« フラワーエッセンスって何? -その1- | トップページ | “共同作業”ということについて »

2018/02/03

フラワーエッセンスって何? -その2-

20070916_20180202_2 「フラワーエッセンス」と言ったとき、花のエネルギーを写し込んだ“エッセンスそのもの”を指すこともあれば、“エッセンスを用いた療法”を指すときもありますので、初めての方はちょっと混乱してしまうかもしれませんね。

 

この療法を確立したのは、エドワード・バッチ博士というイギリスのお医者さまです。1930年代のことでした。バッチ博士は、細菌学者、病理学者、ホメオパシー医でもありました。
博士によって作られたエッセンスは、全部で39種類。植物や石清水から作られた38種類と、その中の5種を組み合わせた緊急用のレスキュー・レメディがあり、これらはバッチフラワーレメディという名称で呼ばれています。

 

このバッチフラワーの他にも、現在たくさんの種類のエッセンスが存在しており、ちなみに、私が認定セラピストの資格をとった ネイチャーワールド のサイトには、14種類のエッセンスメーカーが紹介されています。ここに載っているのはどれも海外のメーカーで、しかも花から作られたものだけではなく、先日書いたネイチャー・エッセンス全般が掲載されています。

 

それ以外にも、たとえばフィンドホーン、FES、チャリスウェル、ペタルトーンなどといったさまざまなメーカーがあり、私が知らないものまで含めると、いったいどれだけの種類が存在することやら…

エッセンスは日本でも作られていて、たとえば、ハートサポートシステム のマウントフジフラワーエッセンス、ホメオパシージャパンが開発した ファー・イースト・フラワーエッセンス、そして最近私が気に入っている レイ・エッセンスカミングホーム・エッセンス、などがあります。

 

私が通常セッションに使っているのは、主にアンジェリック、アラスカン、インディゴ、ヒマラヤン、バッチですが、それ以外のものについては、そのときどきの状況によって、(加えるエッセンスの種類は)いろいろ変わります。

 

(*参考)
フィンドホーンについては以前記事にしましたので、そちらもご覧ください。
 →『花の贈りもの - フィンドホーンのフラワーエッセンス』 読了

 

 

 

 

※よろしかったら、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

 

 

« フラワーエッセンスって何? -その1- | トップページ | “共同作業”ということについて »

フラワーエッセンスとは」カテゴリの記事

エッセンスの種類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フラワーエッセンスって何? -その1- | トップページ | “共同作業”ということについて »