多く、定番というものが成り立ちにくくなった現代の風潮とは一線を画した世界観でした。
ひとつのものを大事にずっと使い続けていくのって、いいなぁ…。

それとは別に、市江がときどき入る喫茶店のチーズケーキのでかさに笑いましたわ。
「えええっ、これ一人で食べるのかい!?」って。

(どうやら糖質制限の特別なケーキだったみたいです。)

 

» 続きを読む

2021年1月に観た映画(DVD含む)

少々事情があり、こんな時期になってしまいましたが、1月に観た映画です。

初見だったのは以下の5本。

Sfma3563 『メメント』(2000)
ずっとずっと気になっていた、クリストファー・ノーラン監督の出世作と言われる作品。

Wikipediaによると、「封切り時に11館だった上映劇場が500館以上に拡大し、10週目にして全米チャート8位にランクインした」とのことですが、、、

ううう…1回観ただけじゃさっぱり分かりません💧

時間軸を後ろから戻しながら、妻を殺した犯人を追っていくという、まー時間をいじくるのが好きなノーランならではのストーリー運びだし、
その手法は最新作『テネット』にも活かされていたわけですが、、、

何が真実で、どれがホントのどんでん返しなのか…翻弄されるわ~💦

さすがノーラン作品…何度か観ます。

Img_e2926 『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)
こちらは、ディカプリオとトム・ハーディが出ているというだけで選んだ1本だったのですが・・・

いやー、すごい映画だったわ~💦

サバイバルもの、というのかしら…ちょうど体調を崩して会社を休んだ日に観たのだけど、
まぁ体が弱っているときに観る内容じゃなかったですね。^^;

ディカプリオとトム・ハーディ、つまりは私の大好きな『インセプション』に出ていた俳優つながりです。
あと、観てから初めて知ったのだけど、もうひとり、これまた私の好きなドーナル・グリーソンも出てました。(いつもほど情けない役ではなかったよ)

ディカプリオ演じる主人公、ヒュー・グラスがクマに襲われる場面はホントに怖かった💦
こういうのを「手に汗握る」というのでしょうな、、、

伝記映画だそうですが、町山智浩さんいわく、事実とだいぶ違うところがあるとのこと。
まぁ映画として面白くするための脚色とか演出ですね。
動機を補強したり、悪さを際立たせるための。

それにしても、アメリカやフランスは、こんなふうにして先住民の土地を奪ってきたんだなぁ…という部分もよく分かる作品でございました。

あと、やっぱりトム・ハーディは悪いヤツなんだな、と。(いや、役なんだけどさ)

『ダークナイト・ライジング』では、マスク被っているからあんな声なのかと思っていたら、マスクつけてなくてもおんなじ声なんだよね。
それを言うと、アダム・ドライヴァーもそうで、カイロ・レンはマスク…以下省略。

Img_e2956 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)
これまたディカプリオつながりで。

けっこう評判になっていた気がするんだけど、じっさいに観てみると、なんだろな…何が言いたいのか、何を主題に描いているのか全く分からない、じつにつかみどころのない映画でした。

Wikipedeiaにはスリラーって書いてあるけど、そういう内容ではなかったし、
(ちなみに、アメリカのWikiにはcomedy-dramaって書いてあるんだけど、どちらかというとそっちの方が近い気がする)

1969年に女優シャロン・テートがカルト集団に殺害された事件を背景に、というものの、シャロン・テート(演じているのはマーゴット・ロビー)は殺されず、隣に住んでた主人公リック(レオナルド・ディカプリオ)の専属スタントマンであり、付き人でも親友でもあるクリフ(ブラッド・ピット)が襲ってきた奴らをほとんど皆殺しにしちゃうし💦

まぁ強いて言えば、時代についていけなくなった俳優の切ない日常を描いていたというところでしょうか…

ブラピの役は、アロハとか着て軟派な見た目でありながら、めちゃめちゃ喧嘩強いし、カッコいいとも言えるけど得体の知れないヒトでした。
(じつは軍にいたとき、ものすごくたくさん人を殺していたりして、感覚が麻痺しちゃってるらしい)

マーゴット・ロビーは相変わらずチャーミング♡

 

» 続きを読む

«【覚書き】去年1年間に観た映画(DVD含む)-2020年-

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

つぶやき

お気に入りサイト