エッセンス プロフィール

2020/01/11

肉体的な痛み・苦痛からの解放に①

久しぶりの更新です。

昨年後半は身内が2人も入院してしまい💦、私自身、体調を崩していたりしたこともあって、更新が滞ってしまいました。

年も明け、今後はまた新たな気持ちで情報発信していきますので、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

さてさて、各エッセンスのプロフィールを書いていくシリーズ。
今回は「肉体的な不調」に関係のあるエッセンスをご紹介します。

202001051_cotton_grassまずはアラスカンエッセンスより、
Cotton Grass(コットン グラス)

日本ではワタスゲという名で知られていますね。カヤツリグサ科の多年草です。

私はこれを見ると、耳かきについているふわふわした綿(梵天=ぼんてん、というのだそうです)を思い出します。

エッセンスとしての特徴は「痛みの解放」です。いつものように、ネイチャーワールド さんの資料より引用しますね。

特に肉体的な苦痛からの解放、体にたまった苦痛を解放します。ショックやトラウマからの回復を助けます。私たちの意識が、苦痛そのものより、その根本原因や癒しに向けられるよう、助けてくれます。

続きを読む "肉体的な痛み・苦痛からの解放に①" »

2019/09/19

「変化すること」に抵抗のあるあなたへ

各エッセンスのプロフィールを書いていくシリーズ、第4弾。
その日そのときに思いついた1本を、アットランダムにつづっていきます。

Spiraea今回は Spiraea スパイリア。

シモツケ属…有名なのはユキヤナギとコデマリでしょうか。小さな小さな花がたくさん集まって咲きます。

前回ご紹介したワイルド ルバーブと同じく、アラスカンエッセンスの中の1本です。
サポートされていないと感じる人や、「変化すること」に抵抗のある人に。

変化することに抵抗があるということは、柔軟な生き方ができず物事が行き詰まりがちになるということ。
そして、変化を恐れるのは、サポートが来ることを受け入れていないから。

このエッセンスは、「サポート」を無条件に受け入れることが自然にできるよう助けてくれます。また、「意識」が拡大し、人が成長していくことについての抵抗感を外す手助けをしてくれます。
(参考:ネイチャーワールドさんより)

職場でさんざんプロテクション系のエッセンスを使って自分を保護してきましたが、ここ1か月ぐらいでしょうか、ちょっと方向性を変えてみています。

続きを読む "「変化すること」に抵抗のあるあなたへ" »

2019/09/08

Wild Rhubarb(ワイルド ルバーブ)

各エッセンスのプロフィールを書いていくシリーズ、第3弾。
その日そのときに思いついた1本を、アットランダムにつづっていきます。

20190908_wild_rhubarbWild Rhubarb(ワイルド ルバーブ)
アラスカンエッセンスの中の1本です。

アラスカンのフラワーエッセンスは、厳しい自然環境の中で育った植物から作られるエッセンスなので、とてもパワフルです。
アラスカンにはほかに、ジェム・エリクサー(鉱物から作られたエッセンス)や環境エッセンスなどもありますが、アラスカという土地の特徴を受け、いずれも浄化力が高く、変容を力強くサポートしてくれるラインナップとなっています。

さて、こちらのワイルド ルバーブの特徴は、「ハートと頭をつなぐ」です。ネイチャーワールドさんの資料によると、

頭でのみ考え、コミュニケーションをするタイプの人に。頭がハートとつながるということは、他の人の立場でものがわかり、柔軟な見方ができるようになり、人間関係が好転するということにつながります。

とのことですが、これはじっさい大きな役割を果たしてくれました。

私の場合、大の苦手としている自分の肉親とのコミュニケーションにおいて、まず私自身が素直になれ、冷静に自分の本音を見つめることができましたし、それと同時に相手の大変さなどもよく見えるようになったため、相手の立場を尊重しつつ自分の意志を伝えることもでき、そこで腹を割った対話ができました。
その結果、方向性が一致して、協力して進められるようになったのですから、素晴らしい展開でした✨

続きを読む "Wild Rhubarb(ワイルド ルバーブ)" »

2019/08/29

Blue Jade Flower(ブルー ジェイド フラワー)

各エッセンスのプロフィールを書いていくシリーズ、第二弾。
その日そのときに思いついた1本を、アットランダムにつづっていきます。

20190828_blue-jade_20190828233101 Blue Jade Flower(ブルー ジェイド フラワー)
パワー オブ フラワー ヒーリング エッセンスの中の1本です。

これも先日のスピニフェックス同様、ホントについ最近購入しました。
きっかけは、ボトルに印刷された花の写真でした。ヒスイカズラというちょっと珍しい花なのですが、私はこれ、実物を見たことがあるのです。
それでとても強く印象に残っていたので、ボトルの写真を見たとき、反射的に「これ欲しい!」と思ってしまったのでした。

ネイチャーワールドさんの資料には、「マメ科の花から作られるフラワーエッセンスは、社会、家族、社交の場にあなたが自然と溶け込むのを助け、グループの一員としての意識を強化してくれる」とあります。
「自分は周りの人と違う」と感じてしまう人をサポートし、自分自身の個性豊かな才能を認める助けとなるとのこと。

マメ科の花、特にこのヒスイカズラは房状になって咲くので、「グループの一員」というのは腑に落ちますね。

20180602_6b 私が撮った写真もあげておきます。(撮影地:神代植物公園 2018/6/2)

ヒスイカズラ(翡翠葛):原産地はフィリピン諸島。神代植物公園の大温室の、藤棚のようになったところで咲いていました。
色はまさに南国。貴婦人のような美しさに、しばし見とれてしまいました。
花期は長く、2月~7月の間に次々に咲くそうです。

 

※よろしかったら、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

✉ メールカウンセリングのご案内は こちら

 

2019/08/24

Spinifex(スピニフェックス)

各エッセンスのプロフィールを書いていくシリーズ、第一弾です。

その日そのときに思いついた1本を、アットランダムにつづっていきます。

20190818Spinifex(スピニフェックス)
オーストラリアン ブッシュ フラワー エッセンスの中の1本です。

じつは私、ブッシュフラワーはふだんほとんど使っていないのです。なのになぜこれを…?と言いますと、このスピニフェックス、私が帯状疱疹で苦しんでいたときにお友だちのプラクティショナーが調合してくれたトリートメントボトルに入っていた1本だったのです。

ネイチャーワールドさんの資料によると、「病気に苛まれるような、もしくは病気に対してどうすることもできないと感じている人たちを助けてくれるエッセンス」とあります。「特にしつこく再発する病気や症状に悩まされている人に最適」とも。

私の場合、“再発”したわけではありませんが、1年3か月近く経つのに、いまだにときどき痛み・かゆみがよみがえってくるのです。体内に残っているウィルスが、まだ悪さをしているということで、コイツラほんとーにシツコイ💨

でね、痛み・かゆみがぶり返すたびに、気持ちがまいってしまうのですよ。いわゆる精神的ダメージ…それが何よりきつい💧

なので、つい最近になって購入しました。ほんとに今さらなのですが、患部だったところにつけたり、お風呂に入れたりしながら、日々ようすを見ています。

ちなみに・・・

続きを読む "Spinifex(スピニフェックス)" »