« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/30

『フリーズする脳』

ゆうべ見たDVDは、『明日の記憶』という日本映画でした。50歳になるかならないか、という年齢で「若年性アルツハイマー」になってしまう会社員とその妻の物語です。
若年性アルツハイマー・・・話には聞いていましたが、映像で見せられるとやっぱり衝撃的です。本人ももちろんつらいと思いますが、それでも当人はだんだんに分からなくなってくるので、それ以上に家族がやりきれないだろうな、と思うのです。

それで気になって読み始めたのがコレ。
『フリーズする脳』です。この本は、いわゆる「ボケ」について書かれています。
ボケは生活習慣病だとおっしゃる先生もいるようですが、この本を読んでいると確かにそんな気がしてきます。
ボケないためには「前頭葉」を使うことが大切なのだそうで、いくら頭を使っているようでも、その使い方によっては前頭葉を全く使っていないためにボケが進んでいくそうです。
特に最近は低年齢化が進み、20代~30代の若者にまで広がっているんですって。コワイですね~。。

| | コメント (2)

2006/10/29

仙川遡上の旅

20061028 今日は数人の川探検仲間たちと一緒に、仙川(※)の上流端を探しに行ってきました。
と言いつつ、左の写真は玉川上水です。水きれいですね~。
※「仙川」は、「せんがわ」と書いてあったり「せんかわ」と書いてあったり、どちらが正しいのかはっきりとは分かっていません。京王線の駅の名前だと「せんがわ」と読みます。

20061028_4 で、こちら(右の写真)がその仙川です。都市河川の典型というか、今や川というより・・・なんでしょね、単なる水路?・・・見た目はただのドブ川ですよね。人工的に引いたものなので、こんな形をしていても仕方ないんですけど。

20061028_3 そしてこれ(左の写真)は、眼下に見えているのは仙川ですが、私が立っている場所は玉川上水の分水、梶野分水の築樋(つきどい)あとです。
築樋というのは、小金井市の説明板によると、「窪地や川を越して水を流すために低地に土を盛ってつき固めて土手を築き、その上を用水路としたもの」だそうです。要するに、川と用水が立体交差をしている場所なのです。

続きを読む "仙川遡上の旅"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006/10/28

お気に入りのカップ&ソーサー

20061027_1 お給料も出たことだし、久しぶりにカップ&ソーサーを買いました。

このカップで、柚子茶を楽しんでいます♪

20061027_2 柚子茶は、じつをいうともう何年も前からずっと気になっていたんですよね。だけど、お店で手にとって見るたび、ジャムとどこが違うの?とか、ジャムにしてはちょっと高いよね、とか思って、買わずにいたのです。

ところが先日、エサレンのセッションを受けに坂田さんのところに行った際、セッション後に出していただいた柚子茶がとっても美味しくて、それでとうとう自分でも買ってみました。それに合わせてカップまで買ったのが上の写真です。

これは・・・寒い夜にオススメです。ほっこりしますよ。(*^^*)

| | コメント (0)

2006/10/27

秋は苦手だーーー

20061027 (最近ときどき素材写真を使ってます。スミマセン)

これまでにも何度か書いたことがあったと思いますが、私は昔から秋が大の苦手で、立秋(8月初旬です)を過ぎると、いつも勝手に秋風を感じて、ひとりで寂しくなっています。今年はそれもほとんどなかったのでホッとしていたら、来ました。(>_<) 今頃になってうつモードに入ってます。。。

でもまぁ、仕事は忙しく、社員でもないのに連日の残業。食生活も乱れています。これまた何度か書いていることですが、私の場合、食生活が荒れると、てきめんに精神状態に表れます。今月に入ってから、お弁当を作る根性もなく、お昼はサンドイッチ等で済ませちゃったりしているので、それも大きいですねきっと。

明日はまたたくさん歩いてきます。^^

| | コメント (4)

2006/10/23

おばかな本

フジモトマサル『今日はなぞなぞの日』(平凡社)。

ずいぶん前にご紹介した 『という、はなし』 のイラストを描いていた人です。そして、装幀はやはり吉田篤弘さんと浩美さん(クラフトエヴィング商會)です。

この本は、『ほぼ日刊イトイ新聞』(ほぼ日)に連載されていたのだそうですね。なので、ご存知の方が多いかもしれません。とにかくなぞなぞの本なんです。

たとえばこんな感じ・・・

  買うと、
  もれなく
  おやつがもらえる
  家電製品は?

