進展はないけれど・・・

20161125叔父のiPhoneは相変わらず使えないままですが、このことのために世田谷と相模原を行き来して、それ以外にも、長いこと連絡をとっていなかった叔父や伯母と電話で話をしたり、なんだか急に、あわただしく人と交流をしている今日この頃…。

うちはもともと親戚づきあいというものをほとんどしない家庭だった上に、私自身もあまり大勢の人と交わるのが好きではないため、大半の親戚は疎遠になっていました。
でも、そろそろみんな高齢だしね。こっちもいい加減けっこうなトシだから、そんなつき合いも悪くないもんだな、なんて思っているところです。

こんなときになんですが、今回の騒動(iPhone復旧に向けての奮闘ね)、なんだか「シン・ゴジラ」みたいだな、って(笑)

機械(映画では“武器”とか”力”)が頼りにならず、人のつてを頼って連絡とったり、“熱意”とか“あきらめない力”とか、なんかそんなものを駆使して奮闘しているところがなんだかね…。

「人のつながり」も捨てたもんじゃない。

・・・でも、血のつながりのない家人まで巻き込んでいるけどsweat01

叔父がね、LINEでしかやり取りしてない人がいて、どうしても連絡をとりたい、って人がいたのね。聞いてみたら東京の人で、場所も覚えているというし、「いまからでもすぐ行ける」とかいうんですよね。
よくよく聞いてみたらそれは“お店”だったので、それこそiPhoneで検索してみたら見事ヒット!ちゃんと連絡がついて、あれよあれよという間に話が進み、明日お見舞いに来てもらえることになりましたsign01すごーいsign03

これからホスピスを探すとか、もうそんな段階ではあるのだけど、まだまだ頭はしっかりしているので、いまのうちに会いたい人には会わせてあげたいし、できる限りのことはしてあげたいなぁ、と思っているところです。

で、iPhoneの件。
次は行方不明になっているMacBook Airを見つけることかなー。それでも解決できるか分からない…というか復旧できる可能性は極めて低いのだけど、やるだけのことはやらないとね。

知恵をお貸しください。

20161122みなさんの知恵とコネをお借りしたく、ここに投稿いたします。

私の叔父が数日前、うちの母の家にいるときに倒れて救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。
意識はまあまあはっきりしているものの、病状のせいで記憶がとてもあいまいになり、使っていたiPhoneのパスコードが思い出せず、何日も使えないままになっています。

画面にはiTunesに接続してくださいと出ていたので、私と家人はそのメッセージに忠実に、叔父が使っていたというMacBook Proにつなごうとしました。ところが、電源が干上がっていたために立ちあがらず、しかもACアダプターは行方不明。なので、まずはアダプターの調達をしてから作業に臨みました。

ですが、思いつく限りのパスコードを入力してみても、どうしても入れず…おまけに、話しているうちに、叔父が通常使っていたPCはじつはこれではなく、どうやらMacBook Air であるらしいということが判明したのですが、それもまた行方不明sweat02
仮に見つかったとしても、それを立ち上げたり、中に入って何か操作をするにあたっては、またそこでパスコードなりパスワードを聞かれることになりますよね。

でも、さきほどから書いているように、叔父の記憶は甚だあいまいで、入れない可能性が極めて高いです。

万が一、中に入れたとして・・・ちょっと待てよ、と私たちは思いました。

もしも長いこと、そのiPhoneとiTunesが接続されていなかったとしたら、つまりは最新のバックアップがとれていなかったとしたら、接続したことで逆に情報が昔のものに逆戻りしてしまうかもしれない。最悪、最初の状態に戻ってしまうかも、、、sweat01

それを考えると、やはりここは、iTunesにつなぐことなく、ただiPhoneのロックだけを解きたいsign03

と思うのですが、叔父はほとんど動けません。何度も書きますが、記憶があいまいなので、パスコードも思い出せません。また、PCが見つからなかったり、同じようにパスワードが分からない関係で、インターネットもできずメールを受けることもできません。

どこかに抜け道はあるのでしょうか。

要は、盗品とかではなく、まぎれもなく本人のものなのだけれど、当の本人が動けない、思い出せない、見つからない、となった場合、何か解決策はあるのかないのか・・・。

叔父はどうやらがんの末期のようです。となれば、連絡を取りたい人もいると思うし、会いたい人がいるなら会わせてあげたいと思うのです。
離婚歴があり、別れた奥さんとの間に子どももいるそうで、ときどき連絡をとっていたみたいなのですが、その連絡先も分かりません。おそらくはiPhoneに入っているのではないかと推測しています。

以上のような状態なのですが、もし解決策や何かしらのヒントをお持ちの方がいらしたら、どうか知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

楽しんでます、アンジェリックエッセンス♡

20161020_2下で募集したとおり、ぼちぼちアンジェリック・エッセンスの症例をとり始めているのですが、今回、私にしてはとても珍しいことが起きています。

これまでの私だったら、このような症例をとるときは いち早くモデルさんの手配をして、最初にスケジュールをほぼきっちり組んでしまっていたのですが、今回、自分ではそういったスケジュール管理をほとんどしていなくて、もう流れのまま、行き当たりばったり~、な感じで進めています。

だって、ぜんぜん不安がないんだもの。cat

ほっといてもモデルさんは必要なときに見つかるだろうし、ケースも期限までには終わることになっているはずだから、としか思えないんですよね~。

これまで、アロマだのリフレだので、50ケース、70ケース、100ケース、100ケース…と、さんざん症例をとってきたので、それに比べたら、今回は自分を入れても20回程度だからぜんぜんラクだし。・・・うん、これが大きいのかな。

» 続きを読む

アンジェリックエッセンス モニター募集のお知らせ

20160928いろいろと紆余曲折ありましたが(といっても分かる方はごく少数だと思いますが…coldsweats01)、やはり、プラクティショナー認定取得に向けて症例をとることにしました。

そこでsign01
ご協力いただけるモニターの方を募集いたします。

期間は約半年。1回と3回の2コースありますので、最初にご希望をお知らせください。また、遠方の方には遠隔でセッションを行う方法をとります。いずれも定員がありますので、興味を持たれた方はどうぞお早めにご連絡ください。

» 続きを読む

トーマス・ルフ展@MOMAT、そして近況

20160924_18月に受けた健康診断で、私としては初めての「再検査」となり、昨日その検査に行ってまいりました。どうせ大したことないやろ、とタカをくくっていたところがまさかの「二次検査」…sad
その検査が今度の土曜日にあり、さらにその1週間後に結果を聞くことになるのですが、毎週の医療機関がよい…トシですねぇ。。。weep

まぁしかし、いつも思っているのですが、私みたいな食生活(食だけではないですが)をしていて病気になったとしたら、それはもう何をしてもなる運命だろうから、受け入れるしかないでしょう。だいたいマクロビの創始者だってガンで亡くなっているのですから。
ということで、心はまったく平穏です。ただ、もともと病院は嫌いなので、その意味で「やだなぁ~」とは思っていますけど。

さて、昨日はそのあと、東京国立近代美術館(MOMAT)に行ってまいりました。

» 続きを読む

«『杉本博司 ロスト・ヒューマン』展@東京都写真美術館

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

つぶやき

  • Twitter

お気に入りサイト