« うおおおぉぉぉ、、、 | トップページ | 映画のような空でした。 »

2006/09/13

『波乱へ!!―横尾忠則自伝』

自伝づいておりまする。

最初がピーコの『片目を失って見えてきたもの』、次に村上“ポンタ”秀一の『自暴自伝』、そして今回は横尾忠則の『波乱へ!!』・・・個性強い人の自伝は面白いですねぇ。
いやそれに、才能のある人というのは、人とのご縁もすごくて、もう一流の人とどんどんつながりができてくるんですね。

この方の場合も、寺山修司、三島由紀夫、高橋悠治、ジャスパー・ジョーンズ、オノヨーコとジョン・レノン、柴田錬三郎・・・などなど。各界の著名人の名が次々と出てきます。
やっぱり、一流の人には、一流の友人ができることになっているのですねぇ。これもオーラの法則、あるいは波長の法則なんですねー。

それとは別に、横尾忠則って、不思議体験を呼び寄せる人だったことを初めて知りました。UFOと交信(?)したり、幽体離脱したりした経験があるようなんです。
UFOについては、すごかったですね。その執着のしかたが。
まぁ、一芸に秀でた人というか、何事かを成し遂げる人というのは、やはり並外れた集中力を持っていて・・・そこまでは分かるのですが、その結果UFOまで呼べるようになってしまうというのがすごいですよね。。(@_@)

で、お次は鴻上尚史の『真実の言葉はいつも短い』です。
まだ読み始めたばかりですが、鴻上さんが演劇を始めたきっかけ、すなわち、早稲田の劇研時代のお話などが書かれています。おそらくは、かなり脚色が入っているものと思われますが、とにかく面白いです。

もう少し先まで読み進んだら、また書きます。^^

|

« うおおおぉぉぉ、、、 | トップページ | 映画のような空でした。 »

コメント

こんにちは、相変わらずすごい読書量ですね。先生の感想を読んでいると、こちらまで
読みたくなってきます。結構それで読んでいる本が多いんですよ。また続きを楽しみにしています。

投稿: ふたごママ | 2006/09/15 06:18

★ふたごママさん
そんなにたくさん読んでるわけではないんですよ。
横尾忠則も、仕事の行き帰りやお風呂の中、あと食事中などにちびちび読んでいたので、けっきょく1ヶ月ぐらいかかってます。。
まぁ例によって何冊か平行して読んではいるんですが、ほったらかしになっている本もかなりあります。。A^^;

投稿: うさぎねこ@管理人 | 2006/09/15 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うおおおぉぉぉ、、、 | トップページ | 映画のような空でした。 »