著者曰く、「悶々と悩み、問題文を頭の中で転がしている時間こそが、なぞなぞ遊びの真髄なのです」ということで、あーでもない、こーでもないと、何日もかけて考えに考えるところにこそ、なぞなぞ遊びの醍醐味があるのだと・・・。

ってなわけで、みなさんも一緒に悩んでください。
秋の夜長には、こんな楽しみもいいかも♪

| | コメント (0)

2006/10/21

『バシャール』いよいよ3巻目

以前からときどき書いている『バシャール』、いよいよ3巻目に入っています。しかも、もう半分ぐらい読んでしまいました。

でね、今回ひとつ分かったことがあります。
それは「今までの自分は完全なのだ」というフレーズ。この本には何度か「あなたは完璧です」みたいなフレーズが出てくるのですが、その意味がやっと分かりました。

自分を完全とか完璧とか思うことを、これまでは単なる「甘やかし」だと思っていたのです。でも、そうではなく、人は今できることしかやらないしできない、ってことは、今やっていることが「その人のすべて」であり、「今のその人にとっての100%」なんですよね。それ以上でもないし、それ以下でもない。その意味で、「今の」そして「今までの自分は完全」なのだと思います。

| | コメント (2)

2006/10/20

もの想ふ秋の一日

20061020_1 今日は日中にリフレ講座がひとコマあり、夜はエサレンのセッションを受けてきました。エサレン自体は何度も受けていますが、まぁとにかく久しぶりだったのと、あとは、ぜひこの人のセッションを受けたい!と願い続けてきて、ようやくその念願が叶ったということで、とても満足。(*^^*)

写真はその行き帰りに撮ったものですが、今日はボケ加減がなんかいい感じ・・・という気がしたので、あえてボケた写真を選んでみました。

続きを読む "もの想ふ秋の一日"

| | コメント (0)

2006/10/14

神様が降りてきた!

20061014_1なんだか、今日の夕方の空は、すごいことになっていました。いわゆる“神様が降りてきた”ような光のすじができていたのです。

長い時間こういう状態だったので、例によって写真をたくさん撮ってしまいました。
ただし、写真のウソ・・・とまでは行きませんが、実際より少し光を強調してはあります。

20061014_2 そして、こちらはエドワード・ホッパーの世界です。

いやー、いまどきのカメラはホントよくできてますねぇ。。オートにしてただシャッターを押しただけなんですけど、よく写ってます。

続きを読む "神様が降りてきた!"

| | コメント (0)

2006/10/12

『心を癒すアロマテラピー』

私がアロマ100ケースを取ったときに参考にした本です。

使用している精油がプラナロムなので、ふだんいちばん参考にしているのはもちろん『精油事典』なのですが、成分による作用が中心に書かれている『精油事典』とは対照的に、この本は、精油の心理的な作用について書かれています。

副題にある「サイコアロマテラピー」という言葉は「心理芳香療法」と訳されています。
肉体、精神、感情、そして魂にまで働きかける精油の作用が分かる本です。

続きを読む "『心を癒すアロマテラピー』"

| | コメント (0)

アロマ講座やりたいなー。

20061010_3つい先日、ボディ講座の告知をしたばかりでなんですが、アロマ講座をやりたいなぁ、と思っています。
AEAJ(日本アロマ環境協会)のアロマテラピー検定が来年の5月にあるので、それを目指して開講しようかなぁ・・。

カリキュラムはまぁテキストがあるので、それにのっとってやっていくとして、それでも回数とか、1回あたりの時間数とか、費用とか、決めないといけないですもんね。

定員はうちの場合、どうしたって2名限定になってしまうので、やりたい!という方は、お早めにご連絡ください。それによって準備にも気合が入りますので。(^.^)

| | コメント (0)

2006/10/09

中野&新宿散歩

20061009_1連休中はとにかく歩きました。
今回は中野~新宿界隈です。

出発点は、JR中野駅。
ここから東中野方面に向かって、大好きなくね道があるのです。それを久しぶりに訪ねてみました。くね道は健在。(当たり前ですが、、)

20061009_2そして、東中野から北上し、早稲田通りを越えたあたり(住所で言うと上高田)にも私の好きなくね道が存在 しています。
ずっと以前に日記でもご紹介したことがあったと思います。

