【覚書き】2019年10月に観た映画(DVD含む)

なんか早いですねぇ。もう11月…。

今年は月ごとに映画のキロクをupしよう!と決めたのはつい先日のことのようでいて、2019年もあと2か月を切ってしまったのですねぇ💦

さて、10月に観た映画です。今回はあまり多くありません。

Img_e1106_20191104184201 『インセプション』(2010)
『アメコミ映画40年戦記』という本を読んでいたところ、なぜか急に観たくなって…観ました。
(バットマンのクリストファー・ノーランつながりだったのか?もはや覚えてないのだけど…)

この映画は何度かチャレンジしては挫折して…ということを繰り返しているので、全編通して観たのは今回で2度目だったけれど、断片的には非常に多くの回数を観ています。なので、知った場面があっちにもこっちにも…💦

でも、そのおかげで、かなり話がつながってきました。。。

話の大筋としては、こんな感じ。
他人の夢の中に入り込んで情報を引き出す「産業スパイ」のコブ(レオナルド・ディカプリオ)とアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)に対し、日本人実業家サイトウ(渡辺謙)が仕事を依頼します。
が、今回は情報を「引き出す」のではなく「埋め込む」(=インセプション) という仕事で、ライバル企業を解体に追い込むため、後継者である社長の息子(キリアン・マーフィー)の夢に入り込んで、「会社をつぶす」という考えを埋め込むというものでした。

前にも書きましたが、夢がたくさんの階層をなしていて、主人公もその仲間たちも どんどん深い夢の中へ入っていき、つまりは夢の夢のまた夢の中で攻防戦が繰り広げられるわけです。夢の中だと分かると、相手も反撃してくるしね、、、

クリストファー・ノーラン監督の作品は難解なものが多い(気がする)のですが、とあるサイトで、情報量、特に約束事が多いにもかかわらず、説明がほとんどされていないので、理解できないのは観客のせいではなく監督が(脚本が)悪い、と書かれていて、まったく同感。。。^^;
それは『インターステラー』や『ダークナイト・ライジング』などもおんなじです。

でもね、いったん分かってくると、とにかく面白いのです。

そして、観れば観るほど謎も解けて理解が深まるので、また観たい。何度も観たい。もっと分かりたい。…という、まるで麻薬(いや、スルメか?) のような映画です。はい。

» 続きを読む

【覚書き】2019年9月に観た映画(DVD含む)

なんかすっかり映画のキロクblogになってしまっているわね、、、💦

せっかくだから近況を書くと、最近はwebショップや新しいホームページの構想を練りつつ、一方では相変わらずの併行読書、、、
ほんとは本の紹介もいろいろしたいんだけど…もうちょっと待っててね。

さて、9月に観た映画です。

Img_2732 『ロケットマン』@シアタス調布
2か月ぶりくらいの映画館。ようやくマーベルではない映画を観ましたわ。^^;

エルトン・ジョンの伝記映画です。
父からも母からも愛されず、愛を注いでくれたのはおばあちゃんだけ。前半は、いつもいつも“愛”を求める悲しい人生だったのね…💧 『ボヘミアン・ラプソディ』のときもそうだったけど、それぞれの曲の成り立ちが分かるとさらにまた心に沁みます。

いつも歌詞を書いてくれていたバーニー・トーピンとの関係がなかなか良かったな。
(恋人ではなかったというのが、じつはちょっと意外でした。)

その一方で、元マネージャーであり恋人でもあったジョン・リードは、エルトンを利用するだけして、挙句に横領が発覚してクビになったという人です。
のちにクイーンのマネージメントもしていたそうだから、やり手ではあったんだろうけど、フレディー・マーキュリーにソロ契約を持ちかけてクビになったり、けっきょく自分のことしか考えていない人だったみたいね。

それにしても、お母さん役が、ジュラシック・ワールドでクレアを演じていたブライス・ダラス・ハワードだったとは、ちっとも気づかなかったわ〜💦

あと、エルトンが受けていたグループセラピー、よく家族療法とかで使われる手法だよなぁ…など、そんなところにもつい目が行ってしまったり。面白かったです。^^

(マーベル系)
 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)※13
キャプテン・アメリカ・シリーズの第3作。
スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)と、トニー・スターク(アイアンマン)や他のメンバーとのすれ違いが大きくなっていくのが悲しいところ…。
(感想をメモっておかなかったら、すっかり忘れてしまったわ💦)

Img_e2199 『ドクター・ストレンジ』(2016)※14
あまり期待せずに観たのだけど(だって顔がヘンなんだもん)、意外とツボでした。しょっぱなからチャクラとか鍼治療の図が出てくるわ、そのあともずっとアストラル体とかふつうに出てくるし、気功師みたいな技を繰り出すし、で。

でも、なんといってもいちばんツボにハマったのが、毎回出てくる原作者スタン・リーが、劇中で読んでいたのが「知覚の扉」…‼️(いやまぁ分かる人には分かるという話ですみません💦)
まるで『インセプション』のときのように、空間がよじれまくる場面満載だったので、まさにツボで大笑いしました。
 

えと、「知覚の扉」が「なんのこっちゃ⁉️」という人は、オルダス・ハクスリーをウィキペディアで検索してみてください。学者一家の一員で、本人は著述家なんだけど、幻覚剤のモルモットになることを自ら申し出たというオソロシイ人です。で、そのときの経験を書いたのがこの「知覚の扉」なのですねー。

…というところまでは知ってたけど、じつは私もまだ読んだことないのでした。これを機会に読んでみよかな。

『スパイダーマン/ホームカミング』(2017)※16
トム・ホランド演じるスパイダーマンは、スターウォーズのジャー・ジャー・ビンクスと似た空気を感じてちょっとイラつく♨️ けど、最後はスタークさんに認めてもらえてよかったね。

マイケル・キートンを最初に見たのはティム・バートン版バットマンだったけど、いろんなところに出てくる(つまり、いろんな役ができる)人なんだね。『バードマン』のときは衝撃的でした。…と思ったら、この方もともとはコメディアンだったそうで、そう考えるとちょと納得です。

 

» 続きを読む

«【覚書き】2019年8月に観た映画(DVD含む)

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

つぶやき

お気に入りサイト