« 実験的セルフセッション①-1 | トップページ | 実験的セルフセッション②-1 失敗だったかも… »

2019/02/12

実験的セルフセッション①-2

20190126_2自分用のトリートメントボトルを、すべてペンデュラムにお任せで選んでみたというお話のつづきです。

ボトルを作って飲み始めてから、2週間あまり経ちました。

最初にひとくち飲んだときの感想としては、まず「とても美味しい」ということでした♪
「美味しい=いまの自分に必要なものである」という話を聞いたことがあったので、飲んですぐ、これは当たりだ~♡と思いました。“当たり”というのも妙な表現ですが、ペンデュラムさすが!と思い、とても感謝しました。

いろいろ作って飲んでいると、その都度印象がちがって(まぁエネルギーがちがうので当たり前なんですが)、飲んでいて楽しいものもあれば、なんだかつまらなくて飲み続けるのに苦労するものもあります。まずいからと言って、それが自分に合っていないかというとそうでもなくて、まずくて飲みたくないからこそ、そのときの自分に必要という、なんだかとても逆説的なケースもあるので難しい。

たぶん、いちばんよくない(おそらくは自分に合っていない)のは、可も不可もない(=何も感じるものがない)という場合なのかなぁ…なんて。なんとなくいまはそんな気がしています。

ところで、セッションするときの心構え、みたいなことについてちょっと書いてみます。

人間である以上、主観が入ってしまうのは仕方のないところではあるのですが、 私はアンジェリックエッセンスのプラクティショナーコースで症例をとって以来、なるべく自分の主観やエゴが入らないように、とても気をつけるようになりました。

というのも、人間の小さな頭では考えても分からないことがたくさんあります。そんなちっぽけな頭で考えるより、“天”(と私は便宜上そのように表現しているのですが)にお任せした方が、ずっと良い結果が出るからです。つまり、その方がクライアントにとって必要なエッセンスが純粋に選ばれる、ということですね。

“天”というのは、神様だったり天使だったり精霊だったり、あるいは守護霊だったりハイアーセルフだったり、人によって考え方、感じ方はさまざまだと思いますけれど、要は人智を超えた存在のこと。
私は霊感もないし、オーラが見えるわけでもない、ただ、目に見えない“何か”の存在は感じていて、いつも守られているなぁ、という感覚だけは持っているのです。父や叔父も含めたご先祖の魂なのかもしれません。

そんな何者か(=天)とつながれるようにしてくれるのが、私にとってはペンデュラム(振り子)なんですが、今回のエッセンスの選択は、ペンデュラムのおかげでうまく天とつながれたんだろうなぁ、って思っています。

飲み始めてからの大きな変化は、気づいたもので2つ。

ひとつは、夜眠くなるのがとても早いということ。宵っ張りだった私はどこ行った?…というくらい、最近は12時前に寝ることが多くなりました。(インディゴのリラックスのせい?)

もうひとつは、自分がいまとても楽だということ。 肩の力が抜けています。我慢したり、無理したりということがなく、逆に、やってみたいと思ったことにすんなり動ける。

自分が嫌い系のもの(←自分の一部が嫌いとか、受け入れられない部分があるときに飲むとよいエッセンス)が2本ほど入っていて、自分では「?」ってな感じだったのですが、こうして振り返ってみると、こうしなきゃ、とか、これをしないとダメだよね、みたいな、自分を枠にはめたり、できない自分を非難する態度は影をひそめていますね。面白い

そんなわけで、ペース速くてそろそろ飲み終わってしまいそうなのですが、なんだか名残惜しい1本でした

 

※よろしかったら、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

« 実験的セルフセッション①-1 | トップページ | 実験的セルフセッション②-1 失敗だったかも… »

エッセンスの選び方」カテゴリの記事

セルフセッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実験的セルフセッション①-1 | トップページ | 実験的セルフセッション②-1 失敗だったかも… »