20061009_3この道(左の写真)を歩くとき、なぜか私は行ったこともないウォール街が頭に浮かびます。

たぶん、私の好きな画家、横山操の「ウォール街」という作品とイメージが似ているからでしょう。

続きを読む "中野&新宿散歩"

| | コメント (0)

2006/10/08

杉並散歩

20061007_1昨日は、暗渠探検仲間、まさぼうさんの弾き語りライブに行ってきたんですが、場所が西荻だったもので、ついでに杉並を(ここぞとばかりに)たくさん歩いてまいりました♪

ライブ開始は夜だったので、午後の早い時間に出て、中野で電車を降り、桃園川緑道を西へ西へと歩きました。
桃園川は久しぶりでしたが、以前さんざん歩いたところでもあるし、中央線沿線は、途中途中にいろいろな隠れ家的お店があって、楽しい、楽しい♪

20061007_4これは、通りに面した表側がお店で、その裏(というか上)はマンションらしき建物ですが、色がかわいくて、つい撮ってしまいました。
東京には、いろいろとかわいい工夫をした建物や、おしゃれな建築物が多いので、それだけでも街歩きは楽しめます。

最後は駆け足で、ちょっとだけ電車にも乗って西荻着。
ライブは、アットホームな雰囲気で、もちろん出演者の方は若干の緊張もあったと思いますが、会場内はみなリラックスモードで、ほのぼのと曲を楽しむことができました。

続きを読む "杉並散歩"

| | コメント (0)

2006/10/04

カメラの話-その3-新しいレンズ

最近、写真に関しても自分の中でちょっと路線が変わり、『カメラ日和』とか、『Loveカメラ』といった、遊びゴコロ満点の写真雑誌(あるいはムック)に惹かれています。
その影響で、カメラの方も、じつはLOMOやHOLGAなどといったいわゆるトイカメラに興味津々。。

そんな中、新しいレンズを買いました♪
マクロレンズといって、被写体にものすご~く近づけるレンズです。

20061004_1これは先日購入したデジカメ一眼レフ用ですが、デジカメと銀塩の両方に使えるので、今まで使ってきたMZ-5にも使えるのです。^^

続きを読む "カメラの話-その3-新しいレンズ"

| | コメント (0)

2006/10/03

日々のごはん

20061003_2

誰かの本のタイトルみたいですが・・・久しぶりにご飯茶碗を買いました。10年かそれ以上ぶりのことです。

20061003_1これまでは右の写真にあるお茶碗を使ってきたのですが、最近になって少し欠けてきました。陶器はいちど欠けるともろいですね。

なので、買い替えました(左の写真)。納豆ご飯が美味しく見える茶碗です。色、柄、形で選んだら、ちょっと小さすぎる茶碗になってしまいましたが、まぁお代わりすればいっか。。ってことで。

| | コメント (4)

2006/10/02

最近のすみれたん。

20061002 美形ですね~、すみれたん。(←完全な親バカ)

しかし、相変わらず気性の激しいコであります。木でできた巣箱は、さんざんかじられて、どんどん解体していきます。(泣)

そして、たいへんな貯蔵モードに入っている話は先日も書きましたが、蓄えられた食糧が今朝、出現しました!

続きを読む "最近のすみれたん。"

| | コメント (0)

2006/10/01

10月最初の授業

20061001 早いもので、今年ももう10月に突入です。
ここ数日、会う人ごとに「早いね~」「年々速くなるねー」などといった会話が聞かれますが、ホントにその通りで・・。
今年はいったい私、何をしたのやら??と思わず振り返りたくなってしまいます。

今年の私は、大きく方向転換しましたね。
最初はたしかに戸惑いも大きかったですが、今はしっかりその新しい波に乗って、充実した毎日を送れているので、自分的にはOKです。基本的に新しい流れって好きですしね。

さてさて、今日は実技3回目の生徒さんの授業でした。相モデルはTRA通信生の方で、海のしずくには最初お客さまとしていらしてくださった方です。久しぶりの再会。ときどき感じることなのですが、離れていた家族と久しぶりに顔を合わせたときのような、どこか懐かしい、ちょっと不思議な感覚を味わいました。
おふたりとも温かいお人柄の方たちで、授業の間じゅう、私も和ませていただきました。ありがとうございます。^^

| | コメント (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »